日本芸能史上最大のブームを起こした『ピンク・レディー』

ピンク・レディープロフィール

生年月日ミー:1958年3月9日
ケイ:1957年9月2日
芸能界入りスター誕生!
キャッチフレーズ
レコードデビュー1976年8月25日(ペッパー警部)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1978年日本レコード大賞(UFO)
1978年日本歌謡大賞(サウスポー)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1977年話題賞
1978年グラフ賞
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
4回
代表曲
()内はオリコン最高順位
76年:ペッパー警部(4位)
76年:S・O・S(1位)
77年:カルメン’77(1位)
77年:渚のシンドバッド(1位)
77年:ウォンテッド(指名手配)(1位)
77年:UFO(1位)
78年:サウスポー(1位)
78年:モンスター(1位)
78年:透明人間(1位)
78年:カメレオン・アーミー(1位)
79年:Kiss In The Dark(37位)※
他多数
※アメリカでの楽曲のため順位はビルボードランキング
ホームページ https://www.jvcmusic.co.jp/-/Profile/A000429.html

デビュー前から2人組だったピンク・レディー

ピンク・レディーは、アマチュア時代に『スター誕生!』に出演しデビューしたのですが、それ以前からヤマハボーカルスクールという音楽スクールに通い、2人で行動を共にしていました。
アイドルグループは、兄弟などの特別な事情がない限り、デビューする際に本人の意志に関係なく組まされることがほとんどで、デビューする前から2人組であったピンク・レディーはかなり珍しいケースと言えます。

多くのアイドルを輩出したお化け番組『スター誕生!』について
今まで書いてきたアイドルの松田聖子と宮沢りえを除き、ピンクレディーの2人、山口百恵、桜田淳子、森昌子、中森明菜、小泉今日子の7人には共通点が...

セクシー路線でデビュー

スター誕生!に出場したときのピンク・レディー(当時は本名の根本美鶴代と増田恵子で出場)は、オーバオールを着た素朴な感じの女の子という感じでしたが、デビューの際は過激な衣装を着たセクシー路線のアイドルに変貌しました。
このことは一部で問題となり、スター誕生!の審査員だった声楽家の松田トシなどは猛反発してそうですが、当の本人たちはセクシー路線に大きな抵抗がなかったようで、この路線は見事に大成功します。
ピンク・レディーの2人は、花の中三トリオよりデビューが3年から4年遅いわけですが、年齢は彼女たちより1つ上なため、正統派路線で勝負することは難しい当初から思っていたのかもしれません。

20世紀アイドルの生年月日一覧表
アイドル1人1人のことを書く前に、まずは20世紀に活躍した女性アイドルの生年月日をまとめたいと思います。 ここでまとめたアイドルについては...

日本芸能史上最大のブーム

セクシーな衣装もそうですが、あまり深い意味を持たせない阿久悠の歌詞、独特なダンスなどは、当時の日本歌謡界において斬新で、ピンク・レディーはデビューしてすぐに話題となり、デビュー2曲目の『S・O・S』から10曲目『カメレオン・アーミー』までで通算63週オリコンランキング1位を達成します。(平均すると1曲で7週1位を獲っっている)
特に1977年8月の第3週から1978年2月の第3週までは、28週のうち27週にわたりピンク・レディーが1位を獲得するという異常事態といえるほどの過熱したブームを巻き起こしました。
当時のピンク・レディーは余りにも忙しすぎて、『夜のヒットスタジオ』のリハーサルに出れず代わりに山口百恵と桜田淳子がリハーサルを行ったことすらあったそうです。(当時の山口百恵も十分殺人的スケジュールだったはずだが・・・)

21歳で引退した伝説のアイドル『山口百恵』
山口百恵プロフィール 生年月日 1959年1月17日 芸能界入り スター誕生!第5回決戦大会合格 キャッチフレーズ...

山口百恵との直接対決

70年代後半にピンク・レディーと双璧をなすようなアイドルだった山口百恵とは、1978年のレコード大賞で直接対決となりました。

ピンク・レディーの表題曲は『UFO』
山口百恵の表題曲は『プレイバックPart2』

どちらも、後にお互いの代表曲となる楽曲での勝負です。
ピンク・レディーは、この直接対決を見事に制しアイドルとして初めてレコード大賞を獲得、一方、山口百恵がレコード大賞を受賞することは終にありませんでした。

主要音楽祭の受賞者一覧!賞レースに翻弄されたアイドルたち
1970年代後半から1980年代には1年に1回開催される形の音楽賞が多数ありました。 そんな音楽賞における大賞相当の賞および最優秀新人賞相...

紅白辞退とアメリカ進出

レコード大賞を受賞するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった1978年、ピンク・レディーは紅白歌合戦の出場を辞退します。(ピンク・レディーが70年代に紅白歌合戦に出場したのは77年の1回のみ)
理由は、日本テレビが紅白の対抗番組して放送した『ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!!』に出演するためでしたが、当時のアイドル歌謡界で紅白歌合戦の出場辞退などは考えられず、一部で批判の声が上がります。
更に翌年の1979年以降は海外(主にアメリカ)へも進出しましたが、このような行動は、既存のファンの想いとはあまりにも差があり、日本でのピンク・レディー人気は一気に沈静化していくのでした。

そして解散・・・

1980年になって本格的なアメリカ進出を果たし、日本での活動が限定的となったピンク・レディーでしたが、アメリカで大きな活躍ができずに帰国。
この頃には日本でのピンク・レディーブームは完全に過ぎ去っており、日本の芸能界におけるピンク・レディーの居場所は既にありませんでした。
結果、帰国から間もなく解散を宣言し、1981年3月31日に解散コンサートをもって活動を停止します。
更にこの解散コンサートも、先に解散したキャンディーズに比べ盛り上がらなかったと酷評されるなど、ピンク・レディーの活動終盤はあまり有意義なものではありませんでした。

アメリカの進出は失敗だったのか?

