おニャン子クラブはなぜ大ブレイクを果たしのか? アイドルブームの転換期となった1985年について

スポンサーリンク

1980年代前半の女性アイドル界は、1980年デビューで1981年の日本レコード大賞で『ゴールデン・アイドル賞』を受賞した松田聖子、柏原よしえ、河合奈保子と、1982年デビューで1983年の『ゴールデン・アイドル賞』を受賞した松本伊代、小泉今日子、堀ちえみ、石川秀美、早見優、中森明菜の計9人が牛耳っていました。(ゴールデン・アイドル賞はデビュー2年目のアイドルに与えられる賞)
アイドルがよく出演する番組などにはこの9人が入れ代わり立ち代わりで出演しており、他のアイドルの出演機会をかなり奪っていたように感じます。
結果、1981年と1983年がアイドル不作の年となったことは前回前々回の記事で書いたとおりです。(ちなみに1979年もアイドル不作の年だった)

1984年には岡田有希子、菊池桃子、荻野目洋子などのメジャーとなるアイドルがデビューしていますが、菊池桃子は出演する番組を制限していましたし、荻野目洋子がブレイクするのは1985年の終わりに『ダンシング・ヒーロー』がヒットして以降のことなので、まだまだ上記した9人の牙城を崩すには至りませんでした。
しかし1985年になると、1980年デビュー組は6年目、1982年組は4年目へと突入し、アイドルとして旬の時期が過ぎてきたのは明らかで、世間的にも新しいアイドルを望む声が強まります。

そんな時代に誕生したのが『おニャン子クラブ』だったわけです。(1985年4月に誕生)

おニャン子クラブは既存のアイドルとは明確に一線を画す存在で、新しいアイドルの誕生を望んでいたアイドルファンの心をわし掴みにします。

更に1985年には、1980年代のアイドル界にとってとても大きな出来事が起こりました。
それは松田聖子の結婚です。(1985年6月)
80年代アイドルの象徴であった松田聖子がトップアイドルの座を自ら降りたことで、松田聖子のデビューから始まったアイドルブーム(80年代アイドルブーム)に1つの区切りがつき、結果として上記した1980年代前半に活躍した女性アイドルたちは、アイドルを脱却し歌手として成功を収めた中森明菜と独自のキャラを確立した小泉今日子を除き、次第にアイドルとしての地位を失っていきます。
代わりに、

斉藤由貴(1985年2月21日デビュー、1985年4月~『スケバン刑事』でブレイク)
本田美奈子(1985年4月20日デビュー、1986年2月~『1986年のマリリン』でブレイク)
浅香唯(1985年6月21日デビュー、1986年10月~『スケバン刑事III』でブレイク)
中山美穂(1985年6月21日デビュー、1985年1月~『毎度おさわがせします』でブレイク)
南野陽子(1985年6月23日デビュー、1985年11月~『スケバン刑事II』でブレイク)

などのアイドルが1985年に続々とデビューし、1980年代後半のアイドル界を支えることとなりました。

以上のように、1985年が明らかに80年代アイドルブームの転換期であり、その象徴的な存在が『おニャン子クラブ』だったわけです。
そしてこの現象は、山口百恵が結婚・引退した直後に松田聖子が誕生しブレイクしたことと酷似しており、今度は松田聖子が山口百恵の立場になったようです。
今になって考えると、この頃を境にアイドルを扱う番組の質も変わったように感じますし、出演するアイドルにも変化があったように感じます。(『8時だョ!全員集合』が1985年9月に、『レッツゴーヤング』が1986年4月に終了している)
おニャン子クラブがあのタイミングで登場していなければ、1980年代のアイドルブームは1985年や1986年あたりで終わっていた可能性が高かったと思われます。

80年代アイドルと言えば、1980年代の10年間を通してブームが起こっていたように見えますが、実際には松田聖子を起点とした前半のブームと、おニャン子クラブを起点とした後半のブームという2つのブームが起きていたのかもしれません。

