【小ネタ】『くちびるNetwork』のオリコン1位は操作されたものなのか?

『くちびるNetwork』(1986年1月29日発売)と言えば岡田有希子の最後のシングルにして最大のヒット曲で、彼女にとって唯一のオリコンシングルチャート1位獲得曲となっています。
しかし、この『くちびるNetwork』のオリコン1位には疑惑の声が挙がっているそうです。
それはオリコンの順位操作が行われたのではないかという疑惑です。
詳しい内容は後述しますが、1986年は52週中36週でおニャン子クラブ勢がオリコンシングルチャートで1位を獲得しており、岡田有希子が突然オリコン1位を獲得したことに違和感を感じる人がいてもおかしくありません。
確かに、あのニャンギラスですらオリコン1位を獲得したイカれた時代に、国生さゆりの『バレンタイン・キッス』(1986年2月1日発売)を抑えて今まで最高4位だった岡田有希子のシングルが1位を獲得したことは、不可思議な現象と言えます。
そこで、前回の記事にて1980年代にオリコンの週間シングルチャートで1位を獲得した女性アイドルを調べてみました。

1980年代にオリコンの週間シングルチャートで1位を獲得した女性アイドルの一覧表を作ったので、以下ご覧ください。

以下がその結果です。

<スポンサーリンク>
80年代にオリコンシングルチャート1位を獲得したアイドル
アイドル名獲得数初の1位獲得日
松田聖子24作1980年10月13日
薬師丸ひろ子3作1981年12月21日
岩崎宏美1作1982年6月7日
中森明菜18作1982年11月29日
わらべ1作1984年1月2日・9日
小泉今日子9作1984年4月2日
原田知世1作1984年10月22日
菊池桃子7作1985年3月11日
河合奈保子1作1985年6月24日
河合その子4作1985年9月16日
新田恵利4作1986年1月6日・13日
うしろゆびさされ組5作1986年2月3日
岡田有希子1作1986年2月10日
おニャン子クラブ6作1986年3月3日
吉沢秋絵2作1986年3月10日
ニャンギラス2作1986年4月14日
国生さゆり3作1986年5月19日
福永恵規1作1986年6月2日
城之内早苗1作1986年6月23日
高井麻巳子4作1986年7月7日
渡辺美奈代5作1986年7月28日
斉藤由貴1作1986年9月1日
渡辺満里奈4作1986年10月20日
南野陽子9作1987年1月19日
うしろ髪ひかれ隊1作1987年5月18日
荻野目洋子3作1987年6月29日
工藤静香6作1987年9月14日
浅香唯3作1987年9月21日
中山美穂5作1987年10月19日
風間三姉妹1作1987年10月26日
Wink4作1989年2月13日

以上のように、岡田有希子が『くちびるNetwork』でオリコン1位を獲得した当時はおニャン子クラブ勢の活躍が顕著で、岡田有希子の1位獲得は確かに浮いた感じがします。

この中から、おニャン子クラブ勢、テレビ番組の企画ユニットであった“わらべ”と風間三姉妹、更に70年代アイドルの岩崎宏美を除くと、オリコンシングルチャートで1位を獲得した女性アイドルは、80年代アイドルトップ3の松田聖子、中森明菜、小泉今日子、角川三人娘の薬師丸ひろ子、原田知世、アイドル四天王の中山美穂、南野陽子、浅香唯、工藤静香(おニャン子クラブ)、日本レコード大賞を獲得したWink、それ以外では、河合奈保子、菊池桃子、荻野目洋子、斉藤由貴、そして岡田有希子しかいないことになります。
では、以下の表もご覧ください。

