70年代アイドルの結婚事情について

1970年代を代表するアイドルの山口百恵は、21歳という若さで結婚し芸能界を引退、その後、今日に至るまで自らメディアの前に出たことはありません。
後年、この山口百恵の結婚及び引退が伝説的に語られているようですが、それには少し違和感を感じます。

ということで、一度70年代アイドルの結婚について考えていきましょう。

山口百恵が21歳という若さで結婚し引退したことは、ハッキリ言って、そこまで特質したことではありません。
以下の70年代アイドルたちの結婚の状況をご覧ください。

浅田美代子
結婚相手:吉田拓郎(後に離婚)
結婚年:1977年
結婚時の年齢:21歳
結婚後の活動:引退(後に復帰)

麻丘めぐみ
結婚相手:TVディレクター(後に離婚)
結婚年:1977年
結婚時の年齢:21歳
結婚後の活動:引退(後に復帰)

南沙織
結婚相手:篠山紀信
結婚年:1979年
結婚時の年齢:24歳
結婚後の活動:引退(後に一時復帰)

石野真子
結婚相手:長渕剛(後に離婚)
結婚年:1981年
結婚時の年齢:20歳
結婚後の活動:引退(後に復帰)

70年代アイドルには、山口百恵と同じ20歳前半で結婚・引退しているアイドルはそれなりにおり、またその人たちは皆アイドルとしてビッグネームの方たちです。
アイドル歌手ではない芸能人でも、同じような時代に活躍した藤圭子が20歳、石川さゆりが23歳で結婚しています。
この2人は結婚後も引退はせずに活動を続けましたが、いずれにせよ当時は20代前半で年齢で結婚することはそこまで珍しいことではなかったのです。
そもそも当時の女性の平均初婚年齢は、

1970年:24.654歳
1975年:24.478歳
1980年:25.108歳

ですので、21歳での結婚は少し早い程度でしかなく、そこまで驚くような年齢ではありません。
一方、2018年の女性の平均初婚年齢は29.4歳まで上がっており、更に1980年代以降のアイドルは結婚年齢の高いケースが非常に多くなっているため、現在の感覚ではアイドルが21歳で結婚することはあり得ないように感じるのは当然ですが、当時の感覚において山口百恵の結婚・引退は、現在の感覚で考えるほど特別なことではなかったのです。

こういった時代感覚のズレは、当ブログを読み際にぜひ考慮していただきたい点となります。

そして最後に1つ付け加えるのなら、21歳で結婚した山口百恵の結婚を特別なことと思うより、結婚年齢が大きく上がってしまった現在のアイドルのほうにこそ特別な感覚を持つべきなのではないでしょうか?
いくら医学のレベルが向上したとはいえ、高齢出産には様々なリスクがあることは周知の事実です。
アイドルたちのその後の人生も考え、昨今のアイドルファンたちは、もう少し早い段階でアイドルたちを解放してあげるべきではないかと思います。

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
アイドルのコラム記事一覧
70年代アイドルの記事一覧

<スポンサーリンク>