ピンク・レディーの海外進出は失敗だったと言われていますが、実際は一定の活躍はしていました。
全米デビュー曲の『Kiss In The Dark』はビルボード(日本で言うオリコン)で最高37位を獲得し、日本人歌手としては坂本九に次ぐヒットとなりましたし、全米3大ネットワークのテレビで冠番組も持っていました。
しかし、日本人が期待していたほどの活躍はできず、また現地での扱いも決して良いものではなかったそうです。
そして、何よりも日本のファンを蔑ろにしてしまったことが最大の失敗だったと思われます。

解散後の活動

ピンク・レディーの解散後、ケイ(増田恵子と改名)は解散直後の1981年に『すずめ』がヒット、ミー(MIEと改名)は1984年に『NEVER』がヒットと、芸能活動を続けていた2人でしたが、あまりにもピンク・レディーのイメージが強すぎたためか、解散後の2人が芸能界で大きな活躍をしたとは言い難い状況でした。
これはどのアイドルにもある苦悩なのでしょうが、日本最大のブームを起こしたピンク・レディーの2人は、この苦悩をもっとも受けた人になるかもしれません。

期間限定?の再結成

ピンク・レディーは、1984年の期間限定再結成を皮切りに、
1989年
1996年
2003年
と再結成を繰り返しました。
そして2010年には解散を撤回し、ピンク・レディーとしてテレビ出演することも多くなります。
近年はピンク・レディーとしての活動は減っていますが、2017年にはレコード大賞の舞台で久しぶりにスペシャルメドレーを披露し、見事に還暦復帰を果たします。(当時ケイは60歳、ミーは59歳)

ピンク・レディーはなぜ流行り、なぜ失速したのか

ピンク・レディーが所属した事務所は、証券会社と保険会社を脱サラした2人が設立した新興の芸能事務所だったため、当時の芸能界にあった”過去のしきたり”などにとらわれない活動を行い、その斬新さがブームの要因になったと思われます。
しかし一方で独自路線が行き過ぎ、NHK紅白歌合戦の出場辞退やアメリカ進出など、既存のファンの気持ちを大切にしない行動が目立ち、人気の低下を極端に早めてしまったのでしょう。
また、そもそも論として、加熱しすぎたブームは冷めるのも早いという事実も人気低下の原因の1つだったと思います。

私の好きなピンク・レディー楽曲

個人的に、ピンク・レディーの楽曲でこれと言って好きな楽曲はありません。
ピンク・レディーの楽曲は、良い意味で1曲1曲聴かせるタイプの楽曲ではないので、全体的に雰囲気を楽しんでいます。
その中で意外に好きな楽曲として1つ挙げるとするなら、

Kiss In The Dark

です。

これは前記した通り全米デビューのシングル曲で、日本では大きなヒットはしていませんが、個人的には好きな楽曲です。

ピック・レディーのおすすめ商品

ゴールデン☆ベスト ピンク・レディー [CD]

こちらはピンク・レディーの一般的なベストアルバムです。
ピンク・レディーはヒット曲が多数あり、ベストアイドルもかなり発売されています。

アルバム・コレクション ペッパー警部~バイバイカーニバル [CD-BOX]

こちらは、ピンク・レディーの初期のアルバム4枚分を収めたCD-BOXになります。

サマー・ファイア’77(Live at 田園コロシアム 1977/7/26)[Web]

こちらは、ピンク・レディーのコンサートの模様を収めた音源で、『Amazon Music』ではピンク・レディーのコンサート音源が多数聴けるそうです。

PINK LADY LAST TOUR Unforgettable Final Ovation 豪華UFO型BOX版 [DVD]

こちらは、ピンク・レディーが2005年5月26日に東京国際フォーラムで行なったコンサートの模様を収めたDVDで、UFO型BOXの特別仕様版となります。Σ(゚Д゚)

ピンク・レディー in 夜のヒットスタジオ~フジテレビ秘蔵映像集~ [DVD]

こちらは、ピンク・レディーが人気歌番組『夜のヒットスタジオ』に出演した際の映像を収めたDVDとなります。

ピンク・レディーの活動大写真 [DVD]

こちらは、人気絶頂期のピンク・レディーが出演した映画となります。

飛べ!孫悟空 字幕版(ザ・ドリフターズ、ピンク・レディー) [Web]

こちらは、ピンク・レディーが出演していた人形劇の模様を収めた動画となります。

ブログ活動維持のために投げ銭制度を導入しました。
記事が気に入った方は、当ブログのサポートを是非ご検討ください。m(_ _)m

アンケート

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
70年代アイドルの記事一覧
70年代のアイドルグループ一覧

<スポンサーリンク>