女性アイドルの最高売り上げシングルランキング(ベスト100)

当ブログでは、過去に何度か女性アイドルの最高売り上げシングルに関するランキングを示していますが、様々な制限を加えて順位付けをしているため、中には『ごちゃごちゃ言わんと誰が1番売れたか書いたらええんや!』と思った格闘家もいたことでしょう。Σ(゚Д゚)
ということで今回は制限を取っ払い、純粋に女性アイドル及び元女性アイドルにおける最高売り上げシングルのランキングを制作しました!
更に今回は当ブログのコンセプトである20世紀のアイドルだけではなく、記事投稿日時点の全て女性アイドルを対象としてランキングを制作しているので、この記事は永久保存版になること必至です!!

<スポンサーリンク>

※名前の下に青線が入っている人(グループ)は、名前をクリックすると詳細を記した記事に飛びことが出来ます。

順位売上枚数アイドル名曲名発売日
1位229.6万安室奈美恵CAN YOU CELEBRATE?1997/02/19
2位202.1万篠原涼子(篠原涼子 with t.komuro)恋しさと せつなさと 心強さと1994/07/21
3位195.6万AKB48さよならクロール2013/05/22
4位184.5万SPEEDWHITE LOVE1997/10/15
5位183.3万中山美穂(中山美穂&WANDS)世界中の誰よりきっと1992/10/28
6位164.7万モーニング娘。LOVEマシーン1999/09/09
参考164.6万蒲池幸子(ZARD)負けないで1993/01/27
7位163.1万浜崎あゆみA ※1999/08/11
8位155.4万ピンク・レディーUFO1977/12/05
9位148.3万ビビアン・スー(ブラックビスケット)Timing1998/04/22
10位139.0万遠峯ありさ(華原朋美)I’m proud1996/03/06
11位137.5万乃木坂46帰り道は遠回りしたくなる2018/11/14
12位134.3万小柳ルミ子わたしの城下町1971/04/25
参考122.5万TK presents こねっと ※YOU ARE THE ONE1997/01/01
13位115.0万持田かおり(Every Little Thing)Time goes by1998/02/11
14位113.3万市井由理(EAST END×YURI)MAICCA〜まいっか1995/02/13
15位112.4万プッチモニちょこっとLOVE1999/11/25
16位110.1万松田聖子あなたに逢いたくて~Missing You~1996/04/22
17位109.7万赤坂小町(プリンセスプリンセス)Diamonds1989/04/21
18位105.4万小泉今日子あなたに会えてよかった1991/05/21
19位103.6万欅坂46/櫻坂46ガラスを割れ!2018/03/07
20位99.7万酒井法子碧いうさぎ1995/05/10
21位97.0万わらべもしも明日が…。1983/12/21
22位93.9万工藤静香慟哭1993/02/03
参考89.6万竹内まりや純愛ラプソディ1994/05/10
23位88.7万岩崎宏美ロマンス1975/07/25
24位87.0万鈴木あみBE TOGETHER1999/07/14
25位86.7万太田裕美木綿のハンカチーフ1975/12/21
26位86.5万薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃1981/11/21
27位82.9万キャンディーズ微笑がえし1978/02/25
28位81.3万仙道敦子(NAO)今を抱きしめて1993/11/03
29位81.2万島袋寛子(hiro)AS TIME GOES BY1999/08/18
30位76.6万中森明菜セカンド・ラブ1982/11/10
31位76.3万ミニモニ。ミニモニ。ジャンケンぴょん!/春夏秋冬だいすっき!2001/01/17
32位74.3万ZONE ※secret base~君がくれたもの~2001/08/08
33位73.3万SUPER MONKEY’STRY ME 〜私を信じて〜1995/01/25
34位72.7万石川さゆり津軽海峡・冬景色1977/01/01
35位70.2万SKE48コケティッシュ渋滞中2015/03/31
36位66.1万山口百恵横須賀ストーリー1976/06/21
37位64.9万日向坂46ソンナコトナイヨ2020/02/19
38位64.5万Wink愛が止まらない 〜Turn it into love〜1988/11/16
39位61.0万渡瀬麻紀(LINDBERG)今すぐKiss Me1990/02/07
40位60.1万天地真理ひとりじゃないの1972/05/21
41位59.0万広末涼子MajiでKoiする5秒前/とまどい1997/04/15
42位58.7万原田知世時をかける少女1983/04/21
