データ一覧

当カテゴリは、20世紀の女性アイドルの様々なデータ記事の一覧です。

アイドルブームを支えたドラマ作品群『大映ドラマ』

日本のテレビ界では、1970年代から1980年代にかけて、あるドラマ制作会社に大きな注目が集まりました。
それは映画会社の大映から分社化された大映テレビで、この大映テレビが作るドラマが『大映ドラマ』と呼ばれ大きな話題となったのです。
この大映ドラマの特徴は、

・突拍子もないストーリー展開
・現実を完全に無視した数々の出来事
・過剰すぎる演出
・出演俳優の異常な偏り(役柄も似通う)

などで、今の若者が予備知識なしで観たら、度肝を抜かれること間違いなしです。(;^_^A

特に突拍子もない演出やストーリーで話題になるのが1980年代で、アイドルブームと相まって、この大映ドラマは女性アイドルが主役を務めることが定番となりました。
なぜアイドルが主演をしたかというと、あまりに滅茶苦茶なストーリー展開で本格的な女優が主役を演じたら、芝居が浮きすぎて観ていられないのです。
正直な話、大映ドラマはアイドルが主役を務めるからこそ許せるようなドラマであり、そういった意味ではアイドルドラマであると言えるかもしれません。
そもそもアイドル文化が始まるきっかけとなった『おくさまは18歳』自体も、大映テレビの制作でした。

世間的に『大映ドラマ』と一括ににされるのは、TBSの火曜日20時台で1983年4月19日から9月27日まで放送された『高校聖夫婦』からで、この枠では続いて『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』が放送され大きな人気を博すこととなります。
この枠ではトータル7作の大映ドラマが生まれ、当時は大映ドラマ枠と言われるほどでした。
このような人気にあやかって、フジテレビも1984年10月から水曜日の20時台で大映テレビ制作枠を設けます。

大映ドラマに出演していた代表的なアイドルは、堀ちえみ、伊藤麻衣子、伊藤かずえの3人です。
1983年10月18日から1984年3月27日まで放送された堀ちえみ主演の『スチュワーデス物語』は、最高視聴率26.8%を獲得、同じ枠で続けて(1984年4月17日から9月25日まで)放送された伊藤麻衣子主演の『不良少女と呼ばれて』も最高視聴率27.9%と人気を博します。
そして、伊藤かずえは大映ドラマにもっとも出演したアイドルとして知られています。

大映ドラマのストーリー構成は、2つの種類に大別されると言っていいでしょう。
1つは、堀ちえみがよく出演していた、主人公がいじめにや嫌がらせに耐え抜きながらも最終的に幸せを掴むという少女漫画的なストーリーで、もとを正せばシンデレラから続くような古典的な物語と言えます。
もう1つは、『不良少女と呼ばれて』以降続く不良少女もので、これは当時の時代背景はもちろん、1983年2月15日から3月29日まで放送され、最終回に45.3%という圧倒的な視聴率を獲得したドラマ『積木くずし』の影響があると思われます。(『積木くずし』は大映ドラマではない)

こういった大映ドラマの手法や不良少女を題材としたドラマは他の制作会社にも影響を与え、東映が制作した『スケバン刑事』は大映ドラマの影響を強く受けた作品でした。
更に派生の派生として、ユニオン映画は『セーラー服反逆同盟』を制作するのですが、ここまでくると突拍子すぎて何が何だかわからないレベルにまで達していました。Σ(゚Д゚)
1980年代後半は、このようなあり得ない設定のドラマが競うように作られ、1987年10月21日から1988年4月20日までに放送された大映ドラマ『プロゴルファー祈子』は、始まって5分で『そんなアホな・・・』と言いたくなったことを覚えています。(;^_^A

というわけで、話が長くなりましたが以下に1970年代から1990年代初頭までに放送された大映ドラマをまとめます。

記事本文を読む

有名人と結婚した女性アイドルたちの一覧

女性アイドルの結婚相手といえば、同業者の芸能人はもちろん、スポーツ選手などといった有名人が多くなります。
そんな、有名人・著名人と結婚した女性アイドルたちを、以下でまとめるので是非ご覧ください。

※結婚相手が芸能人やスポーツ選手であっても、あまり有名でない人は除外しています。

記事本文を読む


分散化する90年代アイドル①『CMガール』

1980年代終盤以降、理由は分かりませんがCM出演から一躍スターダムに駆け上がる女性芸能人が増え始めます。
本来、CMとしての宣伝効果を狙うなら新人芸能人より既に著名な芸能人を使ったほうが効果的なはずですが、CMの構成などによっては新人芸能人を使ったほうが上手くハマるケースもあるようです。
こういった手法は以前からあったでしょうか、1980年代終盤以降から明らかに増えていきます。
例えば、

宮沢りえが出演した『三井のリハウス』(1987年)
深津絵里が出演したJR東海の『クリスマス・エキスプレス』(1988年)※
※正確には『ホーム・エクスプレス』のクリスマスバージョンで、後に『クリスマス・エキスプレス』と名を変え継続された。

などがその代表例です。

ということで、1990年代(1980年代終盤や2000年代初頭の90年代アイドルが出演したCMを含む)にCMで注目されて一気にメジャーとなった女性芸能人(アイドル)たちを、ここで一気に紹介します。

記事本文を読む

各回別NHK紅白歌合戦出場アイドルの一覧と紅白に出れなかったアイドルたち

1970年代後半から1980年代までは音楽祭の賞レースが盛んで、どのアイドルも各音楽祭の大賞や新人賞などの受賞を目指して1年間活動をしていました。
この音楽祭の受賞と並んで当時のアイドルが目指していたものがあります。

それが、NHK紅白歌合戦への出演です。

公共放送であるNHKが1年でもっとも力を入れ放送する紅白歌合戦へ出場することは、一般層に広く認められたことを意味し、出場するだけで名誉なことでした。
そんなNHK紅白歌合戦に出演した20世紀の女性アイドルを以下でまとめます。

記事本文を読む

おニャン子クラブメンバーの人気ランキング! おニャン子ダービー全記録

おニャン子クラブファンならば、誰もが1度はメンバーの人気ランキングについて考えたことがあるでしょう。
おニャン子クラブのメンバーは同時期に活動していないケースも多々あるため、完全な順位付けすることは不可能なのですが、それでもメンバーの人気順を知りたいというのがファンの心理というものです。

そんなファンの心理を受けてか、おニャン子クラブ解散から30年が経った2017年に、NHK-FMの『今日は一日“秋元康ソング”三昧』にて『おニャン子クラブ総選挙』が行われました。
調査方法は、番組公式サイトからの投票に加え、街頭インタビューの結果も加味したちょっと変わった形式で行われ、結果は以下の通りとなっています。

【おニャン子クラブ総選挙の結果】
1位:渡辺美奈代
2位:岩井由紀子
3位:国生さゆり
4位:内海 和子
5位:新田 恵利
6位:高井麻巳子
7位:立見 里歌
8位:河合その子
9位:渡辺満里奈
10位:城之内早苗

この『おニャン子クラブ総選挙』の結果は、おニャン子クラブ解散から30年も経過してからの調査ということもあり、当時の実態を捉えているとは言えないと思います。

記事本文を読む