大きな声では言えないアイドルの再婚事情

スポンサーリンク

アイドルについて調べていると、『〇〇と〇〇は同じオーディション出身だった』、『〇〇と〇〇は昔共演していた』などという共通点によく気が付きます。
そういった類のことは結構面白い話なので記事にしていることも多いのですが、中には扱いづらい共通点もあります。
今回は、そんなアイドルに関するちょっと扱いづらい共通点を取り上げるのですが・・・

その共通点は、なんと『結婚相手』です!Σ(゚Д゚)

実は、当ブログで扱うアイドルの中に共通の結婚相手を持つアイドルが複数人いるのです。
ということで、ちょっと扱いづらいアイドルの再婚事情についてまとめていきます。

NIGOの結婚相手

まず紹介するのは、ファッションデザイナーの『NIGO』。
彼は1990年代のアイドルグループ『東京パフォーマンスドール』でフロントメンバーを務め、『DA.YO.NE』や『MAICCA -まいっか-』などのミリオンセラーソングを持つ『EAST END×YURI』のYURIこと『市井由理』と1999年に結婚しました。
市井由理と2002年に離婚したNIGOは、2008年に市井由理と同じ90年代アイドルで、宮沢りえ、観月ありさと共に『3M』と称された『牧瀬里穂』と再婚します。Σ(゚Д゚)
市井由理は芸能界を実質引退状態なので2人が共演することはないでしょうが、会ったら気まずい空気が流れること必至です。(;^_^A

青山光司の結婚相手

続いて紹介するのは、実業家の『青山光司』。
彼は、第19回ホリプロスカウトキャラバン優勝者の『上原さくら』と2010年に結婚し(上原にとっては2回目の結婚)、2013年に離婚します。
その後、2015年に上記した『3M』の一角である『観月ありさ』と再婚しました。
上原さくらと観月ありさの2人は、『ナースのお仕事』のパート2と『天使のお仕事』というドラマ(『ナースのお仕事』のシスター版)でがっつり共演しており、年齢も同じであるため当時は普通にプライベートな会話もしたと思うのですが、今会ったらどんな話をするのでしょうか?(;^_^A

後藤次利の結婚相手

続いては、おニャン子クラブ関連楽曲の作曲を多く務めたことで知られる『後藤次利』。
彼は1979年に70年代アイドルの『木之内みどり』との不倫が発覚し(後藤側に妻がいた)、略奪愛という形で1983年に木之内みどりと結婚します。
不倫が発覚した際に木之内みどりはアメリカへ逃避行し、帰国と同時に芸能界を引退するなど当時大きな話題になりました。
そんな2人の結婚生活も長くは続かず1987年に離婚、後藤次利は、その後1994年に元『おニャン子クラブ』の『河合その子』と再々婚します。
河合その子との結婚の時期は1994年ですが、後藤次利と河合その子は1985年から仕事を共にするようになっているので、この結婚も略奪愛の結果と噂されています。
ちなみに、後藤次利の最初の結婚相手である『玉井タエ』も1970年代前半に活動したフォークデュオ『シモンズ』のメンバーという芸能人でした。
更に言うと、後藤次利には1986年に『堀ちえみ』との不倫騒動もあるなど、何人もの女性芸能人と浮き名を流したことで知られています。

※木之内みどりは、その後俳優の竹中直人と再婚します。Σ(゚Д゚)

佐々木主浩の結婚相手

続いては、プロ野球の抑え投手として輝かしい実績を誇る『佐々木主浩』。
彼は第10回ホリプロタレントスカウトキャラバン(山瀬まみが優勝した回)で決勝大会まで進出し、1986年に歌手デビューした『清水香織』というアイドルと1991年に結婚します。
その清水香織と2005年3月に離婚した佐々木主浩は、翌々月の2005年5月に1990年代後半に女優・タレントとして大活躍した『榎本加奈子』と再婚、前月の2005年4月には榎本加奈子との間に子供も生まれていました。
清水香織と榎本加奈子は活躍した時代が全く違うので芸能界での接点はなかったでしょうが、いずれにせよ離婚・再婚・出産の時期を見るに相当の修羅場があったのではないかと想定されます。(^_^;)

