70年代アイドルのライバル関係と実際の人気ランキング

20世紀のアイドルのことを色々書いて、ふと思ったことがあります。
それが何かというと、70年代アイドルはライバル関係が顕著であるということです。
『小柳ルミ子と天地真理』や『桜田淳子と山口百恵』などがその代表的な例で、『ピンク・レディーとキャンディーズ』などもライバルと言っていいでしょう。
これはなかなか面白そうなので、少し考えていきたいと思います。
そして実際にそのライバル関係のどちらが勝者なのかも、各種データを用いて紐解いていきます。

※2021年2月10日、『70年代女性アイドルのシングル売上ランキング』の項目を追記、それに伴い一部記述を修正しました。

<スポンサーリンク>

目次

1、70年代アイドルのライバル関係
 1-1、元祖アイドル対決!『岡崎友紀×吉沢京子』
 1-2、ナベプロ一押しアイドル対決!『小柳ルミ子×天地真理』
 1-3、1972年音楽賞対決!『麻丘めぐみ×森昌子』
 1-4、1973年音楽賞対決!『アグネス・チャン×桜田淳子』
 1-5、70年代前半の括りなしアイドル対決!『麻丘めぐみ×アグネス・チャン×浅田美代子』
 1-6、花の中三トリオ対決!『桜田淳子×山口百恵』
 1-7、3人括り対決!『新三人娘×花の中三トリオ』
 1-8、1970年代中盤の歌唱特化型アイドル対決!『太田裕美×岩崎宏美』
 1-9、ザ・ピーナッツの後継双子デュオ対決!『リンリン・ランラン×ザ・リリーズ』
 1-10、70年代No.1アイドルグループ対決!『キャンディーズとピンク・レディー』
 1-11、70年代後半No.1アイドル対決!『山口百恵×ピンク・レディー』
 1-12、フレッシュ三人娘No.2対決『高田みづえ×清水由貴子』
 1-13、1970年代終盤のNo.1アイドル対決!『榊原郁恵×石野真子×大場久美子』
 1-14、キャンディーズの後継3人組アイドル対決『アパッチ×トライアングル×フィーバー』
2、ライバル関係の勝敗算出方法
3、1970年のアイドル人気ランキング
4、1971年のアイドル人気ランキング
5、1972年のアイドル人気ランキング
6、1973年のアイドル人気ランキング
7、1974年のアイドル人気ランキング
8、1975年のアイドル人気ランキング
9、1976年のアイドル人気ランキング
10、1977年のアイドル人気ランキング
11、1978年のアイドル人気ランキング
12、1979年のアイドル人気ランキング
13、70年代女性アイドルのシングル売上ランキング
14、70年代アイドルにおけるライバル関係の勝敗結果
 14-1、『岡崎友紀×吉沢京子』
 14-2、『小柳ルミ子×天地真理』
 14-3、『麻丘めぐみ×森昌子』
 14-4、『アグネス・チャン×桜田淳子』
 14-5、『麻丘めぐみ×アグネス・チャン×浅田美代子』
 14-6、『桜田淳子×山口百恵』
 14-7、『新三人娘×花の中三トリオ』
 14-8、『太田裕美×岩崎宏美』
 14-9、『リンリン・ランラン×ザ・リリーズ』
 14-10、『キャンディーズとピンク・レディー』
 14-11、『山口百恵×ピンク・レディー』
 14-12、『高田みづえ×清水由貴子』
 14-13、『榊原郁恵×石野真子×大場久美子』
 14-14、『アパッチ×トライアングル×フィーバー』
15、アンケート
16、関連記事

70年代アイドルのライバル関係

まずは私が考えた70年代アイドルのライバル関係を紹介します。

元祖アイドル対決!『岡崎友紀×吉沢京子』

この2人は日本のアイドル文化を築いた2人として有名です。
共に子役時代から活躍し、主にテレビドラマのヒロイン役で高い人気を得ました。

岡崎友紀プロフィール 生年月日 1953年7月31日 芸能界入り 子役出身 キャッチフレーズ ...
吉沢京子プロフィール 生年月日 1954年3月2日 芸能界入り 子役出身 キャッチフレーズ ...