43位58.0万アグネス・チャン小さな恋の物語1973/10/25
44位55.9万NMB48僕らのユリイカ2013/06/19
45位54.2万南沙織17才1971/06/01
46位53.1万上原多香子my first love1999/03/25
47位52.7万桜田淳子はじめての出来事1974/12/05
48位52.0万小林麻美(小林麻美 with C-POINT)雨音はショパンの調べ1984/04/21
49位51.4万森昌子せんせい1972/07/01
50位50.8万あか組4赤い日記帳2000/03/08
51位50.7万菅野美穂(蓮井朱夏)ZOO ~愛をください~2000/09/07
52位49.5万麻丘めぐみわたしの彼は左きき1973/07/05
参考49.5万コニー(ザ・ヴィーナス) ※キッスは目にして!1981/07/25
53位49.3万高田みづえ私はピアノ1980/07/25
54位49.3万西野妙子(dos)Baby baby baby1996/03/21
参考48.5万Sugarウエディング・ベル1981/11/21
55位48.1万浅田美代子赤い風船1973/04/21
56位48.0万Mi-Ke想い出の九十九里浜1991/02/14
57位47.7万MAXGive me a Shake1997/04/09
58位47.6万黄色5黄色いお空でBOOM BOOM BOOM2000/03/08
59位47.2万内田有紀幸せになりたい1996/01/24
60位46.5万河合美智子(オーロラ輝子)夫婦みち/まごころの橋1996/11/21
61位44.4万森高千里二人は恋人1995/02/10
62位43.5万後藤真希愛のバカやろう2001/03/28
63位43.1万NiziUStep and a step2020/12/02
64位43.0万MANISH煌めく瞬間に捕われて/眩しいくらいに…1995/02/06
65位42.1万長山洋子1993/01/21
66位40.8万斉藤由貴夢の中へ1989/04/21
67位39.7万石川ひとみまちぶせ1981/04/21
参考39.2万hitomiCANDY GIRL1995/04/21
68位38.9万山口由子Believe1999/02/26
69位38.7万タンポポ恋をしちゃいました!2001/02/21
70位39.4万菊池桃子卒業1985/02/27
71位38.6万青色7青いスポーツカーの男2000/03/08
72位38.2万柏原よしえハロー・グッバイ1981/10/15
73位36.4万TWICEWake Me Up2018/05/16
74位36.3万観月ありさTOO SHY SHY BOY!1992/05/27
75位36.2万伊藤つかさ少女人形1981/09/01
76位35.4万アン・ルイスラ・セゾン1982/06/05
77位34.9万河合奈保子エスカレーション1983/06/01
78位34.6万HKT48(HKT48 feat. 氣志團)しぇからしか!2015/11/25
79位34.3万松本伊代センチメンタルジャーニー1981/10/21
80位34.1万宮沢りえドリーム ラッシュ1989/09/15
81位34.1万河合その子青いスタスィオン1986/03/21
82位33.6万中谷美紀(中谷美紀 with 坂本龍一)砂の果実1997/03/21
83位32.8万三原順子セクシー・ナイト1980/09/21
84位32.4万荻野目洋子ダンシング・ヒーロー1985/11/21
85位32.0万豊田樹里(松田樹利亜)だまってないで1993/11/24
86位32.0万新田恵利冬のオペラグラス1986/01/01
87位31.9万牧瀬里穂Miracle Love1991/10/30
88位31.7万国生さゆりバレタイン・キッス1986/02/01
89位31.0万うしろゆびさされ組バナナの涙1986/01/21
90位30.9万STU48風を待つ2019/02/13
91位30.9万三人祭チュッ!夏パ~ティ2001/07/04
92位30.9万知念里奈Wing1998/04/15
93位30.4万南野陽子吐息でネット。1988/02/26
94位29.4万LiSA2020/10/14
95位28.5万森口博子ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜1991/02/05
96位28.1万おニャン子クラブじゃあね1986/02/21
97位28.0万吉沢秋絵季節はずれの恋 ※1986/03/01
98位28.0万あべ静江コーヒーショップで1973/05/25
99位27.8万浅香唯C-Girl1988/04/20
100位27.8万伊藤咲子木枯しの二人1974/12/01
次点27.7万松本ちえこ恋人試験1976/05/25
<スポンサーリンク>
【補足説明】