小室哲哉の結婚相手

最後に紹介するのが、1990年代の音楽界に一大ブームを起こした『小室哲哉』。
小室哲哉の最初の結婚相手は、『キララとウララ』というアイドルグループのキララこと『大谷香奈子』で、1988年に結婚し1992年に離婚しました。
その後、小室哲哉は自身が作詞作曲する楽曲が次々とヒットし一大ブームとなっていた時期にプロデュースしたダンス&ボーカルユニット『dos』のダンサー『Asami』と、2001年にできちゃった結婚をします。
ちなみに、この『dos』には元アイドルの『西野妙子』も参加していました。
そのAsamiと9ヶ月で離婚した小室哲哉は、離婚の7ヶ月後に自身が参加するグループ『globe』のボーカル『KEIKO』と再々婚するのです。Σ(゚Д゚)
小室哲哉はAsamiと結婚する前に『華原朋美』(グラビアアイドルの遠峰ありさ)とも公然の交際をしており、Asamiと交際期間が重なっているとの話もあるそうです。

以上は男性側の結婚相手が女性アイドルだった例ですが、続いては女性アイドルと男性芸能人の結婚例を紹介します。

蓮田美奈子の結婚相手

まず紹介するのが、モデルでキャンペーンガールなども務めていた『蓮田美奈子』。
彼女は『愛のメモリー』などのヒット曲で知られる黒人歌手の『松崎しげる』と1981年に結婚し、1991年に離婚します。
その後、1997年に再婚した相手は、なんと数々のヒット曲を持つ『B’z』のボーカル『稲葉浩志』だったのです。Σ(゚Д゚)
松崎しげると稲葉浩志は、同じ歌手でも同じ舞台に立つようなタイプではないので共演することはないかと思いますが、いずれにせよ結婚相手としてはどちらも強力なインパクトがあります。(;^_^A

三宅えみの結婚相手

続いては、1990年代にマイナー路線のアイドルグループを渡り歩いた『三宅えみ』。
三宅えみは、『うらりんギャル』、『PINO』(後にAmiと改名)、『ワイワイギャル』、『熱湯姉妹』などといった数々のアイドルグループに在籍した後、2003年に石田純一の息子で1990年代にはゴールデンタイムのドラマで主演なども務めていた『いしだ壱成』と結婚します。
2006年にいしだ壱成と離婚した三宅えみは、なんと翌年の2007年に前夫と同じ俳優業を営む『谷原章介』と結婚するのです。Σ(゚Д゚)
いしだ壱成と谷原章介は同世代の俳優なので、ひょっとしたら共演歴があるのかもしれません。

宮崎あおいの結婚相手

最後に紹介するのが、女優として素晴らしい実績を誇る『宮崎あおい』。
宮崎あおいは2007年に俳優の『高岡蒼佑』と結婚しますが、その高岡蒼佑が韓国批判で騒動を起こした2011年に離婚します。
その後の2017年に再婚した相手は、なんと『V6』のメンバーでジャニーズ事務所所属の男性アイドルとしてトップレベルの人気を誇る『岡田准一』だったというのですから、衝撃を受けた人も多かったことでしょう。
高岡蒼佑と岡田准一に共演歴があるかなどは、男性アイドル嫌いな私にとって知ったこっちゃありません。(;^_^A