80年代における最高売り上げシングル
アイドル名シングル名累計売上
薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃86.5万
松田聖子ガラスの林檎/Sweet Memories85.7万
中森明菜セカンド・ラブ76.6万
Wink愛が止まらない 〜Turn it into love〜64.5万
工藤静香恋一夜60.7万
原田知世時をかける少女58.7万
斉藤由貴夢の中へ40.8万
菊池桃子卒業-GRADUATION-39.4万
小泉今日子迷宮のアンドローラ/DUNK37.7万
中山美穂人魚姫36.5万
河合奈保子エスカレーション34.9万
荻野目洋子ダンシング・ヒーロー32.4万
南野陽子吐息でネット。30.4万
浅香唯C-Girl27.8万
岡田有希子くちびるNetwork23.1万

おニャン子クラブ勢とテレビ企画ユニットを除くと、岡田有希子の最高売り上げシングル(くちびるNetwork)は1980年代のオリコンシングルチャートで1位を獲得アイドルの中でもっとも少なくなっています。(工藤静香はおニャン子クラブブーム以降のヒット曲なので記載)
岩崎良美、柏原よしえ、三原順子、伊藤つかさ、松本伊代、早見優、本田美奈子などは、オリコン1位を獲得していないながらも『くちびるNetwork』以上の売り上げを誇るシングル曲があります。
これら事実を考えると、岡田有希子が『くちびるNetwork』で獲得したオリコン1位には、確かに多少の違和感を感じるかもしれません。

<スポンサーリンク>

ということで、当時のレコード売り上げに関する状況を考えてみましょう。
1980年代後半はレコードからCDへの移行期で、買い控え現象が起こりレコード(CD含む)の売り上げよくありませんでした。(1989年からはCDへの移行が進み売り上げが増える)
特に1985年から1987年は売り上げ低下が顕著で、1987年6月29日には荻野目洋子(さよならの果実たち)が当時の最低記録となる41,680枚でオリコン1位を獲得しています。(この記録はCD不況となる2005年まで破られなかった)
つまり、当時は少ない枚数でもオリコン1位を獲得することが出来たわけです。
そのため事務所の力を使って発売と同時にオリコン加盟店でレコードの大量購入をすれば、オリコン順位を操作することも可能だったと思われます。
1986年当時のレコードシングルは700円なため、700万円使って1万枚の自己購入を行えばオリコンランキングに大きな影響を与えることが出来ました。
岡田有希子は元々オリコントップ10に入る人気を得ていたでしょうから、ある程度の買い支えを行えばオリコン1位の獲得も可能だったと思われます。
デビュー当時の少女隊に30億円のプロモーション費が使われたことは有名な話ですが、1000万円程度の予算でオリコン1位の看板を貰えるなら費用対効果的にも十分宣伝効果が得られたと考えられるのです。
これが、岡田有希子の『くちびるNetwork』のオリコンチャートが操作されたのではないかと噂される根拠になっていると思われます。

現実的に、岡田有希子の『くちびるNetwork』のオリコン順位が操作されたかどうかについては分かりようもありません。
しかし、当時の日本レコード大賞などといった音楽賞の新人賞レースで、多額のお金が使われていたことは紛れもない事実です。
また岡田有希子と同じ事務所(サンミュージック)だった松田聖子は、オリコンシングルチャートで24作連続1位を獲得していましたが、独立して個人事務所所属になった途端にその記録が途絶えたりもしました。

『くちびるNetwork』の疑惑に関する判断は個人に任せますが、だからといって『くちびるNetwork』の評価が下がることもなく、私にとって『くちびるNetwork』は1980年代のアイドルソングの中でもトップレベルに好きな曲となります。

次回記事に続く・・・

前回の記事で、おニャン子クラブブームの中、それまで最高4位だった岡田有希子が『くちびるNetwork』で突然オリコン1位を獲得したことはおか...

当記事に登場したアイドルの記事

岡田有希子プロフィール 生年月日 1967年8月22日(没年:1986年4月8日) 芸能界入り スター誕...
おニャン子クラブプロフィール メンバー生年月日 下記参照 結成日 1985年4月1日 キャッチフレーズ - レ...
1980年代と言えば、数々の女性アイドルが誕生し、また多数のヒット曲が生まれたというイメージがあるかと思います。 しかし、それは事実で...
<スポンサーリンク>