ナベプロ一押しアイドル対決!『小柳ルミ子×天地真理』

共に『新三人娘』に選ばれ、当時、全盛を誇った芸能事務所『渡辺プロダクション』に所属していた2人は70年代アイドルを代表するライバル関係となっています。
ちなみに、“デビュー当時”は同い年でした。(意味は察してください)

小柳ルミ子プロフィール 生年月日 1952年7月2日 芸能界入り 宝塚歌劇団出身(2ヶ月しか在籍してない) キャッ...
天地真理プロフィール 生年月日 1951年11月5日 芸能界入り 音楽系の高校卒業後、音楽事務所を経て女優の天路圭子...

1972年音楽賞対決!『麻丘めぐみ×森昌子』

これは各音楽賞の新人賞部門で明確なライバルだった2人。
日本レコード大賞新人賞を麻丘めぐみが獲得し、日本歌謡大賞優秀音楽放送賞を森昌子が獲得。
日本有線大賞新人賞は当時最優秀新人賞を決めずに複数の人が受賞したので、お互いに受賞しています。

麻丘めぐみプロフィール 生年月日 1955年10月11日 芸能界入り 子役出身 キャッチフレーズ ...
森昌子プロフィール 生年月日 1958年10月13日 芸能界入り スター誕生!(第1回グランドチャンピオン) キャ...

1973年音楽賞対決!『アグネス・チャン×桜田淳子』

こちらも各音楽賞の新人賞部門でライバル関係だった2人。
受賞者が2人の日本歌謡大賞優秀音楽放送賞は2人で分け合い、日本レコード大賞新人賞は桜田淳子、日本有線大賞新人賞とゴールデン・アロー賞音楽新人賞をアグネス・チャンが獲得しています。

アグネス・チャンプロフィール 生年月日 1955年8月20日 芸能界入り 平尾昌晃により日本に紹介される...
桜田淳子プロフィール 生年月日 1958年4月14日 芸能界入り 『スター誕生!』第4回決戦大会グランドチャンピオン...

70年代前半の括りなしアイドル対決!『麻丘めぐみ×アグネス・チャン×浅田美代子』

『新三人娘』、『花の中三トリオ』以外で人気のあった当時のアイドルは、なぜか『ア行』名字が多いことで知られています。
その中でも人気のあったのが、同い年であるこの3人です。

麻丘めぐみプロフィール 生年月日 1955年10月11日 芸能界入り 子役出身 キャッチフレーズ ...
アグネス・チャンプロフィール 生年月日 1955年8月20日 芸能界入り 平尾昌晃により日本に紹介される...
浅田美代子プロフィール 生年月日 1956年2月15日 芸能界入り スカウト キャッチフレーズ ...

花の中三トリオ対決!『桜田淳子×山口百恵』

70年代アイドルでもっとも有名なライバル関係の2人。
共に中学生で『スター誕生!』に合格し、共に『花の中三トリオ』に選ばれた2人は、上京してきた中学校で同じクラスに在籍するなど、至るところで比較される対象となりました。

桜田淳子プロフィール 生年月日 1958年4月14日 芸能界入り 『スター誕生!』第4回決戦大会グランドチャンピオン...
山口百恵プロフィール 生年月日 1959年1月17日 芸能界入り スター誕生!第5回決戦大会合格 キャッチフレーズ...

3人括り対決!『新三人娘×花の中三トリオ』

日本の芸能史では人気者を3人括りすることがよくありますが、『新三人娘』と『花の中三トリオ』の結成は2年弱しか離れおらず、全盛期が重なっているところがありライバル関係となりました。

新三人娘

花の中三トリオ

1970年代中盤の歌唱特化型アイドル対決!『太田裕美×岩崎宏美』

フォーク×アイドルという形でデビューした太田裕美と、抜群の歌唱力で人気を得た岩崎宏美は、歌唱特化型のアイドルとして1970年代中盤に活躍し『木綿のハンカチーフ』(太田裕美)、『ロマンス』(岩崎宏美)という大ヒット曲を生み出します。
名前も同じ『ひろみ』なので、ひろみ対決ということにもなります。

https://20th.idol-data.com/ohta-hiromi/

岩崎宏美プロフィール 生年月日 1958年11月12日 芸能界入り 松田トシや先代水谷八重子に弟子入り後...

ザ・ピーナッツの後継双子デュオ対決!『リンリン・ランラン×ザ・リリーズ』

ザ・ピーナッツの活動終盤以降いくつかの双子デュオが誕生し、その後継の座を狙うことになりますが、その中でもヒット曲のあったのがこの2組となります。

リンリン・ランランのプロフィール メンバー生年月日 リンリン:1959年1月3日 ランラン:1959年1月3日 ...
ザ・リリーズのプロフィール メンバー生年月日 燕奈緒美:1960年12月7日 燕真由美:1960年12月7日 ...

