1990年代のアイドル水泳大会で最速のスイマーは誰か?

スポンサーリンク

まだまだ寒い日が続きますが、今回はアイドル水泳大会の話をしたいと思います。
1980年代までのアイドル水泳大会は、競泳でも有名なアイドルが泳いでいるだけでしたが(番組にもよるが)、1990年代はアイドル文化が崩壊した影響もあってか水泳のガチ勢が参加するようになっていました。
そんな1990年代のアイドル水泳大会における最速スイマーが誰なのかを考えていきます。
ちなみに1990年代のアイドル水泳大会は女性に特化しており、男性はお笑い芸人が少し出る程度になっていたので、当然考えるのは女性アイドルの最速スイマーについてです。

水泳の得意な90年代アイドルと言えば、井上晴美を思い浮かべる人が多いかと思います。
彼女は高校生時代に水泳でインターハイ(正式名:全国高等学校総合体育大会)に出場したことがあるそうで、このことを1つの売りにしていました。
何の種目でインターハイに出場したのかは分かりませんが、アイドルの水泳大会で披露する泳法は常にクロールだったので、おそらく自由形の選手だったと思われます。
そんな井上晴美は、1992年夏のアイドル水泳大会で個人種目のトライアスロンで1位を獲得し(2位は意外にも細川ふみえ)、1995年冬の大会では本職と思われる自由形で1位となっています。

【井上晴美のインターハイ出場について】
井上晴美は、高校2年生となる時期に『桜っ子クラブ』という番組のマスコットグループである『桜っ子クラブさくら組』のメンバーとして番組出演するようになり、それ以前に地元の熊本から上京しています。
芸能活動をしながら水泳の部活動を行うとは考えにくいので、インターハイに出たのは熊本時代(高校1年生の夏)の話かと思われます。

そんな井上晴美を1994年秋に行われた『オールスター感謝祭』の水泳競技で破ったのが『シェイプUPガールズ』の梶原真弓です。(他に松村邦洋と川谷拓三が出場していた)
梶原真弓は幼稚園から中学1年生まで水泳を習い、ジュニアオリンピック(正式名:全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会)に出場したことがあるそうで、井上晴美に負けない水泳の実績を誇ります。
この梶原真弓を含みシェイプUPガールズと井上晴美は、アイドル水泳大会でライバル関係を築いていました。

1990年代のアイドル水泳大会には、ジュニアオリンピックに出場経験のあるアイドルがもう1人います。
それは『’88 ミス・サンバード』というオーディションでグランプリを獲得した小林彩子というアイドルで、1988年11月2日に『冬のレインボー』でデビューしています。
メジャーなアイドルではありませんが、テレビ東京で放送されていた『タミヤRCカーグランプリ』という番組のリポーターを務めていたため、ラジコン好きな方なら覚えている人が多いかもしれません。
彼女は1990年冬の大会で平泳ぎ競争に出場し、このときは西田ひかるに次ぐ2位でした。
ジュニアオリンピックの出場したレベルの人がただの水泳が得意な人に負けるとは考えづらいので、平泳ぎは専門でなかったのか、メジャーなアイドルに勝たせなければならないという不文律が働いたかのどちらかと思われます。
その後、1990年夏の大会では同じ平泳ぎ競争で見事1位となり西田ひかるへのリベンジを果たし、1991年夏の大会でも再び西田ひかるを負かしています。
ちなみに、小林彩子はこの大会を最後にアイドル水泳大会に呼ばれなくなりますが、その理由は不明です。(^_^;)
そんな最後の出場となった1991年夏の大会では、男女混合リレーの第一泳者としてクロールも披露し、アイドル水泳大会初出場だった当時の井上晴美よりも早く第2泳者へバトンタッチするなど、最速レベルのスイマーであった様子が窺えます。

