データ一覧

当カテゴリは、20世紀の女性アイドルの様々なデータ記事の一覧です。

水着キャンペーンガールの一覧

以前記載した1990年代に一大ブームを起こすグラビアアイドルと密接に関係する存在として、水着キャンペーンガールも忘れてはなりません。
1960年代後半に登場した水着キャンペーンガールは、グラビアアイドルが誕生するまで水着を着た若い女性の代表として君臨していました。
しかしキャンペーンガールの目的はあくまで採用された企業のアピール活動が主であり、就任期間中にキャンペーンガールと関係のない形でテレビ番組に出演する人はほとんどおらず、結果バラエティ番組で大活躍をするグラビアアイドルに取って代わられていきます。
そもそも水着キャンペーンガールは世間にあまり知られていないようなモデルが選ばれるケースが多く、稀にアイドルなどの有名芸能人が混じっている程度でした。

このように個人としての主張が強くなかった水着キャンペーンガールですが、キャンペーン活動終了後に芸能界で活躍した人は多数存在しています。
特にこの傾向が強まるのが1980年代後半以降で、1990年代はキャンペーンガール出身者が芸能界で大活躍することとなりました。

※2021年4月24日、水着キャンペーンガール就任者の情報を新たに追加しました。
※2021年4月24日、詳細な情報を紹介する人物を大幅(80人程度)に増やしました。


20世紀アイドルのキャッチフレーズ・キャッチコピーの一覧

このブログ、特にこの記事を見にくる人には説明不要でしょうが、かつてのアイドルには『キャッチフレーズ/キャッチコピー』というものがありました。
これはアイドルを売り出す戦略として大いに活用され、アイドルの名前と共に覚えている人も多いことでしょう。
レコード会社や所属事務所によっては付けられないアイドルもいましたが、1970年代から1980年代中盤までアイドルには大抵このキャッチフレーズが付いており、中には2つのキャッチフレーズが付いているアイドルも存在していました。
このアイドルのキャッチフレーズは、アイドルブームの終焉と共に1990年代になると一気に見られなくなり、今では見る機会が大幅に減っています。

今回は、このアイドルのキャッチフレーズ/キャッチコピーを、本当に使われていたか疑わしいものまで含めてまとめていきたいと思います。
名前の部分をクリックすると該当アイドルの紹介ページに飛ぶので、人物か分からない場合そちらのページをご覧ください。

※2021年4月6日、新たに判明したキャッチフレーズを大幅に追加しました。



20世紀アイドルの完全データ集

当サイトの予定していた記事がほぼ出揃ったということで、最後に当ブログの中で紹介したアイドル要素をほんの少しでも感じる人(女性)の、『名前』、『生年月日』、『レコード/CDデビュー日』、『デビュー曲』のデータを全てまとめます。

※項目の部分をクリックすると表の並び替えをすることが出来ます。(デビューシングルはフリガナに対応していないので並び替えに意味はありません)
※名前の部分をクリックすると対象アイドルのことを記載した記事に飛ぶことが出来ます。
※『※マーク』がある部分は説明を要するのでリンク先の記事で詳細をご覧ください。
※個人のデビュー日は基本的にソロデビューした日を記載していますが、グループやバンドで主たる歌唱者だった場合はソロデビューとみなしています。


アイドル雑誌で表紙を飾った女性アイドルの一覧

同年代に活躍したアイドルの人気度を調べる1つの指標として、アイドル雑誌への掲載率というものがあります。
特に雑誌に売り上げに直結する表紙を飾ることは人気アイドルの証であり、アイドルの人気を計るのに最適なデータと言えます
また、アイドルの定義が曖昧になっていた90年代アイドルでは、その人がアイドルなのかどうかの判断としてもこのデータは使えるはずです。
以前はこんなことを思い付いても調べようと思う一般人はまずいなかったでしょうが、インターネットが発展し今の時代ならアイドル雑誌の表紙情報を調べられるではないかと思い、苦労を惜しんで調査してみました。(;^_^A

まずは、私が表紙の情報を調べた9つアイドル雑誌(アイドルが表紙を飾ることが定番な男性誌を含む)を紹介します。


分散化する90年代アイドル①『CMガール』

1980年代終盤以降、理由は分かりませんがCM出演から一躍スターダムに駆け上がる女性芸能人が増え始めます。(理由を考察したので以下でご覧ください)
本来、CMとしての宣伝効果を狙うなら新人芸能人より既に著名な芸能人を使ったほうが効果的なはずですが、CMの構成などによっては新人芸能人を使ったほうが上手くハマるケースもあるようです。
こういった手法は以前からあったでしょうか、1980年代終盤以降から明らかに増えていきます。
例えば、

宮沢りえが出演した『三井のリハウス』(1987年)
深津絵里が出演したJR東海の『クリスマス・エキスプレス』(1988年)※
※正確には『ホームタウン・エクスプレスのクリスマス編』で、後に『クリスマス・エキスプレス』と名を変え継続された。

などがその代表例です。

ということで、1990年代(1980年代終盤や2000年代初頭の90年代アイドルが出演したCMを含む)にCMで注目されて一気にメジャーとなった女性芸能人(アイドル)たちを、ここで一気に紹介します。

※2021年3月19日、『女性アイドルがよく出演しているCMとその出演者の一覧』と『1990年代以降に有名となるCMタレントが増えた理由』の項目を追記。