70年代No.1アイドルグループ対決!『キャンディーズとピンク・レディー』

1970年代に活躍したアイドルグループと聞いて、必ず答えにあがる2組。
活動が重なっている時期は短いですが、当時のテレビなどではライバル扱いされることもよくありました。

キャンディーズのプロフィール メンバー生年月日 伊藤蘭(ラン):1955年1月13日 田中好子(スー):1956年...
ピンク・レディープロフィール 生年月日 ミー:1958年3月9日 ケイ:1957年9月2日 芸能界入り スター誕生! ...

70年代後半No.1アイドル対決!『山口百恵×ピンク・レディー』

1970年代後半というより、70年代アイドルとしてどちらがNo.1なのかも議論になるライバル関係。
1978年の音楽賞では直接対決となり、ピンク・レディーが制す形となりました。

山口百恵プロフィール 生年月日 1959年1月17日 芸能界入り スター誕生!第5回決戦大会合格 キャッチフレーズ...
ピンク・レディープロフィール 生年月日 ミー:1958年3月9日 ケイ:1957年9月2日 芸能界入り スター誕生! ...

フレッシュ三人娘No.2対決『高田みづえ×清水由貴子』

『フレッシュ三人娘』の人気No.1は榊原郁恵で揺るがないのですが、人気No.2の座には議論があるようです。

高田みづえプロフィール 生年月日 1960年6月23日 芸能界入り 『君こそスターだ!』第18代グランド...
清水由貴子プロフィール 生年月日 1959年9月7日(2009年4月20日没) 芸能界入り 『ス...

1970年代終盤のNo.1アイドル対決!『榊原郁恵×石野真子×大場久美子』

ピンク・レディーの本格的な海外進出後に台頭することになる、1970年代終盤に高い人気を得た3人。
一体誰が1番人気だったのでしょうか?

榊原郁恵プロフィール 生年月日 1959年5月8日 芸能界入り 第1回ホリプロスカウトキャラバン優勝 ...
石野真子プロフィール 生年月日 1961年1月31日 芸能界入り スター誕生! キャッチフレーズ ...
大場久美子プロフィール 生年月日 1960年1月6日 芸能界入り 子役から『あなたをスターに!』特別賞 ...

キャンディーズの後継3人組アイドル対決『アパッチ×トライアングル×フィーバー』

キャンディーズ解散発表直前に活動を開始したアパッチ、キャンディーズの事務所の後輩として正当なキャンディーズの後継を主張するトライアングル、キャンディーズが出演していた番組内で第2のキャンディーズを募集する形で誕生したフィーバーの3組は、キャンディーズを後継する代表的な3人組として活動します。
特にアパッチとトライアングルは、キャンディーズの後を次ぎ『8時だョ!全員集合』のレギュラーに同時出演しており、ライバル関係として注目を集めました。(1979年7月14日放送の『8時だョ!全員集合』には、ゲスト出演したフィーバーを含め3グループが勢ぞろいしています。)

キャンディーズが登場して以降の1970年代は、多数の女性アイドルグループが誕生します。 1976年にデビューしたピンク・レディーなどは、も...
トライアングルのプロフィール メンバー生年月日 ミッチ:1960年3月6日 マミ:1960年4月9日 クーコ:1...
キャンディーズが登場して以降の1970年代は、多数の女性アイドルグループが誕生します。 1976年にデビューしたピンク・レディーなどは、も...

以上が私の考えた70年代アイドルのライバル関係です。

<スポンサーリンク>

ライバル関係の勝敗算出方法

さて、このライバル関係の勝敗をどうやって決めるかですが、実は当時のアイドル界には人気の目安となるような指標が多数あります。
それは、アイドル雑誌が主催していたアイドルの人気投票で、『明星』『平凡』『近代映画』などが行っていました。
古い情報なので全ての情報を持ち合わせてはいませんが、『明星』が行っていた『オールスター紅白ベスト・テン』という人気投票結果だけは情報を得ることができたので、この情報をもとに上記したライバル関係の結果を紐解いていきます。
更にもう1つの指標として、当時人気のあったブロマイドの売り上げを示す『マルベル堂ブロマイド売上ランキング』も使います。