※『蒲池幸子』(後の坂井泉水)は、キャンペーンガールやレースクイーンをしていましたが、アイドルとは少し活動が違うので参考記録とします。
※『浜崎あゆみ』は、歌手として本格的なデビューをする前にアイドル女優(広末涼子や深田恭子のような感じ)として活動していました。
※『遠峯ありさ』(後の華原朋美)は、グラビアアイドルとして普通に活躍していました。
※『TK presents こねっと』には、多くの女性アイドルが参加していますが、アイドル以外の人も多く参加するコラボシングルなので参考記録とします。
※『持田かおり』(持田香織)は、元々『黒BUTAオールスターズ』というアイドルグループに所属していました。
※『赤坂小町』(後のプリンセスプリンセス)は、デビュー当時からバンド形式でしたが、誰がどう見てもアイドルグループとしか思えないような活動をしていた時期があります。
※『竹内まりや』は、デビュー当時に一部アイドル的な扱いを受けましたが、山下達郎と出会ったことで直ぐに本格的な歌手へと扱いが変わったため参考記録とします。
※『ZONE』は、ガールズバンドとして有名になりましたが、元々はダンス&ボーカルユニット形式のアイドルで、楽器の演奏も当初はフリだけで実際には行っていませんでした。
※『渡瀬麻紀』(渡瀬マキ)は、『LINDBERG』結成前に普通にアイドル活動をしていました。
※『石川さゆり』や『長山洋子』は、アイドル歌手から演歌歌手へと転身しています。
※『菅野美穂』や『河合美智子』は、ドラマの役名で発売したシングルがヒットしています。
※『コニー』は、スクールメイツ出身とアイドル要素がありますが、実際にアイドル活動は行っていないので参考記録とします。
※『Sugar』は、アイドルが出演する運動会などに常連として出演していましたが、楽器を使うコーラスグループなのでアイドルではありません。
※『MANISH』は、元々アクションズというアイドル要素の高いグループから選抜され結成されています。
※『hitomi』は、ホリプロスカウトキャラバンの決勝大会に出場しモモコクラブにも選ばれなどアイドルに片足を踏み込んでいましたが、実際にアイドル活動はしていないので参考記録とします。
※『山口由子』は、元々『A-Cha』というアイドルグループに所属していました。
※『豊田樹里』(後の松田樹利亜)は、『EGG5』、『BABY’S』という2つのアイドルグループを経てソロデビューしています。
※『LiSA』は、元々沖縄アクターズスクールの生徒で結成された『B.B.WAVES』及び『Baby Waves』というグループの出身です。
※浜崎あゆみの『A』は、マキシシングルのため楽曲のタイトルではありません。
※吉沢秋絵の『季節はずれの恋』は、B面に『おニャン子クラブ』の楽曲が収録されているため純粋なソロシングルではありません。
※LiSAの『』は現在も売れ続けているので、売上枚数は更に加算されます。
※日向坂46の『ソンナコトナイヨ』、NiziU『Step and a step』も売上枚数の加算があるかもしれません。

<スポンサーリンク>

解説

このランキングでまず注目されるのは、1位・2位を独占した小室哲哉がプロデュースしたアイドルたちです。
CDがもっとも売れる時代に一大ブームとなった小室サウンドからは、安室奈美恵篠原涼子華原朋美鈴木あみ西野妙子(dos)、観月ありさ宮沢りえがランクイン。
内田有紀の小室哲哉プロデュース楽曲『Only You』も44.5万枚の売り上げを誇りランクイン圏内となっています。(『幸せになりたい』は広瀬香美プロデュース)

