70年代アイドルが1970年代に発売した最高売り上げシングルレコードのランキング

1970年代における女性アイドルのシングルレコード売り上げランキングは以下の記事で書いていますが、

20世紀のアイドルのことを色々書いて、ふと思ったことがあります。 それが何かというと、70年代アイドルはライバル関係が顕著であるということ...

80年代アイドルが1980年代に出したシングルレコードの最高売り上げで順位付けした記事』が好評だったので、70年代アイドルも同じ方式でランキングを作ってみました。(1970年代に発売されたレコードが対象ですが1980年代以降の売り上げも含みます)

<スポンサーリンク>

※名前をクリックすると該当アイドルの個別記事に移動します。

順位売上枚数アーティスト曲名発売日
1位155.4万ピンク・レディーUFO1977/12/05
2位134.3万小柳ルミ子わたしの城下町1971/04/25
3位88.7万岩崎宏美ロマンス1975/07/25
4位86.7万太田裕美木綿のハンカチーフ1975/12/21
5位82.9万キャンディーズ微笑がえし1978/02/25
参考72.7万石川さゆり津軽海峡・冬景色1977/01/01
6位66.1万山口百恵横須賀ストーリー1976/06/21
7位60.1万天地真理ひとりじゃないの1972/05/21
8位58.0万アグネス・チャン小さな恋の物語1973/10/25
9位54.2万南沙織17才1971/06/01
10位52.7万桜田淳子はじめての出来事1974/12/05
11位51.4万森昌子せんせい1972/07/01
12位49.5万麻丘めぐみわたしの彼は左きき1973/07/05
13位48.1万浅田美代子赤い風船1973/04/21
14位31.1万高田みづえ硝子坂1977/03/25
15位28.0万あべ静江コーヒーショップで1973/05/25
16位27.8万伊藤咲子木枯しの二人1974/12/01
17位27.7万松本ちえこ恋人試験1976/05/25
18位25.4万アン・ルイス女はそれを我慢できない1978/05/05
19位20.2万榊原郁恵夏のお嬢さん1978/07/01
20位18.9万浅野ゆう子セクシー・バス・ストップ1976/04/25
21位18.1万岡崎友紀私は忘れない1972/10/05
22位12.8万安西マリア涙の太陽1973/07/05
23位12.6万ゴールデン・ハーフ太陽の彼方1972/05/25
24位10.8万石野真子ジュリーがライバル1979/09/25
25位10.6万岡田奈々青春の坂道1976/03/10
26位9.1万林寛子素敵なラブリーボーイ1975/09/10
27位8.6万木之内みどり横浜いれぶん1978/02/25
28位8.4万リンリン・ランラン恋のインディアン人形1974/04/15
29位8.3万ザ・リリーズ好きよキャプテン1975/09/20
30位8.2万清水由貴子お元気ですか1977/03/01
31位7.7万片平なぎさ純愛1975/01/20
32位7.4万倉田まり子HOW! ワンダフル1979/08/21
33位7.0万トライアングルトライアングル・ラブレター1978/04/21

※石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』はアイドルを脱却して演歌歌手になってからのレコードなので参考記録とします。

<スポンサーリンク>

解説

上記ランキングでは、ピンク・レディーとキャンディーズの『2大アイドルグループ』、小柳ルミ子、天地真理、南沙織の『新三人娘』、山口百恵、桜田淳子、森昌子の『花の中三トリオ』、その狭間の世代に当たるアグネス・チャン、麻丘めぐみ、浅田美代子の『ア行3人組』、歌手特化型のアイドルだった岩崎宏美と太田裕美の『Wひろみ』が上位13位を占めており、14位以下のアイドルたちとの間には1つの壁があるように感じます。
事実、最高売り上げに限らないランキングでみても、この13組が上位を独占しているのです。

この13組は、1976年にデビューし大ブレイクを果たしたピンク・レディーを除き皆1975年までにデビューしており、1976年以降にデビューしたアイドルのシングルレコード売り上げがあまり振るわなかったことを示しています。
1970年代後半には、高田みづえ、榊原郁恵、清水由貴子の『フレッシュ三人組』などが活躍しましたが、ピンク・レディーブームがあまりに大きかった影響かレコードの売り上げは伸び悩んだようです。
1970年代終盤に活躍したアイドルとして最高レベルの人気を誇った大場久美子に関しては、歌がとても苦手だったこともありレコード売り上げは全く振るいませんでした。(『ディスコ・ドリーム』の4.8万枚が最高売り上げ)
1980年代は歌が下手な“おニャン子クラブ”やそのメンバーたちのレコードも売れていましたが、1970年代のアイドルファンは歌唱力をしっかりと評価していたのかもしれません。(歌が下手だと揶揄された浅田美代子も、1980年代以降の感覚ならそこまで歌が下手な部類ではない)

ちなみに、1970年代はシングルレコードで10万枚以上売り上げた女性アイドルが25組でしたが、1980年代はその倍の50組おり、1980年代のほうがよりアイドルブームが盛り上がっていたことが伺え知れる結果となっています。

当記事に登場したアイドルの記事

ピンク・レディープロフィール 生年月日 ミー:1958年3月9日 ケイ:1957年9月2日 芸能界入り スター誕生! ...
小柳ルミ子プロフィール 生年月日 1952年7月2日 芸能界入り 宝塚歌劇団出身(2ヶ月しか在籍してない) キャッ...
岩崎宏美プロフィール 生年月日 1958年11月12日 芸能界入り 松田トシや先代水谷八重子に弟子入り後...
太田裕美プロフィール 生年月日 1955年1月20日 芸能界入り スクーメイツ出身 キャッチフレー...
キャンディーズのプロフィール メンバー生年月日 伊藤蘭(ラン):1955年1月13日 田中好子(スー):1956年...
石川さゆりプロフィール 生年月日 1958年1月30日 芸能界入り ちびっ子歌謡大会出場からのス...
山口百恵プロフィール 生年月日 1959年1月17日 芸能界入り スター誕生!第5回決戦大会合格 キャッチフレーズ...
天地真理プロフィール 生年月日 1951年11月5日 芸能界入り 音楽系の高校卒業後、音楽事務所を経て女優の天路圭子...
アグネス・チャンプロフィール 生年月日 1955年8月20日 芸能界入り 平尾昌晃により日本に紹介される...
桜田淳子プロフィール 生年月日 1958年4月14日 芸能界入り 『スター誕生!』第4回決戦大会グランドチャンピオン...
森昌子プロフィール 生年月日 1958年10月13日 芸能界入り スター誕生!(第1回グランドチャンピオン) キャ...
麻丘めぐみプロフィール 生年月日 1955年10月11日 芸能界入り 子役出身 キャッチフレーズ ...
浅田美代子プロフィール 生年月日 1956年2月15日 芸能界入り スカウト キャッチフレーズ ...
<スポンサーリンク>