まずは、各年ごとの2つのランキング一覧と簡単な解説をご覧ください。

1970年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位岡崎友紀
2位吉沢京子
3位いしだあゆみ
4位安倍律子
5位小川知子

1970年は、まだ明星の人気投票が始まっていないので、ブロマイドの売上ランキングだけとなります。
ランキングでは1位が岡崎友紀、2位が吉沢京子という結果で、この2人の人気が高く、またライバルであったことが分かります。

1971年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位南沙織
2位岡崎友紀
3位五十嵐じゅん(五十嵐淳子)
4位吉沢京子
5位ゴールデン・ハーフ

1971年は、デビューしたばかりの南沙織が一気に1位を獲得。
岡崎友紀と吉沢京子も相変わらず高い順位を維持しています。

1972年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位南沙織
2位五十嵐淳子
3位天地真理
4位岡崎友紀
5位小柳ルミ子
6位吉沢京子
7位ゴールデン・ハーフ
8位いしだあゆみ
9位紀比呂子
10位中野良子

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位天地真理106896票
2位南沙織61478票
3位小柳ルミ子52928票
4位麻丘めぐみ35135票
5位岡崎友紀28823票
6位和田アキ子25665票
7位欧陽菲菲23221票
8位山口いづみ18566票
9位水前寺清子12913票
10位落合恵子12613票
11位いしだあゆみ11420票
12位五十嵐じゅん8773票
13位藤圭子7939票
14位エバ・マリー7210票
15位葉山ユリ6366票
16位吉沢京子5828票
17位西口久美子(青い三角定規)4973票
18位マリア・エリザベス(ゴールデン・ハーフ)4265票
19位范文雀3781票
20位吉永小百合3669票

1972年から明星の人気投票(オールスター紅白ベスト・テン)が始まります。
結果は『新三人娘』が1位2位3位を独占で、ブロマイド売り上げでも全員5位以内を獲得。
一方、吉沢京子の人気が下降気味であることが分かります。

1973年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位天地真理
2位岡崎友紀
3位栗田ひろみ
4位榊原るみ
5位森昌子
6位麻丘めぐみ
7位南沙織
8位桜田淳子
9位浅田美代子
10位山本リンダ

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位天地真理145846票
2位アグネス・チャン110236票
3位浅田美代子72292票
4位南沙織60224票
5位麻丘めぐみ57384票
6位桜田淳子29836票
7位岡崎友紀28212票
8位森昌子27376票
9位小柳ルミ子26904票
10位和田アキ子15100票
11位山口百恵
12位小林麻美
13位栗田ひろみ
14位いしだあゆみ
15位あべ静江
16位藤圭子
17位山本リンダ
18位水前寺清子
19位水沢アキ
20位吉沢京子

1973年は天地真理がブロマイド売り上げでも明星の人気投票でも1位獲得し、見事2冠を達成します。
この年は『花の中三トリオ』の3人が出揃った年でランキングにも早々と登場していますが、『新三人娘』と『花の中三トリオ』の狭間の世代である麻丘めぐみ、アグネス・チャン、浅田美代子が強く、ランキング上位を獲得しています。

1974年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位アグネス・チャン
2位山口百恵
3位桜田淳子
4位浅田美代子
5位岡崎友紀
6位キャンディーズ
7位麻丘めぐみ
8位島田陽子
9位坂口良子
10位森昌子

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位山口百恵100586票
2位アグネス・チャン77976票
3位浅田美代子41173票
4位南沙織41040票
5位桜田淳子34580票
6位麻丘めぐみ27531票
7位天地真理26562票
8位風吹ジュン15371票
9位森昌子12901票
10位林寛子10906票
11位岡崎友紀
12位研ナオコ
13位小柳ルミ子
14位チェリッシュ
15位伊藤咲子
16位マギー・ミネンコ
17位浅野ゆう子
18位木之内みどり
19位早乙女愛
20位あべ静江

1974年は山口百恵が一気にブレイクしていることがわかります。
また、アグネス・チャンも高い人気を得ています。
一方で『新三人娘』の人気低下が顕著で小柳ルミ子は両ランキングでベストテン落ちしてしまいました。
岡崎友紀のブロマイド人気はまだまだ健在です。

1975年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位桜田淳子
2位山口百恵
3位キャンディーズ
4位アグネス・チャン
5位木之内みどり
6位岡崎友紀
7位林寛子
8位森昌子
9位片平なぎさ
10位志穂美悦子