スポンサーリンク

当記事に登場したアイドルの記事

史上最強の素人集団『おニャン子クラブ』
おニャン子クラブプロフィール メンバー生年月日 下記参照 結成日 1985年4月1日 キャッチフレーズ - レコードデビュー 1985年7月5日(セーラー服を脱がさないで) 主要音楽祭受賞歴(最優秀新人賞)...
80年代アイドルの象徴『松田聖子』
松田聖子プロフィール 生年月日 1962年3月10日 芸能界入り ミスセブンティーンコンテストからのスカウト キャッチフレーズ 抱きしめたい! ミス・ソニー レコードデビュー 1980年4月1日(裸足の季節)...
天皇陛下も好きだった『柏原よしえ』
柏原よしえ/柏原芳恵プロフィール 生年月日 1965年10月1日 芸能界入り スター誕生! キャッチフレーズ ちょっと大物、夏ひとりじめ。よしえはNo.1。 レコードデビュー 19...
秀樹の妹で聖子のライバル?『河合奈保子』
河合奈保子プロフィール 生年月日 1963年7月24日 芸能界入り 『HIDEKIの弟・妹募集オーディション』優勝 キャッチフレーズ ほほえみさわやか カナリー・ガール レコードデビュー...
ザ・アイドル『松本伊代』
松本伊代プロフィール 生年月日 1965年6月21日 芸能界入り スカウト キャッチフレーズ 瞳そらすな僕の妹 田原俊彦の妹 レコードデビュー 1981年10月21日(センチメン...
80年代アイドル第三の女『小泉今日子』
小泉今日子プロフィール 生年月日 1966年2月4日 芸能界入り スター誕生! キャッチフレーズ 微笑少女(びしょうじょ) レコードデビュー 1982年3月21日(私の16才) 主要音楽祭受賞歴(最優秀新人...
スチュワーデス物語で大ブレイク『堀ちえみ』
堀ちえみプロフィール 生年月日 1967年2月15日 芸能界入り 第6回『ホリプロスカウトキャラバン』グランプリ キャッチフレーズ GOOD FRIEND レコードデビュー 198...
秀樹の妹でヤックンの妻?『石川秀美』
石川秀美プロフィール 生年月日 1966年7月13日 芸能界入り 第2回『HIDEKIの弟妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション』グランプリ キャッチフレーズ さわやか天使 レコードデ...
元祖帰国子女アイドル『早見優』
早見優プロフィール 生年月日 1966年9月2日 芸能界入り ハワイのデパートでスカウト キャッチフレーズ ハワイから来たバイリンガール レコードデビュー 1982年4月21日(急...
昭和最後の歌姫『中森明菜』
中森明菜プロフィール 生年月日 1965年7月13日 芸能界入り スター誕生! キャッチフレーズ ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ) レコードデビュー 1982年5月1日(スローモーション) 主要...
ユーロビートに乗って大ヒット『荻野目洋子』
荻野目洋子プロフィール 生年月日 1968年12月10日 芸能界入り 『ちびっこ歌まねベストテン』出演からのスカウト キャッチフレーズ - レコードデビュー 1979年4月(ザ・あ...
彼女はなぜ自ら死を選んだのか?『岡田有希子』
岡田有希子プロフィール 生年月日 1967年8月22日(1986年4月8日没) 芸能界入り スター誕生! キャッチフレーズ いつまでも、一緒にいてね。 ステキの国からやって来たリトル・プリン...
Momoco一押しアイドル『菊池桃子』
菊池桃子プロフィール 生年月日 1968年5月4日 芸能界入り スカウト キャッチフレーズ It's Real Fresh 1000% レコードデビュー 1984年4月21日(青春...
元祖スケバン刑事『斉藤由貴』
斉藤由貴プロフィール 生年月日 1966年9月10日 芸能界入り 第1回東宝シンデレラオーディション キャッチフレーズ - レコードデビュー 1985年2月21日(卒業) 主要音楽祭受賞歴(最優秀新人賞) ...
早すぎる死・・・『本田美奈子』
本田美奈子プロフィール 生年月日 1967年7月31日(2005年11月6日没) 芸能界入り スカウト(『スター誕生!』は決勝大会で落選) キャッチフレーズ 美奈子、あなたと初めて♥ 好きと...
実は苦労人?三代目麻宮サキ『浅香唯』
浅香唯プロフィール 生年月日 1969年12月4日 芸能界入り 『ザ・スカウトオーディション'84』浅香唯賞 キャッチフレーズ フェニックスから来た少女 レコードデビュー 1985年6月21日 夏少女 ...
歌手と女優の両方でヒットを量産!『中山美穂』
中山美穂プロフィール 生年月日 1970年3月1日 芸能界入り スカウト キャッチフレーズ - レコードデビュー 1985年6月21日(「C」) 主要音楽祭受賞歴(最優秀新人賞) 1985年日本レコー...
80年代後半にアイドルファンの心を1番掴んだ『南野陽子』
南野陽子プロフィール 生年月日 1967年6月23日 芸能界入り オーディション キャッチフレーズ 純だね陽子 レコードデビュー 1967年6月23日(恥ずかしすぎて) 主要音楽祭受賞歴(最優秀新人賞) ...
21歳で引退した伝説のアイドル『山口百恵』
山口百恵プロフィール 生年月日 1959年1月17日 芸能界入り スター誕生!第5回決戦大会合格 キャッチフレーズ - レコードデビュー 1973年5月21日(としごろ) 主要音楽祭受賞歴(最優秀新人賞) ...
スポンサーリンク
アイドル小ネタ
プロフィール
究極DD(管理人)
【自己紹介】
名前:究極DD
年齢:思ったより若い
所在地:関東平野(情報が関東に偏る)
性格:生まれ持ってのデータ厨
好きなもの:女性アイドル
好きな番組:ザ・ベストテン
好きなドラマ:大映ドラマ
嫌いなもの:男性アイドル
専門分野:90年代の女性アイドルグループ
Twitter:https://twitter.com/idol20th
【サイト説明】
近年、You Tubeなどの動画サイトの影響か、中高生などの若い世代に70年代アイドル・80年代アイドル・90年代アイドルなどのファンが増えているそうです。
その一方で、インターネット環境の変化からサイトの閉鎖が相次ぎ、かつてネット上で書かれていたアイドルの情報が損失していっています。
自分はアイドルオタクというほどアイドルにハマっていたわけではありませんが、若い世代に20世紀に活躍したアイドルたちのことを語り継いでほしいので、自分の知り得るアイドルの情報を今のうちに書き残していきたいと思います。
アイドルブームの時代を生きた一般人目線のアイドル論を是非ご覧ください!
※執筆依頼は、『執筆依頼について』を参照してください。
フォローする
究極DD(管理人)をフォローする
20世紀アイドルの肖像

コメント

タイトルとURLをコピーしました