他にも水泳が得意な女性アイドルは当時いたかもしれませんが、この3人が1990年代のアイドル水泳大会における三大スイマーであることはほぼ間違いないと思われます。
ちなみに、梶原真弓と小林彩子の直接対戦があったかどうかの情報は持ち合わせていません。(T_T)

調べ直したところ、小林彩子は神奈川県の中学校総合体育大会800m自由形で優勝していることが判明したので、実績としては3人の中で1番上だったと思われます。
三大スイマーと言えば、小林彩子には他にも『三大〇〇』があります。
既にお気付きの方もいるかもしれませんが、『こばやしあやこ』という名前は日本のドラマ史上最高視聴率となる『おしん』(NHK連続テレビ小説)の子供時代を演じた小林綾子と同姓同名で、年齢も一緒(同学年)となっています。
しかし1980年代に登場した『こばやし あやこ』という女性芸能人は、この2人だけではないのです。
映画版『スケバン刑事』の全国縦断オーディションで78,000人の中からグランプリを獲得し、1987年2月公開の映画『スケバン刑事』に重要人物として出演した女性も、なんと小林亜也子(こばやしあやこ)なのです。Σ(゚Д゚)
この小林亜也子は、現在は森川あやこという名前で人財育成コンサルタント(スマイル幸師)として活動する他、鉄道好きのタレントとして地元の関西圏で芸能活動を継続しています。
1980年代に、歳もそう変わらない3人の『こばやしあやこ』が立て続けに芸能界デビューしていたという事実は、かなりの珍現象と言えるでしょう。

以上、『こばやしあやこ』という名前の女性芸能人紹介でした!

・・・

いや、アイドル水泳大会の最速スイマーについての考察でした。(^_^;)

スポンサーリンク

当記事に登場したアイドルの記事

バストに1億円の保険?『井上晴美』
井上晴美プロフィール 生年月日 1974年9月23日 芸能界入り 第1回『HOP!STEP!とびだせアイドル』グランプリ 初出世作 TV番組『桜っ子クラブ』(1991年) CDデビュー ...
セクシーアイドルグループの一覧と概要
女性アイドルグループは誕生した当時からセクシーさと切っても切れない関係で、キャンディーズやピンク・レディーも、大なり小なりセクシーさを売りにしていました。 と言っても、そのセクシーさはあくまで女性の美しさの魅せるものに留まり、露骨...
80年代B級アイドルの一覧
今までの記事で紹介しきれなかった80年代アイドルを、『80年代B級アイドル』として一気に紹介します。 ただし存在がマイナーになるほどアイドル、歌手、女優などという分類が曖昧になっていくため、一部アイドルに該当しないような人が含まれ...
2023年03月11日:小林彩子の水泳実績が判明したの追記
アイドル小ネタ
プロフィール
究極DD(管理人)
【自己紹介】
名前:究極DD
年齢:思ったより若い
所在地:関東平野(情報が関東に偏る)
性格:生まれ持ってのデータ厨
好きなもの:女性アイドル
好きな番組:ザ・ベストテン
好きなドラマ:大映ドラマ
嫌いなもの:男性アイドル
専門分野:90年代の女性アイドルグループ
Twitter:https://twitter.com/idol20th
【サイト説明】
近年、You Tubeなどの動画サイトの影響か、中高生などの若い世代に70年代アイドル・80年代アイドル・90年代アイドルなどのファンが増えているそうです。
その一方で、インターネット環境の変化からサイトの閉鎖が相次ぎ、かつてネット上で書かれていたアイドルの情報が損失していっています。
自分はアイドルオタクというほどアイドルにハマっていたわけではありませんが、若い世代に20世紀に活躍したアイドルたちのことを語り継いでほしいので、自分の知り得るアイドルの情報を今のうちに書き残していきたいと思います。
アイドルブームの時代を生きた一般人目線のアイドル論を是非ご覧ください!
※執筆依頼は、『執筆依頼について』を参照してください。
フォローする
究極DD(管理人)をフォローする
20世紀アイドルの肖像

コメント

タイトルとURLをコピーしました