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位桜田淳子104327票
2位山口百恵88698票
3位アグネス・チャン35830票
4位南沙織26765票
5位キャンディーズ22216票
6位森昌子21913票
7位浅田美代子20738票
8位岡田奈々13179票
9位麻丘めぐみ12904票
10位片平なぎさ12502票
11位早乙女愛
12位岡崎友紀
13位天地真理
14位岩崎宏美
15位伊藤咲子
16位小柳ルミ子
17位黒木真由美
18位太田裕美
19位浅野ゆう子
20位ザ・リリーズ

1975年はどちらのランキングも桜田淳子が1位、山口百恵が2位で、『花の中三トリオ』が全盛であることが分かります。
この2人と同期となるキャンディーズもかなり台頭してきています。
一方で『新三人娘』の人気低下は顕著で、明星の人気投票で2年連続1位を獲得した天地真理も人気がかなり下がってしまいました。(新三人娘でもっとも若い南沙織はまだまだ高い人気を得ているが)

1976年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位山口百恵
2位桜田淳子
3位岡田奈々
4位キャンディーズ
5位岩崎宏美
6位片平なぎさ
7位林寛子
8位志穂美悦子
9位森昌子
10位伊藤咲子

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位山口百恵148252票
2位桜田淳子121139票
3位岩崎宏美74671票
4位キャンディーズ56433票
5位岡田奈々50699票
6位南沙織43852票
7位森昌子41368票
8位松本ちえこ29173票
9位アグネス・チャン27654票
10位片平なぎさ18990票
11位太田裕美
12位ザ・リリーズ
13位伊藤咲子
14位北村優子
15位秋吉久美子
16位麻丘めぐみ
17位浅田美代子
18位林寛子
19位内藤やす子
20位アグネス・ラム

1976年は昨年と逆で、両ランキングとも山口百恵が1位、桜田淳子が2位となっており、2人のライバル関係が激しかったことが分かります。
『新三人娘』の中でもっとも若く人気を保っていた南沙織のランキングも下降線をたどるようになり、『花の中三トリオ』が『新三人娘』の人気を凌駕していく様子が見て取れます。
南沙織と同様に人気を保っていたアグネス・チャンも人気が下がってきてしまいました。
一方で、岡田奈々や岩崎宏美などの新しいアイドルが人気を得ることになります。

1977年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位志穂美悦子
2位ピンク・レディー
3位山口百恵
4位桜田淳子
5位岡田奈々

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位山口百恵150383票
2位ピンク・レディー142257票
3位桜田淳子100850票
4位ビューティー・ペア48236票
5位岩崎宏美37574票
6位キャンディーズ32043票
7位アグネス・チャン20695票
8位高田みづえ18018票
9位清水由貴子16854票
10位ランナウェイズ16703票
11位オリビア・ニュートン・ジョン
12位森昌子
13位榊原郁恵
14位秋吉久美子
15位岡田奈々
16位研ナオコ
17位南沙織
18位太田裕美
19位松本ちえこ
20位片平なぎさ

1977年のブロマイド売上1位は、まさかの志穂美悦子!
それを除くと山口百恵とピンク・レディーが人気No.1の座を激しく争っていおり、桜田淳子の人気も健在です。
『フレッシュ三人娘』も台頭してきています。

1978年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位ピンク・レディー
2位大場久美子
3位榊原郁恵
4位山口百恵
5位香坂みゆき
6位桜田淳子
7位志穂美悦子
8位木之内みどり
9位岩崎宏美
10位岡田奈々

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位山口百恵126524票
2位ピンク・レディー109064票
3位榊原郁恵104365票
4位桜田淳子71508票
5位高田みづえ68600票
6位キャンディーズ50243票
7位石野真子48841票
8位大場久美子45454票
9位岩崎宏美36267票
10位渡辺真知子35739票
11位木之内みどり
12位アグネス・チャン
13位清水由貴子
14位ビューティー・ペア
15位秋吉久美子
16位中原理恵
17位樹木希林
18位森昌子
19位研ナオコ
20位香坂みゆき

1978年も山口百恵とピンク・レディーが激しく人気No.1の座を争っています。
榊原郁恵、大場久美子、石野真子などの新しいアイドルが台頭する一方で、桜田淳子の人気は若干下降気味となります。

