姉の思いを背負って大ヒット『麻丘めぐみ』

麻丘めぐみプロフィール

生年月日 1955年10月11日
芸能界入り 子役出身
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1972年6月5日(芽ばえ)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1972年日本レコード大賞最優秀新人賞(芽ばえ)
1972年日本有線大賞新人賞(芽ばえ)
1972年新宿音楽祭金賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
1回
代表曲
()内はオリコン最高順位
72年:芽ばえ(3位)
73年:女の子なんだもん(7位)
73年:わたしの彼は左きき(1位)
74年:ときめき(6位)
他多数
ホームページ http://www.geibun.co.jp/asaoka.html

麻丘めぐみのデビュー

麻丘めぐみは元々子役出身で、4歳年上の姉と共に様々な舞台などに出ていました。
その後、中学生時代にはモデルとして活躍し、当時歌手活動をしていた姉の周囲の人たちに勧められ自身も歌手デビューします。
デビュー曲『芽ばえ』はいきなりヒットし、日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得します。

<スポンサーリンク>

日本レコード大賞最優秀新人賞受賞

日本レコード大賞で最優秀新人賞を獲得した際の麻丘めぐみは、泣きじゃくってまともに歌を歌えませんでした。
そういう経緯もあってか、翌年に桜田淳子が日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得しプレゼンターとして登場した際は、必要以上に桜田淳子に寄り添っていたことがとても印象に残っています。

ヒット曲『わたしの彼は左きき』

アイドルはヒット曲を1曲出しても後が続かないというケースも多々ありますが、麻丘めぐみはデビュー2年目に見事『わたしの彼は左きき』をヒットさせます。
この曲で麻丘めぐみは、オリコンチャート1位の獲得やNHK紅白歌合戦の出場も果たし、トップアイドルの仲間入りを果たします。

姉・藤井明美との関係

麻丘めぐみは元々大阪に住んでいたのですが、歌手になるべく上京していた姉の藤井明美をサポートするため、母親と揃って東京に引っ越してきます。
当時の生活は貧乏で、全ての生活が姉を歌手として成功させるためのものだったと後に語っています。(モデルの仕事も家計を支えるために行っていた)

藤井明美は『花里あけみ』という芸名で1967年にデビューしているのですが、全く売れずに芸能活動を一旦休止、1970年に名前を本名に変えて再デビュー。
この際に、姉の仕事現場に行った麻丘めぐみが歌手デビューを強く勧められるのです。
姫カットで後に一世を風靡するデビュー当時の麻丘めぐみのことを考えれば、芸能関係者が放っておくはずもありません。
このように、家族総出で姉の藤井明美をサポートをしていたはずが、どういう因果か妹の麻丘めぐみのほうが成功する形となりました。
しかも藤井明美は何年苦労してもヒット曲に恵まれなかったのに、麻丘めぐみはデビュー曲がいきなりオリコンチャート3位のヒットで、日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得するのです。

こういった状況から藤井明美は再び芸能活動を休止し、今度は妹をサポートする側に回ります。
麻丘めぐみが日本レコード大賞で最優秀新人賞を獲得した際、藤井明美は麻丘めぐみに寄り添っていましたが、このときの藤井明美の感情は嬉しかったのか悔しかったのか、とても微妙な感じだったことでしょう。
そしてその後の藤井明美ですが、なんと夢を諦めきれずに名前を立木久美子に変えて1974年に再々デビュー、結局それでも成功することはありませんでした・・・

このように麻丘めぐみの姉・藤井明美は、芸能界の厳しさをもっとも近しい関係の中で知ることになるのでした。

結婚・引退

1977年、21歳になった麻丘めぐみはテレビディレクターと結婚し、あっさりと芸能界を引退してしまいます。
上記したように、麻丘めぐみは芸能界で成功したいという強い意志があったわけではなく、本来望んだものとは違う形で“成功してしまっている”ので、芸能界に思いのほか執着がなかったのかもしれません。
一方、本人の思いとは裏腹に、ファンは早すぎる引退に相当がっかりしたことかと思います。

離婚・復帰

結婚し引退していた麻丘めぐみでしたが、1983年に離婚し芸能界へ復帰、その後は主に女優として活躍し、数々のドラマで主要人物の母親役などを演じます。
更に劇団まで主幹して本格的な演技者としての道に進みます。
歌のほうはほぼ封印状態でしたが、近年では懐メロ番組やイベントなどでかつてのヒット曲を披露することも増えているようです。

<スポンサーリンク>

私が好きな麻丘めぐみ楽曲

私が好きな麻丘めぐみの曲は、

芽ばえ

です。

正確には芽ばえを歌っているときの麻丘めぐみが好きでした。(;^_^A
この頃の麻丘めぐみは可愛いすぎるぐらい可愛く、個人的に歴代アイドルの中で1番可愛いかったと思います。

麻丘めぐみのおすすめ商品

ゴールデン☆ベスト 麻丘めぐみ

こちらは、麻丘めぐみのベストアルバムになります。

Premium BOX ~オリジナル・アルバム・コレクション~

こちらは、芸能活動50周年の際に出されたオリジナル・アルバムのセットで、テレビ出演した際の映像を収めたDVDも付いていきます。

ブログ活動維持のために投げ銭制度を導入しました。
記事が気に入った方は、当ブログのサポートを是非ご検討ください。m(_ _)m

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
70年代アイドルの記事一覧

<スポンサーリンク>