昭和最後の歌姫『中森明菜』

中森明菜プロフィール

(2018年まで)

生年月日1965年7月13日
芸能界入りスター誕生!
キャッチフレーズちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)
レコードデビュー1982年5月1日(スローモーション)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1982年横浜音楽祭最優秀新人賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1984年日本テレビ音楽祭グランプリ(十戒)
1984年全日本歌謡音楽祭ゴールデングランプリ(十戒)
1984年メガロポリス歌謡祭ポップス大賞(サザン・ウインド)
1985年日本レコード大賞(ミ・アモーレ)
1985年FNS歌謡祭グランプリ(ミ・アモーレ)
1986年日本レコード大賞(DESIRE -情熱-)
1986年日本歌謡大賞(Fin)
1986年FNS歌謡祭グランプリ(DESIRE -情熱-)
1986年日本テレビ音楽祭グランプリ(DESIRE -情熱-)
1986年全日本歌謡音楽祭ゴールデングランプリ(Fin)
1986年メガロポリス歌謡祭ポップス大賞(ジプシー・クィーン)
1986年度日本ゴールドディスク大賞ザ・グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
1988年メガロポリス歌謡祭ポップス大賞(TATOO)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1982度年音楽新人賞
1984年度音楽賞
1986年度音楽賞
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
8回
代表曲
()内はオリコン最高順位
82年:スローモーション(30位)
82年:少女A(5位)
82年:セカンド・ラブ(1位)
83年:1/2の神話(1位)
83年:禁区(1位)
84年:北ウイング(2位)
84年:十戒 (1位)
84年:飾りじゃないのよ涙は(1位)
85年:ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕(1位)
86年:DESIRE -情熱-(1位)
86年:ジプシー・クイーン(1位)
87年:TANGO NOIR(1位)
87年:難破船(1位)
88年:TATTOO(1位)
90年:Dear Friend(1位)
91年:二人静 -「天河伝説殺人事件」より(3位)
他多数
ホームページhttps://nakamoriakina.com/
https://www.universal-music.co.jp/nakamori-akina/

デビュー当時は普通のアイドルだった中森明菜

デビュー当初の中森明菜は、ふっくらして可愛らしくいかにもアイドルといった感じで、髪型も当時流行りの『聖子ちゃんカット』でした。
しかしデビュー2、3年後にはとても華奢(きゃしゃ)な体に、一般的なアイドルと一線を画す洒落た衣装を着る独特な雰囲気を醸し出す歌手へと変貌していきました。
恐らくこれは1980年に引退した芸能界を引退した山口百恵を踏襲したもので、2年前にデビューした松田聖子と同じ路線では勝負できないと感じた当人や周囲の人たちによる戦略的要素もあったものと思われます。
とにもかくにも中森明菜にはこの路線が完全にハマり、80年代を代表するアイドルへと成長していきました。

中森明菜歌姫伝説

プロフィールの頁でも記載しましたが、中森明菜は1984年から1986年にかけて各音楽賞で大賞クラスの賞を多数獲得しています。
1985年には日本歌謡界における最高の賞である日本レコード大賞を獲得、翌年も日本レコード大賞を獲得し女性初の連覇(当時)となりました。
特に1986年は、主要な音楽賞で大賞・グランプリを完全制覇するなど、時代の寵児といえるほどの活躍でした。
※音楽賞が全盛だったのはおおよそ1975年から1990年にかけてですが、大賞・グランプリを完全制覇したのは、中森明菜の他に寺尾聡(81年)と近藤真彦(87年)だけです。

以上のように、中森明菜の歌手としての実績は日本歌謡界において最高レベルであり、美空ひばり、山口百恵と並ぶ『昭和の歌姫』と言っても過言ではないでしょう。

主要音楽祭の受賞者一覧!賞レースに翻弄されたアイドルたち
1970年代後半から1980年代には1年に1回開催される形の音楽賞が多数ありました。 そんな音楽賞における大賞相当の賞および最優秀新人賞相...

聖子派?or明菜派?

松田聖子が80年代アイドルの象徴であり頂点であることに疑う余地はありませんが、上記で示したように歌手の実績としては完全に中森明菜が勝っています。
特に松田聖子は1985年にかなり衝撃な形で結婚をしアイドルとしての地位が急落していたので、この頃を境に松田聖子と中森明菜の人気は完全に入れ替わっていったのでしょう。
このように僅かな期間で女性アイドルNO.1の座が入れ替わったので、ファンのちょっとした年齢差で聖子派と明菜派に別れたりすることもあります。
当の本人たちはあまり気に留めてなかったかもしれませんが、ファンの間では未だに聖子派vs明菜派で議論がされるほど2人のライバル関係は熾烈なものでした。

※ちなみに、著者は聖子派も認めている明菜派です。(^_^;)

80年代アイドルの象徴『松田聖子』
松田聖子プロフィール 生年月日 1962年3月10日 芸能界入り ミスセブンティーンコンテストからのスカウト キャ...