1979年のアイドル人気ランキング

マルベル堂ブロマイド売上ランキング

順位アイドル名
1位大場久美子
2位榊原郁恵
3位石野真子
4位山口百恵
5位ピンク・レディー
6位香坂みゆき
7位相本久美子
8位薬師丸ひろ子
9位石川ひとみ
10位斉藤とも子

明星オールスター紅白ベスト・テン

順位名前票数
1位山口百恵74569票
2位榊原郁恵60778票
3位石野真子46981票
4位大場久美子22611票
5位ピンク・レディー20651票
6位桜田淳子15225票
7位岩崎宏美12970票
8位高田みづえ11739票
9位渡辺真知子7103票
10位アグネス・チャン6662票
11位藤谷美和子
12位八神純子
13位中島みゆき
14位キャンディーズ
15位イルカ
16位能瀬慶子
17位研ナオコ
18位ジャッキー佐藤
19位竹内まりや
20位倉田まり子

1979年の明星の人気投票は、山口百恵が4連覇と圧倒的な人気を見せて1970年代を締めくくりました。
ブロマイド売り上げは大場久美子が前年2位から1位と高い人気を見せ、次いで榊原郁恵、石野真子という結果。
明星の人気投票では山口百恵に続き榊原郁恵、石野真子、大場久美子がランクインし、この3人が1970年代終盤における女性アイドルの人気スリートップであることがよく分かります。
海外進出したピンク・レディーは、前年より人気がかなり下がっています。