スポンサーリンク

当記事に登場したアイドルの記事

苦手な歌で大成功?『市井由理』
市井由理プロフィール 生年月日 1972年12月20日 芸能界入り 乙女塾1期生 初出世作 TV番組『パラダイスGOGO』(1989年) CDデビュー 1991年2月21日(恋して...
クリスマスエクスプレス『牧瀬里穂』
牧瀬里穂プロフィール 生年月日 1971年12月17日 芸能界入り 『ミスビタミンCハイシーガールコンテスト』グランプリ 出世作 CM『クリスマス・エクスプレス(JR東海)』(1989年) CDデビュー...
椎名林檎以上の歌手?『上原さくら』
上原さくらプロフィール 生年月日 1977年3月31日 芸能界入り 第19回『ホリプロタレントスカウトキャラバン』グランプリ 初出世作 楽曲『BOOING』(1995年8月) ※アニメ『行け!...
伝説の少女『観月ありさ』
観月ありさプロフィール 生年月日 1976年12月5日 芸能界入り 子役出身 出世作 ドラマ『教師びんびん物語II』(1989年) CDデビュー 1991年5月15日(伝説の少女) 主要音楽...
愛の逃避行『木之内みどり』
木之内みどりプロフィール 生年月日 1957年6月10日 芸能界入り 『ミス・ティーン・コンテスト』準優勝を経て歌謡番組のアシスタントに キャッチフレーズ - レコードデビュー 1...
実はおニャン子クラブ最年長メンバー『河合その子』
河合その子プロフィール 生年月日 1965年6月20日 芸能界入り 1983年『ティーンズ・ポップ・コンテスト』準優勝 キャッチフレーズ フランスと中国のハーフの女の子 レコードデビュー...
スチュワーデス物語で大ブレイク『堀ちえみ』
堀ちえみプロフィール 生年月日 1967年2月15日 芸能界入り 第6回『ホリプロスカウトキャラバン』グランプリ キャッチフレーズ GOOD FRIEND レコードデビュー 198...
芸能界を自由奔放に駆け抜けた『榎本加奈子』
榎本加奈子プロフィール 生年月日 1980年9月29日 芸能界入り スカウト 初出世作 ドラマ『家なき子2』(1995年4月) CM『雪見だいふく(ロッテ)』(1995年9月) CDデ...
80年代B級アイドルの一覧
今までの記事で紹介しきれなかった80年代アイドルを、『80年代B級アイドル』として一気に紹介します。 ただし存在がマイナーになるほどアイドル、歌手、女優などという分類が曖昧になっていくため、一部アイドルに該当しないような人が含まれ...
80年代のアイドルグループ一覧&メンバーまとめ
キャンディーズが1978年に、ピンク・レディーが1981年にそれぞれ解散してしまい、この2組の解散ショックからか、1980年代前半は女性アイドルグループがほとんど売れませんでした。 そんな1980年代も半ばとなった1985年に『お...
90年代のアイドルグループ完全一覧&メンバーまとめ
80年代アイドルは基本的にソロで活動をしていましたが、1990年代に入るとグループ型のアイドルが増え、アイドルグループの全盛期を迎えます。 特に『夕やけニャンニャン』と『おニャン子クラブ』のような、テレビ番組とタイアップされたアイ...
人生いろいろ・・・『華原朋美』
遠峯ありさ/華原朋美プロフィール 生年月日 1974年8月17日 芸能界入り スカウト 初出世作 テレビ番組『天使のU・B・U・G』(1994年10月)※遠峯ありさ時代 CDデビュー ...
90年代のアイドルグループ完全一覧&メンバーまとめ
80年代アイドルは基本的にソロで活動をしていましたが、1990年代に入るとグループ型のアイドルが増え、アイドルグループの全盛期を迎えます。 特に『夕やけニャンニャン』と『おニャン子クラブ』のような、テレビ番組とタイアップされたアイ...
分散化する90年代アイドル③『チャイドルの誕生』
1980年代後半は、1971年から1974年に起こった第二次ベビーブームの影響で子供の数も多かったかともあり、小学校を舞台としたドラマあるいは小学生にスポットライトを当てたドラマが多数作られました。 そのため、人気のある子役は多数...
スポンサーリンク
2022年02月21日:記事の作成
2023年03月01日:佐々木主浩の項目を追記
アイドル小ネタ
プロフィール
究極DD(管理人)
【自己紹介】
名前:究極DD
年齢:思ったより若い
所在地:関東平野(情報が関東に偏る)
性格:生まれ持ってのデータ厨
好きなもの:女性アイドル
好きな番組:ザ・ベストテン
好きなドラマ:大映ドラマ
嫌いなもの:男性アイドル
専門分野:90年代の女性アイドルグループ
Twitter:https://twitter.com/idol20th
【サイト説明】
近年、You Tubeなどの動画サイトの影響か、中高生などの若い世代に70年代アイドル・80年代アイドル・90年代アイドルなどのファンが増えているそうです。
その一方で、インターネット環境の変化からサイトの閉鎖が相次ぎ、かつてネット上で書かれていたアイドルの情報が損失していっています。
自分はアイドルオタクというほどアイドルにハマっていたわけではありませんが、若い世代に20世紀に活躍したアイドルたちのことを語り継いでほしいので、自分の知り得るアイドルの情報を今のうちに書き残していきたいと思います。
アイドルブームの時代を生きた一般人目線のアイドル論を是非ご覧ください!
※執筆依頼は、『執筆依頼について』を参照してください。
フォローする
究極DD(管理人)をフォローする
20世紀アイドルの肖像

コメント

タイトルとURLをコピーしました