秀樹の妹でヤックンの妻?『石川秀美』

石川秀美プロフィール

生年月日 1966年7月13日
芸能界入り 第2回『HIDEKIの弟妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション』グランプリ
キャッチフレーズ さわやか天使
レコードデビュー 1982年4月21日(妖精時代)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1982年メガロポリス歌謡祭最優秀新人賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
1回
代表曲
()内はオリコン最高順位
82年:ゆれて湘南(29位)
83年:Hey! ミスター・ポリスマン(10位)
84位:ミステリーウーマン(5位)
85位:もっと接近しましょ(4位)
85年:愛の呪文(7位)
他多数
ホームページ
記事本文を読む

ほんわか少女から梨園の妻へ『三田寛子』

三田寛子のプロフィール

生年月日 1966年1月27日
芸能界入り 雑誌『セブンティーン』への応募
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1982年3月21日(駈けてきた処女)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ https://puntolinea.jp/archives/artist/109

※プロフィール紹介のみとなります。

記事本文を読む


タッチの主題歌で大復活『岩崎良美』

岩崎良美のプロフィール

生年月日 1961年6月15日
芸能界入り 姉の仕事現場でのスカウト
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1980年2月21日(赤と黒)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1980年日本テレビ音楽祭最優秀新人賞
1980年横浜音楽祭最優秀新人賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1980年度音楽新人賞
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
1回
代表曲
()内はオリコン最高順位
85年:タッチ(12位)
85年:愛がひとりぼっち(10位)
85年:青春(B面)
86年:チェッ!チェッ!チェッ!(15位)
他多数
ホームページ https://iwasakiyoshimi.com/
https://www.knockoutinc.net/artists/?id=1423254238-934337

※プロフィール紹介のみとなります。

記事本文を読む

1980年代の歌番組事情

1970年代から1980年代にかけては歌番組が高い人気を博しており、1980年代以降は『夜のヒットスタジオ』、『ザ・ベストテン』、『ザ・トップテン』という3つ歌番組が“3大音楽番組”として君臨していました。
以上の歌番組はいずれもゴールデンタイムに放送されており、当時は歌番組がほとんどレギュラー放送されなくなった現在とは全く違う番組編成となっていたのです。
特にアイドルブームが訪れた1980年代は、テレビを付ければ常にアイドルが歌を歌っているような状態にまでなり、テレビとアイドルの深い関係性が築かれていきます。

そんな1980年代当時の歌番組事情を、以下で解説していきます。
まずは、当時の歌番組のデータをご覧ください。

記事本文を読む

1980年代にヒット曲を生んだアイドル以外の女性歌手

1970年代は、アイドル歌謡以外にも、歌謡曲、フォークソング、ニューミュージックなどといった多様なジャンルから有望な若い女性歌手が次々と誕生しました。
荒井由実(松任谷由実)、中島みゆき、竹内まりあ、高橋真梨子、テレサ・テン、矢野顕子、尾崎亜美、杏里、山本潤子、大貫妙子、久保田早紀、五輪真弓、八神純子、渡辺真知子、庄野真代、小坂明子、大橋純子、麻生よう子、内藤やす子、桑江知子、欧陽菲菲、研ナオコ、石川優子、松原みき、森田童子、山崎ハコ・・・1970年代の(アイドル以外の)女性歌手は数々のヒット曲を生み出し、その後の日本歌謡界に大きなインパクトを与えた人も多数存在しています。(この他に演歌歌手もいるがここでは言及しない)
しかし松田聖子がデビューした1980年以降、アイドルブームがより一層高まったことで、極一部の人を除きアイドル歌謡以外の分野で活躍する新人女性歌手が駆逐されてしまいます。

記事本文を読む