<スポンサーリンク>

70年代女性アイドルのシングル売上ランキング

※2020年2月9日追記

タイトルアーティスト発売日売上枚数
(万枚)
1位UFOピンク・レディー1977/12/05155.4
2位サウスポーピンク・レディー1978/03/25146.0
3位わたしの城下町小柳ルミ子1971/04/25134.3
4位ウォンテッドピンク・レディー1977/09/05120.1
5位モンスターピンク・レディー1978/06/25110.2
6位渚のシンドバッドピンク・レディー1977/06/10100.0
7位ロマンス岩崎宏美1975/07/2588.7
8位透明人間ピンク・レディー1978/09/0988.6
9位木綿のハンカチーフ太田裕美1975/12/2186.7
10位微笑がえしキャンディーズ1978/02/2582.9
11位瀬戸の花嫁小柳ルミ子1972/04/1074.1
12位津軽海峡冬景色石川さゆり1977/01/0172.7
13位カメレオン・アーミーピンク・レディー1978/12/0570.8
14位カルメン’77ピンク・レディー1977/03/1066.3
15位横須賀ストーリー山口百恵1976/06/2166.1
16位S.O.Sピンク・レディー1976/11/2565.4
17位京のにわか雨小柳ルミ子1972/08/1061.3
18位ペッパー警部ピンク・レディー1976/08/2560.5
19位ひとりじゃないの天地真理1972/05/2160.1
20位小さな恋の物語アグネス・チャン1973/10/2558.0
21位センチメンタル岩崎宏美1975/10/2557.3
22位冬の駅小柳ルミ子1974/10/1056.0
23位ちいさな恋天地真理1972/02/0154.7
24位17才南沙織1971/06/0154.2
25位いい日旅立ち山口百恵1978/11/2153.6
26位星の砂小柳ルミ子1977/04/2553.5
27位冬の色山口百恵1974/12/1052.9
28位はじめての出来事桜田淳子1974/12/0552.7
29位虹をわたって天地真理1972/09/0151.7
30位せんせい森昌子1972/07/0151.4
31位お祭りの夜小柳ルミ子1971/9/1050.9
32位プレイバックPart2山口百恵1978/05/0150.8
33位赤い衝撃山口百恵1976/11/2150.4
34位恋する夏の日天地真理1973/07/0150.2
35位わたしの彼は左きき麻丘めぐみ1973/07/0549.5
36位赤いハイヒール太田裕美1976/06/0148.7
37位イミテイション・ゴールド山口百恵1977/07/0148.4
38位赤い風船浅田美代子1973/04/2148.1
39位若葉のささやき天地真理1973/03/2148.1
40位パールカラーにゆれて山口百恵1976/09/2147.0
41位夢先案内人山口百恵1977/04/0146.8
42位愛に走って山口百恵1976/03/2146.5
43位秋桜山口百恵1977/10/0146.0
44位ふたりの日曜日天地真理1972/12/0544.7
45位ひと夏の経験山口百恵1974/06/0144.6
46位草原の輝きアグネス・チャン1973/07/2544.5
47位水色の恋天地真理1971/10/0143.2
48位ちっぽけな感傷山口百恵1974/09/0143.2
49位能登半島石川さゆり1977/05/1042.5
50位芽ばえ麻丘めぐみ1972/06/0542.0
51位思秋期岩崎宏美1977/09/0540.4
52位十七の夏桜田淳子1975/06/0540.4
53位愛の迷い子アグネス・チャン1974/12/2140.2
54位漁火恋唄小柳ルミ子1972/11/1039.7
55位ファンタジー岩崎宏美1976/01/2539.3
56位わなキャンディーズ1977/12/0539.2
57位やさしい悪魔キャンディーズ1977/03/0139.0
58位絶対絶命山口百恵1978/08/2137.6
59位同級生森昌子1972/10/0536.7
60位しあわせ芝居桜田淳子1977/11/0536.5
61位春一番キャンディーズ1976/03/0136.2
62位夏にご用心桜田淳子1976/05/2536.0
63位九月の雨太田裕美1977/09/0135.6
64位純潔南沙織1972/05/2135.1
65位白い約束山口百恵1975/12/2135.0
66位ひとり歩き桜田淳子1975/03/0534.1
67位星に願いをアグネス・チャン1974/02/2534.0
68位中学三年生森昌子1973/02/0532.9
69位夏ひらく青春山口百恵1975/06/1032.9
70位美・サイレント山口百恵1979/03/0132.9
71位ひなげしの花アグネス・チャン1972/11/2532.8
72位愛の嵐山口百恵1979/06/0132.8
73位ささやかな欲望山口百恵1975/09/2132.6
74位思い出のセレナーデ天地真理1974/09/0132.4
75位未来岩崎宏美1976/05/0131.4
76位乙女座宮山口百恵1978/02/0131.4
77位春のおとずれ小柳ルミ子1973/02/2531.2
78位硝子坂高田みづえ1977/03/2531.1
79位しあわせ未満太田裕美1977/01/2131.0
80位最後の一葉太田裕美1976/09/2130.6
81位ピンク・タイフーンピンク・レディー1979/05/0129.8
82位暑中お見舞い申し上げますキャンディーズ1977/06/2129.8
83位ドリーム岩崎宏美1976/11/2529.7
84位色づく街南沙織1973/08/2129.6
85位暖流石川さゆり1977/09/0129.2
86位ねえ!気がついてよ桜田淳子1976/08/2528.6
87位天使のくちびる桜田淳子1975/08/2528.1
88位アン・ドゥ・トロワキャンディーズ1977/09/2128.1
89位コーヒーショップであべ静江1973/05/2528.0
90位万華鏡岩崎宏美1979/09/1527.8
91位木枯しの二人伊藤咲子1974/12/0127.8
92位恋人試験松本ちえこ1976/05/2527.7
93位哀愁のページ南沙織1972/09/2127.3
94位傷つく世代南沙織1973/05/0127.1
95位しなやかに歌って山口百恵1979/09/0127.1
96位妖精の詩アグネス・チャン1973/04/1027.0
97位ゆれてる私桜田淳子1975/11/2527.0
98位ジパングピンク・レディー1979/03/0926.9
99位熱帯魚岩崎宏美1977/07/0526.8
100位みずいろの手紙あべ静江1973/09/2526.4
101位年下の男の子キャンディーズ1975/02/2126.0
102位女はそれを我慢できないアン・ルイス1978/05/0525.4
その他、特出すべき70年代アイドルの最高売り上げシングル
夏のお嬢さん榊原郁恵1978/07/0120.2
セクシー・バス・ストップ浅野ゆう子1976/04/2518.9
私は忘れない岡崎友紀1972/10/0518.1
涙の太陽安西マリア1973/07/0512.8
太陽の彼方ゴールデン・ハーフ1972/05/2512.6
ジュリーがライバル石野真子1979/09/2510.8
青春の坂道岡田奈々1976/03/1010.6
素敵なラブリーボーイ林寛子1975/09/109.1
横浜いれぶん木之内みどり1978/02/258.6
恋のインディアン人形リンリン・ランラン1974/04/158.4
好きよキャプテンザ・リリーズ1975/09/208.3
お元気ですか清水由貴子1977/03/018.2
純愛片平なぎさ1975/01/207.7
HOW! ワンダフル倉田まり子1975/08/217.4
トライアングル・ラブレタートライアングル1978/04/217.0
ディスコ・ドリーム大場久美子1978/12/014.8