1位の安室奈美恵は、小室哲哉プロデュースと共に『沖縄アクターズスクール出身者』という括りも出来ます。
沖縄アクターズスクールからは、安室奈美恵、安室奈美恵が在籍したSUPER MONKEY’S、そのメンバーで結成されたMAX、更にはSPEEDとそのメンバーであるhiro(島袋寛子)上原多香子、当時の沖縄アクターズスクールとしては珍しい純粋なソロ歌手だった知念里奈がランクインし、アニソン歌手として2021年現在も大活躍しているLiSAも元を辿れば沖縄アクターズスクール出身です。

2位を獲得した篠原涼子も、小室哲哉プロデュースと共に『東京パフォーマンスドール』出身者で、同グループからは篠原涼子と共に市井由理が『EAST END×YURI』としてミリオンセールスを記録しています。(東京パフォーマンスドール自体も小室哲哉のプロデュースを受けている)
『東京パフォーマンスドール』と同じ時代に活躍したアイドルグループの『桜っ子クラブさくら組』からも、菅野美穂中谷美紀がランクインしていますが、このことは意外に感じる人も多いかもしれません。

2011年以降に次々とブレイクを果たした秋元康プロデュースの大人数アイドルからは、AKB48乃木坂46欅坂46(櫻坂46)SKE48日向坂46NMB48HKT48STU48がランクインし、AKB48の派生ユニットであるNot yetにも24.8万枚を売り上げたシングルがあります。
また、同じ秋元康が主に作詞を担当したアイドルグループ『おニャン子クラブ』からは、工藤静香河合その子新田恵利国生さゆりうしろゆびさされ組おニャン子クラブがランクインしています。(工藤静香のランクイン曲は秋元康と違う人が作詞提供)

主に00年代に活躍したモーニング娘。と同じ事務所のアイドルで結成された『ハロー!プロジェクト』からは、モーニング娘。プッチモニミニモニ。後藤真希タンポポがランクインし、シャッフルユニットというハロプロメンバーをごちゃまぜにした期間限定グループのあか組4黄色5青色7三人祭と合わせて計9組がランクイン。
ちなみに『ハロー!プロジェクト』内のソロ歌手だった松浦亜弥は、『桃色片想い』の22.6万枚が最高記録となっています。

2010年以降に日本で話題となったK-POPの流れをくむアイドルからは、NiziUTWICEという日本人メンバーが活躍するグループがランクイン。
同じくAKB48グループ出身の日本人メンバーが在籍したIZ*ONEも24.4万枚の売り上げを誇るシングルがあります。
韓国人メンバーが大多数を占める純粋なK-POPグループとしては、KARAの『ジェットコースターラブ』が22.6万枚で最高記録です。

上記以外のアイドルは各々活躍したとしか説明のしようがありませんが、1990年代が異常にCDが売れる時代だったこともあり、1990年代に入ってから自身の最高売り上げ記録を大幅に更新した80年代アイドルが多く存在しています。
本来なら1番活躍したであろうアイドル活動期に最大の売り上げを記録するのでしょうが、中山美穂松田聖子小泉今日子酒井法子工藤静香森高千里森口博子などの80年代アイドルは、1990年代に入ってから自身のシングル最高売り上げを記録しています。(渡瀬麻紀、河合美智子、長山洋子などは少し事情が違うので除外)
これはレコードからCDに音楽を聞く媒体が変わったことも影響しており、70年代アイドルには見られない傾向です。

70年代アイドルとしては、ピンク・レディーの売り上げが特出しており、ソロとしてもMIEの『NEVER』が27.4万枚、増田恵子の『すずめ』が26.7万枚と後少しでランクインでした。
同じく70年代アイドルの小柳ルミ子は、デビュー曲がいきなりミリオン超えしているというですから驚きです。

以上、『女性アイドルの最高売り上げシングルランキング・ベスト100』の紹介でした!!

<スポンサーリンク>