日本芸能史上最大のブームを起こした『ピンク・レディー』

ピンク・レディープロフィール

生年月日ミー:1958年3月9日
ケイ:1957年9月2日
芸能界入りスター誕生!
キャッチフレーズ
レコードデビュー1976年8月25日(ペッパー警部)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1978年日本レコード大賞(UFO)
1978年日本歌謡大賞(サウスポー)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1977年話題賞
1978年グラフ賞
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
4回
代表曲
()内はオリコン最高順位
76年:ペッパー警部(4位)
76年:S・O・S(1位)
77年:カルメン’77(1位)
77年:渚のシンドバッド(1位)
77年:ウォンテッド(指名手配)(1位)
77年:UFO(1位)
78年:サウスポー(1位)
78年:モンスター(1位)
78年:透明人間(1位)
78年:カメレオン・アーミー(1位)
79年:Kiss In The Dark(37位)※
他多数
※アメリカでの楽曲のため順位はビルボードランキング
ホームページ https://www.jvcmusic.co.jp/-/Profile/A000429.html
記事本文を読む

20世紀アイドルの生年月日一覧表

アイドル1人1人のことを書く前に、まずは20世紀に活躍した女性アイドルの生年月日をまとめたいと思います。
ここでまとめたアイドルについては、全員個別の記事またはある程度の人数をまとめた一括の記事を書きたいと思っているので、今後は当記事が目次としても使えるようになります。

それでは、20世紀アイドルの生年月日データをご覧ください。

記事本文を読む


20世紀アイドルのレコード/CDデビュー日一覧表

アイドル1人1人のことを書く前に、まずは20世紀に活躍した女性アイドルのレコードデビュー日及びCDデビュー日をまとめたいと思います。
ここでまとめたアイドルについては、全員個別の記事またはある程度の人数をまとめた一括の記事を書きたいと思っているので、今後は当記事が目次としても使えるようになります。

それでは、20世紀アイドルのデビューデータをご覧ください。

記事本文を読む

20世紀アイドルのキャッチフレーズ・キャッチコピーの一覧

このブログ、特にこの記事を見にくる人には説明不要でしょうが、かつてのアイドルには『キャッチフレーズ/キャッチコピー』というものがありました。
これはアイドルを売り出す戦略として大いに活用され、アイドルの名前と共に覚えている人も多いことでしょう。
レコード会社や所属事務所によっては付けられないアイドルもいましたが、1970年代から1980年代中盤までアイドルには大抵このキャッチフレーズが付いており、中には2つのキャッチフレーズが付いているアイドルも存在していました。
このアイドルのキャッチフレーズは、アイドルブームの終焉と共に1990年代になると一気に見られなくなり、今では見る機会が大幅に減っています。

今回は、このアイドルのキャッチフレーズ/キャッチコピーを、本当に使われていたか疑わしいものまで含めてまとめていきたいと思います。

記事本文を読む

ザテレビジョンドラマアカデミー賞の『主演女優賞』&『助演女優賞』&『新人俳優賞』歴代受賞者一覧

1980年代までは、松田聖子や中森明菜に代表される歌手をメインとして活動する人たちがアイドルの本流でしたが、1990年代に入ると歌番組も少なくなり、広末涼子や深田恭子のような女優業をメインとするアイドルが増えていきます。
彼女たちの活動でもっとも重要になるのはテレビドラマへの出演で、特にゴールデンタイムで放送される連続ドラマに出演(主演)することが重要視されました。
このような動きを察知してか、1クール(3か月)ごとの連続ドラマを対象とした賞レースが1994年より開催されます。

それが、『ザテレビジョンドラマアカデミー賞』です。

この賞は、名前を見れば分かる通りテレビ情報雑誌の『ザテレビジョン』が主催しているのですが、特に公開される授賞式などがあるわけではなく紙面で発表するだけなので、存在を知らない人も多いも多いことでしょう。
ということで、ここで『ザテレビジョンドラマアカデミー賞』の主演女優賞、助演女優賞、新人俳優賞の歴代受賞者をまとめていきたいと思います。

記事本文を読む