80年代最後の日

1989年7月11日、中森明菜は、当時恋人であった近藤真彦の自宅で自殺未遂をします。
1986年に音楽賞の大賞・グランプリを総なめにした中森明菜と、1987年に同じく音楽賞の大賞・グランプリを総なめにした近藤真彦のカップルは、日本の芸能史上最高クラスのビックカップルです。
そんな2人の関係の中で起こったあまりにショッキングな出来事に、日本人の多くの人が動揺したことと思われます。
この出来事自体も大きな衝撃でしたが、この件に関する記者会見を80年代最後の日となる1989年12月31日に行ったことは、一大ブームとなった80年代アイドルの終焉を感じさせるものでした。

その後の中森明菜

中森明菜は自殺未遂騒動から1年間芸能活動休止後、復帰第一弾シングル『Dear Friend』は見事にオリコン1位を獲得、また1992年に安田成美とW主演したドラマ『素顔のままで』は最高視聴率31.9%の大ヒットなど人気が回復した時期もありますが、しだい精神面に不安を抱えることが多くなり、芸能活動は先細りの状況となっていきます。
しかし復帰を期待する声も多数あり、2014年にはNHK歌合戦に出演しました。
当然ですが、私も中森明菜の完全復帰・復活を願う1人であります。

中森明菜の歌唱力に関するエピソード

ここでひとつ、中森明菜の歌唱力に関するエピソードを話したいと思います。
それはフジテレビの音楽番組『MUSIC FAIR』で高橋真梨子さんと共演したときの話です。

ご存知の通り、『MUSIC FAIR』は出演者が一緒に出演している人の楽曲を歌うことがコンセプトの1つで、この日もその例に漏れず、中森明菜は『for you』、高橋真梨子は『DESIRE -情熱-』を歌うことになります。
当時の私は、80年代アイドルの中でトップレベルの歌唱力をもつとされる中森明菜が、“ガチ中のガチ”である歌手・高橋真梨子とどれだけ渡り合えるのか楽しみに見ていました。
しかし、中森明菜の歌う『for you』は思ったより良くありませんでした。
一方、高橋真梨子は『DESIRE -情熱-』を見事に歌い上げ、本家を超えるようなパフォーマンスを見せつけます。
やはり本物の歌手と比べると、いくら中森明菜でも歌唱力は劣るのかと当時の私はショックを受けるのでした。

しかし今になって振り返ってみると、そんな簡単な話ではなかったと気付かされます。
『for you』という歌の歌詞は、当時の中森明菜にとって相当きつい内容だったと思われるのです。
この『MUSIC FAIR』の放送日は1991年4月でしたから、中森明菜は上記した近藤真彦との一件の傷が、おそらくまだ残っていたと思われます。
実際に、『for you』を歌っているときの中森明菜は異常なくらい目が泳いでいて、明らかに落ち着きがない様子でした。

本格復帰して間もない当時の中森明菜に対し、テレビとはいえ酷なことをするなと思うと共に、あのときの中森明菜が本調子だったら、高橋真梨子とどれくらい渡り合えたのかと思いをはせたりもします。

私の好きな明菜楽曲

私が好きな中森明菜の楽曲は、ズバリ

TATOO

です。
『ミ・アモーレ』、『DESIRE -情熱-』など日本レコード大賞受賞曲や、『飾りじゃないのよ涙は』など有名な曲が多数あるのに、なぜ『TATOO』を選ぶんだと思う人も多いかもしれません。
しかし、私は『TATOO』が大好きなのです。
『TATOO』は1988年というバブル期に発売された楽曲で、テレビなどで歌を披露する際はボディコン衣装に派手な演出というバブル感満載で、あの雰囲気が大好きなのです。
また、この『TATOO』で『サザン・ウインド』から続いていた中森明菜のシングル楽曲オリコン1位記録が途絶えたということを考えると、『TATOO』はアイドル・中森明菜としての1つの終着点と捉えることもでき、なんとも考え深いのです。

中森明菜おすすめ商品

ベスト・コレクション ~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~

80年代当時の中森明菜を懐かしみたい人にとっても、これから中森明菜を知りたい人にとっても、欠かせないのがベストアルバムですね。
『昭和の歌姫』とまで言われた中森明菜の歌声をぜひお聴きください。

中森明菜 5.1 オーディオ・リマスター DVDコレクション

中森明菜はアイドルなので、耳だけではなく目でも楽しみたいですよね?
そんな方には過去のコンサートをまとめたコレクションDVDがお勧めです。

中森明菜 THE LIVE DVD COMPLETE BOX

こちらもコンサートの『DVD BOX』ですが、中森明菜活動後期の1997年から2009年までに発売されたDVDをまとめたセットとなります。

中森明菜 プレミアム BOX ルーカス ~NHK紅白歌合戦 & レッツゴーヤング etc. [DVD]

アイドル全盛の時代だった80年代は音楽番組が多数ありましたが、上記のDVDはそんな中から中森明菜が出演したNHKの番組の映像をまとめたものです。
インターネットのなかった時代のテレビはとても影響力があり、パワーを感じます。

中森明菜 in 夜のヒットスタジオ [DVD]

こちらは、中森明菜が出演した『夜のヒットスタジオ』の映像をまとめたものです。

ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアム・ボックス [DVD]

こちらは、中森明菜が出演した『ザ・ベストテン』の映像をまとめたものです。

素顔のままで Blu-ray BOX

こちらは、中森明菜が初めて主演(安田成美とW主演)した連続ドラマ『素顔のままで』のBlu-rayセットになります。

はじめまして [DVD]

こちらは、中森明菜がデビューする前の映像が収められたDVDとなります。

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
80年代アイドルの記事一覧