天皇陛下も好きだった『柏原よしえ』

柏原よしえ/柏原芳恵プロフィール

生年月日 1965年10月1日
芸能界入り スター誕生!
キャッチフレーズ ちょっと大物、夏ひとりじめ。よしえはNo.1。
レコードデビュー 1980年6月1日(No.1)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1981年グラフ賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
2回
代表曲
()内はオリコン最高順位
81年:ガラスの夏(21位)
81年:ハロー・グッバイ(6位)
82年:恋人たちのキャフェテラス(9位)
83年:春なのに(6位)
87年:A・r・i・e・s(13位)
他多数
ホームページhttps://www.universal-music.co.jp/kashiwabara-yoshie/

<スポンサーリンク>

目次

全然売れなかった新人時代

柏原よしえは『スター誕生!』という注目度の高いオーディション番組出身で、デビューと共に大ヒットを重ねたと言いたいところですが、現実はそう甘くなくデビュー曲の『No.1』はオリコン76位止まりでした。
その後もシングルレコードの売り上げは振るわず、2曲目が64位、3曲目が49位、4曲目が55位と、デビュー当時の柏原よしえはいつ消えてもおかしくないレベルのアイドルだったのです。(T_T)
しかしデビューから約1年後に出した5枚目のシングル『ガラスの夏』がオリコン21位まで上昇し、テレビ番組などで歌う機会も得て一気に人気アイドルの仲間入りを果たします。

今まで書いてきたアイドルの松田聖子と宮沢りえを除き、ピンクレディーの2人、山口百恵、桜田淳子、森昌子、中森明菜、小泉今日子の7人には共通点が...
<スポンサーリンク>

『ハロー・グッバイ』と『春なのに』の大ヒット

『ガラスの夏』で勢いに乗った柏原よしえは、7枚目のシングルでアグネス・チャンのカバー曲を歌うことになります。
“柏原よしえがアグネス・チャンの曲なんて歌っていたっけ?”と思った人もいるでしょうが、その曲こそが柏原よしえ最大のヒット曲『ハロー・グッバイ』なのです。
『ハロー・グッバイ』はアグネス・チャンの12枚目のシングル『冬の日の帰り道』のB面曲(原題は『ハロー・グッドバイ』)で、後に讃岐裕子というアイドルがカバーします。
柏原よしえは、この讃岐裕子版の『ハロー・グッバイ』をカバーして大成功を果たしています。

以降、柏原よしえの出すシングルはオリコントップ10入りが当たり前となり、トップアイドルへまで一気に駆け上がりました。
更に、名前を柏原芳恵と漢字表記に変更後に出した中島みゆき作詞作曲の『春なのに』も大ヒットし、NHKの紅白歌合戦にも2度出場しています。
世間に知られているような歌が2曲もあるアイドルはアイドルブームだった80年年代アイドルの中でもかなり限られているので、柏原芳恵はトップクラスの80年代アイドルと見て間違いないでしょう。

アグネス・チャンのプロフィール 生年月日 1955年8月20日2 芸能界入り 平尾昌晃により日本に紹介さ...
1980年代と言えば、数々の女性アイドルが誕生し、また多数のヒット曲が生まれたというイメージがあるかと思います。 しかし、それは事実で...

柏原芳恵は天皇陛下が好きだったアイドル?

柏原芳恵をめぐるエピソードと言えば、昭和天皇の孫である浩宮徳仁親王殿下がファンであったが話が有名です。
実際に、浩宮徳仁親王殿下は柏原芳恵のコンサートに訪れてプレゼントを渡したこともあるそうです。
今やその浩宮徳仁親王殿下が天皇陛下になっているというのですから、時代の流れを感じざるを得ません。(;^_^A

『花の80年組』はなぜ結成されなかったのか?

1982年にデビュー※した同期グループは、『花の82年組』と呼ばれ一緒くた扱われることが多くなっています。(※正確には1982年のレコード大賞で新人扱いになる人)
1980年にデビューしたアイドルも、松田聖子を筆頭に、岩崎良美、柏原よしえ、河合奈保子、三原順子とそうそうたるメンバーが揃っていますが、『花の80年組』として括られることはありませんでした。
これには明確な理由があります。
1980年度の学年で言えば、松田聖子と岩崎良美は大学1年生、河合奈保子は高校2年生、三原順子が高校1年生、そして柏原よしえは中学3年生と年齢がバラバラなのです。(男性の同期アイドル『田原俊彦』は松田聖子らより更に1つ年上)
普通に考えて、大学1年生と中学3年生の女子が一緒になってキャピキャピするのには無理があります。

一方、82年デビュー組は1982年度で松本伊代、小泉今日子、中森明菜が高校2年生、堀ちえみ、石川秀美、早見優は高校1年生と1歳(1学年)しか年齢が違いません。(男性の同期アイドル『シブがき隊』のメンバーは中森明菜らと同い年)
そのため82年デビュー組はデビュー当時からとても仲が良く、その絆は現在も続いています。
堀ちえみが舌癌の手術をする際も、同期で連絡を取り合ったそうです。
おそらく上記した80年デビュー組は、連絡を取り合うどころか誰も連絡先を知らないぐらい疎遠になっていと思われ、『花の80年組』と呼ばれないことも納得せざるを得ない状況となっています。(;^_^A

1980年代はアイドル全盛の時代で多くの人気アイドルが誕生しましたが、その中でも1982年度にデビューした『花の82年組』と呼ばれるアイドル...

事務所を移籍して干さた時代

1989年にバーニング系の芸能事務所『ゴールデンミュージックプロモーション』を移籍した柏原芳恵は、テレビの仕事が激減してしまいます。(移籍した事務所も3年ほどで辞めて独立)
芸能界では事務所移籍をすると干されるという風趣が今でも残っており国会でも問題になるほどですが、当時は今以上にその風潮が強く、更にバーニング系事務所はこの傾向が強いので当時の柏原芳恵は本当に厳しい状況に陥ってしまいました。
その結果、しばらくの間は露出度が高めのイメージビデオなどに出演し食いつないでいたとのことです。(T_T)

1960年代までの芸能界は、渡辺プロダクション(小柳ルミ子、天地真理、キャンディーズらが在籍)がとても強い権力を持っていたのですが、1970...

現在の柏原芳恵

事務所移籍を端を発する出来事によるイメージダウンは避けられなかった柏原芳恵ですが、今となってはそれも過去の話であり、現在では懐メロ番組などにもよく出演していますしライブ活動も盛んに行っています。

<スポンサーリンク>

私が好きな柏原よしえ楽曲

私が1番好きな柏原よしえの楽曲は、

ハロー・グッバイ

です。
柏原よしえと言えば『ハロー・グッバイ』と『春なのに』ですが、個人的にはアイドルソングらしい『ハロー・グッバイ』のほうが好みです。
それ以外では、『A・r・i・e・s』がドラマのインパクトもあり良く記憶に残っています。

柏原よしえのオススメ商品

ゴールデン☆ベスト [CD]

こちらは、柏原よしえの一般的なベストアルバムになります。

25TH ANNIVERSARY COMPLETE ALBUM [CD-BOX]

こちらは、柏原よしえのデビュー25周年の際に発売されたCD16枚セットのコンプリートアルバムになります。

YOSHIE MEMORIAL [DVD]

こちらは、柏原よしえのPV、コンサート、イメージビデオなどの映像を集めたDVDとなります。

<スポンサーリンク>

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
80年代アイドルの記事一覧

<スポンサーリンク>