香港から来た少女『アグネス・チャン』

アグネス・チャンのプロフィール

生年月日 1955年8月20日2
芸能界入り 平尾昌晃により日本に紹介される(香港でのデビュー経緯は詳細不明)
キャッチフレーズ 香港から来た真珠
レコードデビュー 1972年11月25日(ひなげしの花)※
※日本来日前に香港でもレコードを出している
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1973年日本歌謡大賞優秀音楽放送賞
1973年日本有線大賞新人賞
1973年新宿音楽祭金賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1973年新人賞
1973年音楽新人賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
3回
代表曲
()内はオリコン最高順位
72年:ひなげしの花(5位)
73年:妖精の詩(5位)
73年:草原の輝き(5位)
73年:小さな恋の物語(1位)
74年:星に願いを(4位)
74年:ポケットいっぱいの秘密(6位)
74年:愛の迷い子(2位)
他多数
ホームページhttp://www.agneschan.gr.jp/
http://www.crownrecord.co.jp/artist/agnes/profile.html

<スポンサーリンク>

目次

香港での芸能活動と日本デビュー

アグネス・チャンは日本に来る前の香港時代から芸能活動をしており、1971年には姉のアイリーン・チャンと共同でカバーレコードを出しています。
更に映画にも何作か出演していて、来日前に既にアジア圏などで一定の知名度を得ていたそうです。
香港内では自身の冠番組『アグネス・チャンショー』があるほどの人気者で、その番組にゲスト出演した作曲家の平尾昌晃の猛烈なスカウトにより日本でもデビューすることとなりました。

<スポンサーリンク>

桜田淳子との新人賞争い

アグネス・チャンは、1973年の音楽賞において桜田淳子と激しい新人賞争いを繰り広げました。
受賞者が2人いる日本歌謡大賞優秀音楽放送賞は2人で分け合った他、新宿音楽祭金賞、日本有線大賞新人賞、ゴールデン・アロー賞音楽新人賞はアグネス・チャンが獲得してます。
受賞した数で言えばアグネス・チャンのほうが多いのですが、最大の音楽賞であるレコード大賞の新人賞は桜田淳子に奪われており、この2人の新人賞対決はどちらが勝利したのか判断が難しいところとなっています。

20世紀のアイドルのことを色々書いて、ふと思ったことがあります。 それが何かというと、70年代アイドルはライバル関係が顕著であるということ...

アグネス・チャンのヒット曲

アグネス・チャンの歌といえば、デビュー曲の『ひなげしの花』を思い浮かべる人が多いらしく、懐メロ番組でもこの『ひなげしの花』が1番歌われているように感じます。
しかし、『ひなげしの花』はアグネス・チャンのシングルとしては5番目の売り上げで、1番は5枚目のシングル『小さな恋の物語』、2番は3枚目のシングル『草原の輝き』なのです。
ですので、懐メロ番組などで『ひなげしの花』以外の楽曲が歌われる機会が増れば嬉しい限りです。

なぜアグネス・チャンは高いに人気を得たのか?

アグネス・チャンは、小柳ルミ子・南沙織・天地真理の『新三人娘』と、森昌子・桜田淳子・山口百恵の『花の中三トリオ』の間の世代で、この世代にはアグネス・チャンと同い年の麻丘めぐみと浅田美代子というトップアイドルがいました。
この3人の人気を調べた結果、アグネス・チャンは2人より少し人気があり、当時において最高レベルの人気を得ていたアイドルだったようです。

その人気の秘密は、アグネス・チャンが日本語を話せなかったことにあると思います。
デビュー当時のアグネス・チャンのたどたどしい日本語は、可愛らしく応援したくなる雰囲気を醸し出していたのです。
日本のアイドルの概念には『若さ』や『幼さ』も含まれているため、言葉を上手くしゃべれないことも好意的に見る傾向があります。
これは、後に盛んに言われるようになる何でもかんでも可愛いとする日本特有の『Kawaii文化』に通じ、日本が上手くないことで人気を得たアグネス・チャンも一種のKawaii文化だったのかもしれません。

元祖高学歴アイドルから日本一の高学歴タレントへ

アグネス・チャンは、日本デビューから1年半ほどが過ぎた1974年に上智大学の国際学部に入学します。
当時の日本では女性が4年制の大学に入ることは珍しく、ましてやアイドルとして既に人気を得ている人が4年制大学に入学する例はほとんどなかったと思います。
吉永小百合の早稲田大学に入学したことは有名な話ですが、実際に入学したのは夜間部ですしアイドルという括りに入る人ではないので、日本初の高学歴アイドルはアグネス・チャンだったのかもしれません。(ただしアグネス・チャンはイギリス国籍である)
その後、アグネス・チャンは1976年にカナダ一の名門大学であるトロント大学に編入し、芸能活動も一時休止します。
芸能人が大学に進学した際は中退する場合が多いのですが、アグネス・チャンはトロント大学をしっかり卒業し芸能界の復帰は卒業後の1978年となりました。

そして、結婚や出産を経験した後の1992年には、世界的な名門であるスタンフォード大学の大学院博士課程(教育学)も修了し、博士号を授与されているとのことです。
おそらくこの学歴は、日本の芸能界でNo.1になると思われます。(ただしアグネス・チャンはイギリス国籍である)

タレントとしての人気獲得と社会活動

学歴が高かったこともあってかアグネス・チャンは社会活動に熱心で、そのことに基づいたタレント活動も多くなります。
チャリティ番組の24時間テレビにはレポーターとして出演することが定番で、後に日本のユニセフ大使、更には国連機関の親善大使にまで選ばれます。

1986年に結婚して以降のアグネス・チャンは、歌手としての活動は少なくなりタレント業が主になりますが、このタレント業でも高い人気を保ちました。
その理由は、やはり日本語が下手だったことにあると思います。
アグネス・チャンには日本語の発音におかしい部分があり、そのことをお笑い芸人などによくイジられているのですが、それがタレントとしての面白さに繋がっていると思われるのです。
外国人特有の日本人との感覚のズレみたいな話を、あの微妙に下手な日本語で話すアグネス・チャンの姿は人々の笑いを誘います。(^o^)

そして現在のアグネス・チャンは、タレントと社会活動の両面で活躍を続けるとともに、相変わらず日本語は下手なままとなっています。(;^_^A

このアグネス・チャンが日本語の発音がいつまで経っても下手なことについて一言フォローすると、アグネス・チャンは日本語の他、母国語の広東語、北京語、英語を話すため、日本語以外の言語で話す機会も多く日本語があまり上手くならないのかもしれません。
<スポンサーリンク>

私が好きなアグネス・チャン楽曲

私が1番好きなアグネス・チャンの楽曲は、

草原の輝き

です。
上記した通りアグネス・チャンの楽曲と言えば『ひなげしの花』のイメージが強く、懐メロ番組でも『ひなげしの花』を歌うことが多いですが、私は双璧をなす『草原の輝き』のほうがお気に入りです。

アグネス・チャンのオススメ商品

プレミアム☆ベスト シングルセレクション [CD]

こちらは、アグネス・チャンの一般的なベストアルバムになります。

ワーナー・イヤーズ・コレクション 1972-1978~ [CD-BOX]

こちらは、アグネス・チャンがアイドル時代に所属していたワーナーミュージックから発売された楽曲を集めたCDセットで、100ページ亘るブックレート付きとなります。

<スポンサーリンク>

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
70年代アイドルの記事一覧

<スポンサーリンク>