ライジングプロ第2のアイドル『坂上香織』

坂上香織/坂上かおりプロフィール

80年代アイドルの坂上香織

生年月日 1974年7月29日
芸能界入り スカウト
キャッチフレーズ かおり、深呼吸。
CDデビュー 1988年8月24日(レースのカーディガン)
主要音楽賞受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
主要映画祭受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
((2023年まで)年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
88年:レースのカーディガン(7位)
88年:赤いポシェット(7位)
89年:プラトニックつらぬいて(9位)
他多数

スポンサーリンク

目次

坂上香織は『ライジングプロダクション』第ニのアイドル!

坂上香織は、小学6年生のとき(1986年10月)に地元の長崎県で行われた荻野目洋子のコンサート会場で、荻野目洋子が所属する『ライジングプロダクション』からスカウトされます。
後に観月ありさの台頭や沖縄アクターズスクールとの提携で一大芸能事務所となるライジングプロダクションですが、当時は荻野目洋子の1人しか所属していませんでした。
そもそもライジングプロダクションは、芸能プロモーターの平哲夫が荻野目洋子を売り出すために作った芸能事務所だったのです。
所属タレントが1人の芸能事務所だったとは言え、この時期の荻野目洋子は『ダンシング・ヒーロー』がヒットして既にメジャーアイドルの1人になっていたので、財政的なゆとりが生じた事務所は新しいタレントの発掘を模索していたのだと思われます。

アイドルの所属事務所一覧
1960年代までの芸能界は、渡辺プロダクション(小柳ルミ子、天地真理、キャンディーズらが在籍)がとても強い権力を持っていたのですが、1970年代に入るとホリプロ(森昌子、山口百恵らが在籍)やサンミュージック(桜田淳子らが在籍)が台頭...
記事本文は後日記載しますので少々お待ちください

私の好きな坂上香織楽曲

私が1番好きな坂上香織の楽曲は、

プラトニックつらぬいて

です。
坂上香織のシングルの中では1番明るい曲調でお気に入りです。(^o^)

スポンサーリンク

坂上香織のオススメ商品

ゴールデン☆ベスト [CD]

こちらは、坂上香織のベストアルバムになります。

突然炎のごとく [DVD]

こちらは坂上香織が主演した映画(WOWOWにて先行放送)で、相手役の1人は今や政治家として活躍する山本太郎となっています。

麗霆゛子レディース 総長最後の日 [DVD]

こちらは坂上香織が主要な役(主人公の異母妹)で出演した映画で、今やソロ歌手として累計CD販売数1位を記録している浜崎あゆみも主要キャストで出演しています。

クイズ

只今制作中・・・ 少々お待ちください。m(_ _)m

アンケート

2023年4月、ブログのリニューアルに伴いアンケートを新しいものに差し替えました。
投票数はリセットされているので、過去に投票した人も再びの参加をお待ちしております。
※90組以上から選択可能な本格的なアンケートは『こちらのページ』から!
あなたの好きな80年代アイドルは?(簡略版)

選択肢が足りない(増やす)
完全版へGO!
※こちらのアンケートは簡略版です。以下で示す『完全版』が本番のアンケートになりますので、そちらでの投票もお願いします。

※その他のアンケート・人気投票は『アンケート記事の一覧』から!

ホームページ・SNS

ホームページ:-
ブログ:-
Twitter:-
Instagram:kaorimasatomo
You Tube:-

関連記事

目次に戻る
20世紀アイドルのデビュー日一覧
20世紀アイドルの生年月日一覧
80年代アイドルの記事一覧

スポンサーリンク
【更新履歴】
2023年04月06日:プロフィール情報の記載、記事(文章部分)の一部記載、オススメ商品の記載、SNS情報の記載
1988年デビュー
プロフィール
究極DD(管理人)
【自己紹介】
名前:究極DD
年齢:思ったより若い
所在地:関東平野(情報が関東に偏る)
性格:生まれ持ってのデータ厨
好きなもの:女性アイドル
好きな番組:ザ・ベストテン
好きなドラマ:大映ドラマ
嫌いなもの:男性アイドル
専門分野:90年代の女性アイドルグループ
Twitter:https://twitter.com/idol20th
【サイト説明】
近年、You Tubeなどの動画サイトの影響か、中高生などの若い世代に70年代アイドル・80年代アイドル・90年代アイドルなどのファンが増えているそうです。
その一方で、インターネット環境の変化からサイトの閉鎖が相次ぎ、かつてネット上で書かれていたアイドルの情報が損失していっています。
自分はアイドルオタクというほどアイドルにハマっていたわけではありませんが、若い世代に20世紀に活躍したアイドルたちのことを語り継いでほしいので、自分の知り得るアイドルの情報を今のうちに書き残していきたいと思います。
アイドルブームの時代を生きた一般人目線のアイドル論を是非ご覧ください!
※執筆依頼は、『執筆依頼について』を参照してください。
フォローする
究極DD(管理人)をフォローする
20世紀アイドルの肖像

コメント

タイトルとURLをコピーしました