スター誕生一覧

数々の女性アイドルを輩出したオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ放送)の出身者(合格者)一覧です。

70年代アイドル最高の歌唱力?『岩崎宏美』

岩崎宏美プロフィール

生年月日 1958年11月12日
芸能界入り 松田トシや先代水谷八重子に弟子入り後、『スター誕生!』で合格
キャッチフレーズ 天まで響け岩崎宏美
レコードデビュー 1975年4月25日(二重唱(デュエット))
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1975年日本歌謡大賞優秀音楽放送賞(ロマンス)
1975年下期FNS歌謡祭最優秀新人賞(ロマンス)
1975年日本テレビ音楽祭優秀新人賞(ロマンス)
1975年全日本歌謡音楽祭最優秀新人賞(ロマンス)
1975年新宿音楽祭金賞
1975年下期銀座音楽祭グランプリ
1976年ABC歌謡新人グランプリ
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1982年日本歌謡大賞(聖母たちのララバイ)
1982年日本テレビ音楽祭グランプリ(聖母たちのララバイ)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1975年新人賞
1975年音楽新人賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
14回
代表曲
()内はオリコン最高順位
75年:二重唱(デュエット)(19位)
75年:ロマンス(1位)
78年:シンデレラ・ハネムーン(13位)
81年:すみれ色の涙(6位)
82年:聖母たちのララバイ(1位)
83年:家路(4位)
他多数
ホームページhttp://www.hiroring.com/
http://www.teichiku.co.jp/artist/iwasaki/

天皇陛下も好きだった『柏原よしえ』

柏原よしえ/柏原芳恵プロフィール

生年月日 1965年10月1日
芸能界入り スター誕生!
キャッチフレーズ ちょっと大物、夏ひとりじめ。よしえはNo.1。
レコードデビュー 1980年6月1日(No.1)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1981年グラフ賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
2回
代表曲
()内はオリコン最高順位
81年:ガラスの夏(21位)
81年:ハロー・グッバイ(6位)
82年:恋人たちのキャフェテラス(9位)
83年:春なのに(6位)
87年:A・r・i・e・s(13位)
他多数
ホームページhttps://www.universal-music.co.jp/kashiwabara-yoshie/


70年代のアイドルグループ一覧&メンバーまとめ

キャンディーズが登場して以降の1970年代は、多数の女性アイドルグループが誕生します。
1976年にデビューしたピンク・レディーなどは、もはや説明するまでもないでしょう。
そしてこの時代に誕生した女性アイドルグループは、大きく3つに大別することができるようです。

1つ目はキャンディーズの後を追って誕生した3人組アイドルで、特にキャンディーズが解散発表した後に多く登場しました。

2つ目がピンク・レディーの後を追って誕生した2人組アイドルで、ピンク・レディーの大成功に触発されたのか、ピンク・レディー活動時から続々と登場しています。

3つ目がザ・ピーナッツの引退、またはリンリンランランの成功を見て登場した双子のグループです。

これら以外に、4人以上の構成となるアイドルグループもいましたが、数はあまり多くないですし、そもそも全くと言っていいほど売れていません。
また1970年代の後半には、小学生で結成されたアイドルグループが何組か登場するのですが、年齢的にアイドルという括りに入るかどうか微妙なので、当ブログでは簡単な紹介にとどめます。

※2020年10月23日、主なメンバー紹介と『女性アイドルグループの元祖を探索する』の項目を追記。
※2021年3月19日、紹介するグループを3組追加。


彼女はなぜ自ら死を選んだのか?『岡田有希子』

岡田有希子プロフィール

生年月日 1967年8月22日(没年:1986年4月8日)
芸能界入り スター誕生!
キャッチフレーズ いつまでも、一緒にいてね。
ステキの国からやって来たリトル・プリンセス
レコードデビュー 1984年4月21日(ファースト・デイト)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1984年日本レコード大賞最優秀新人賞
1984年日本歌謡大賞優秀放送音楽新人賞
1984年FNS歌謡祭最優秀新人賞
1984年日本テレビ音楽祭最優秀新人賞
1984年全日本歌謡祭最優秀新人賞
1984年メガロポリス歌謡祭最優秀新人ダイヤモンド賞
1984年ヤング歌謡大賞・新人グランプリ
1984年新宿音楽祭金賞
1984年銀座音楽祭グランプリ
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1984年音楽新人賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(1985年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
84年:-Dreaming Girl- 恋、はじめまして(7位)
85年:二人だけのセレモニー (4位)
86年:くちびるNetwork(1位)
他多数
ホームページhttps://ps.ponycanyon.co.jp/okadayukiko/

※2021年3月14日、『岡田有希子がもし生きていたら』の項目を追記。


80年代アイドル第三の女『小泉今日子』

小泉今日子プロフィール

生年月日1966年2月4日
芸能界入りスター誕生!
キャッチフレーズ微笑少女(びしょうじょ)
レコードデビュー1982年3月21日(私の16才)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1982年日本テレビ音楽祭最優秀新人賞(素敵なラブリーボーイ)
1982年新宿音楽祭金賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1984年グラフ賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
1988年度毎日映画コンクール女優主演賞(快盗ルビイ)
2005年度ブルーリボン賞主演女優賞(空中庭園)
2008年度キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞(トウキョウソナタ、他)
2011年度毎日映画コンクール女優主演賞(毎日かあさん)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
2003年10~12月助演女優賞(マンハッタンラブストーリー)
2013年7~9月助演女優賞(あまちゃん)
2014年4~6月主演女優賞(続・最後から二番目の恋)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
6回
代表曲
()内はオリコン最高順位
83年:艶姿ナミダ娘(3位)
84年:渚のはいから人魚(1位)
84年:ヤマトナデシコ七変化(1位)
84年:The Stardust Memory(1位)
85年:なんてたってアイドル(1位)
86年:夜明けのMEW(2位)
86年:木枯しに抱かれて(3位)
89年:学園天国(3位)
89年:見逃してくれよ!(1位)
91年:あなたに会えてよかった(1位)
93年:優しい雨(2位)
94年:My Sweet Home(4位)
他多数
ホームページhttps://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000330.html