以上が、70年代アイドルが1970年代に発売したシングルレコードのベスト100及び25万枚以上売り上げたシングルレコード一覧です。(ただし1980年代以降の売り上げも含む)
このランキングでは、ベスト5の内4曲、ベスト10の内6曲をランクインさせたピンク・レディーが圧倒的で、他を寄せ付けない結果となっています。

<スポンサーリンク>

70年代アイドルにおけるライバル関係の勝敗結果

『岡崎友紀×吉沢京子』

1970年代前半の吉沢京子の人気も相当高かったですが、岡崎友紀に上記ランキングで勝ったことは1度もなく、岡崎友紀のほうが人気が高かったと言えます。
また岡崎友紀は長年に渡ってブロマイド売り上げ上位にランクインし、歴代最高の売上を誇っているそうです。

『小柳ルミ子×天地真理』

音楽賞での実績やシングルレコードの売り上げは小柳ルミ子が勝っていますが、人気面では天地真理が圧倒しています。

『麻丘めぐみ×森昌子』

ここは音楽賞のライバル関係なので人気は本来関係ないですが、人気面では麻丘めぐみのほうが高い状態でした。

『アグネス・チャン×桜田淳子』

こちらも音楽賞でのライバル関係なのですが、人気面やレコード売り上げ面でも甲乙つけがたいライバル関係であったことが分かります。

『麻丘めぐみ×アグネス・チャン×浅田美代子』

共に21歳で結婚引退した麻丘めぐみと浅田美代子は人気のあった時期が短い傾向が強く、全体的にこのライバル関係はアグネス・チャンが勝者と見ていいでしょう。

『桜田淳子×山口百恵』

当初は激しいライバル関係となっていた2人ですが、次第に山口百恵の人気が圧倒的になっていき、勝敗がハッキリしていきます。

『新三人娘×花の中三トリオ』

上記ランキングから、花の中三トリオがデビューして新三人娘の人気を奪っていく様子がよく分かります。
ただしレコード売り上げでは、新三人娘が築いた記録を花の中三トリオはなかなか追い抜けなかったようです。

『太田裕美×岩崎宏美』

太田裕美は年齢的にデビューが少し遅かった分あまりアイドル扱いされていなかったのか、そこまで人気が高くなかったようで、このライバル関係は(人気面において)岩崎宏美の勝利が明確です。

『リンリン・ランラン×ザ・リリーズ』

上記の人気ランキングではザ・リリーズがかろうじてランクインしているのみで、どちらも大きく成功しているとは言えない状況であり、ライバル関係以前の状況であったようです。

『キャンディーズとピンク・レディー』

キャンディーズは解散の衝撃から後年の評価が上がっている傾向がありますが、当時の人気はピンク・レディーのほうが当然勝っており、レコード売り上げでもピンク・レディーが圧倒しています。

『山口百恵×ピンク・レディー』

山口百恵とピンク・レディーは1977年や1978年に人気面で激しく争っており、どちらが勝者かの判断が付きませんが、長く活躍したという意味で70年代アイドルの人気No.1は山口百恵だったのではないかと思います。
ただしレコード売り上げ面では比較にならないほどピンク・レディーが勝っており、ピンク・レディーの瞬間最大風速は山口百恵を含む70年代アイドル全てを飲み込んでしまうレベルだったようです。

『高田みづえ×清水由貴子』

ここの勝負は普通に高田みづえが勝っています。

『榊原郁恵×石野真子×大場久美子』

ブロマイド売上では大場久美子、明星の人気投票では榊原郁恵が勝っていて、どちらの人気が高かったのか判断が付きません。(T_T)
石野真子は2人より若干人気が低いように見えますが、翌年(1980年)の明星人気ランキングでは1位を獲得しており、3人の人気は本当に甲乙つけがたい状況だったようです。(同ランキングで榊原郁恵は3位、大場久美子は一気に13位まで下降)
ちなみに、大場久美子のレコード売り上げが以上に低い理由は・・・

『アパッチ×トライアングル×フィーバー』

どのグループも上記の人気ランキングで全くランクインしておらず、当時はキャンディーズのイメージが相当強かったことだけが分かりました。(^_^;)

以上、70年代アイドルのライバル関係と、その勝敗結果について考えてみました。

<スポンサーリンク>

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
アイドルのコラム記事一覧
70年代アイドルの記事一覧

<スポンサーリンク>