アイドル四天王一覧

アイドル四天王とは、1980年代後半に活躍した4人のトップアイドルです。

歌手と女優の両方でヒットを量産!『中山美穂』

中山美穂プロフィール

生年月日1970年3月1日
芸能界入りスカウト
キャッチフレーズ
レコードデビュー1985年6月21日(「C」)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1985年日本レコード大賞最優秀新人賞(「C」)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1988年FNS歌謡祭グランプリ(Witches)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1985年新人賞
1985年音楽新人賞
1988年音楽賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
1986年度エランドール新人賞※
1995年度ブルーリボン賞主演女優賞(Love Letter)
※エランドール新人賞はテレビドラマでの活躍を含んだ俳優賞
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
1995年1~3月主演女優賞(FOR YOU)
1998年10~12月主演女優賞(眠れる森 A Sleeping Forest)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
7回
代表曲
()内はオリコン最高順位
86年:色・ホワイトブレンド(5位)
86年:ツイてるねノッてるね(3位)
86年:WAKU WAKUさせて(3位)
87年:「派手!!!」(2位)
87年:You’re My Only Shinin’ Star(1位)
88年:人魚姫 mermaid(1位)
88年:Witches(1位)
90年:愛してるっていわない!(3位)
91年:Rosa(3位)
91年:遠い街のどこかで…(3位)
92年:世界中の誰よりきっと(1位)※
94年:ただ泣きたくなるの(1位)
他多数

※中山美穂&WANDS名義

ホームページhttps://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10057

※2019年10月30日、モデル時代の話を追記しました。
※2020年10月26日、『中山美穂とTBSのホームコメディドラマ』の項目を追記しました。


アイドル四天王の様々データ比較と関係性の検証

アイドル文化が花開いた1980年代前半は、松田聖子を筆頭に花の82年組と呼ばれた中森明菜、小泉今日子、堀ちえみ、松本伊代などの女性アイドルが大活躍しました。
しかし1980年代後半になると彼女たちの勢いも落ち、ファンも新たなアイドルを求めていくようになります。
そんな時代に人気を得たのが、中山美穂、南野陽子、浅香唯、工藤静香という4人の女性アイドルで、アイドル四天王と呼ばれるに至ります。

このアイドル四天王の誰が1番人気だったのか?
またはアイドル四天王はどんな関係性だったのか?

などなど、アイドルファンはアイドル四天王に関することで気になることも多々あることでしょう。
とうことで、以下でアイドル四天王の比較や関係性を探っていきたいと思います。


80年代後半から90年代前半のヒット曲メーカー『工藤静香』

工藤静香プロフィール

生年月日1970年4月14日
芸能界入り子役→『第3回ミス・セブンティーンコンテスト』特別賞
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1985年1月21日(ス・キ・ふたりとも!)※セブンティーンクラブとして
1986年7月21日(お先に失礼)※おニャン子クラブとして
1987年5月7日(時の河を越えて)※うしろ髪ひかれ隊として
1987年8月31日(禁断のテレパシー)※ソロとして
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
8回
代表曲
()内はオリコン最高順位
88年:抱いてくれたらいいのに(3位)
88年:FU-JI-TSU(1位)
88年:MUGO・ん…色っぽい(1位)
88年:恋一夜(1位)
89年:嵐の素顔(1位)
89年:黄砂に吹かれて(1位)
90年:くちびるから媚薬(1位)
91年:メタモルフォーゼ(2位)
92年:めちゃくちゃに泣いてしまいたい(4位)
93年:慟哭(1位)
94年:Blue Rose(8位)
96年:激情(6位)
97位:A.S.A.P.(3位)※石橋貴明とのデュエット『Little Kiss』として
98年:きらら(6位)
98年:in the sky(きららのカップリング曲)
他多数
ホームページhttps://shizuka-kudo.net/

実は苦労人?三代目麻宮サキ『浅香唯』

浅香唯プロフィール

生年月日1969年12月4日
芸能界入り『ザ・スカウトオーディション’84』浅香唯賞
キャッチフレーズフェニックスから来た少女
レコードデビュー 1985年6月21日 夏少女
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
88年:C-Girl(1位)
88年:セシル(1位)
他多数
ホームページhttp://www.yui-asaka.com/

80年代後半にアイドルファンの心を1番掴んだ『南野陽子』

南野陽子プロフィール

生年月日1967年6月23日
芸能界入りオーディション
キャッチフレーズ純だね陽子
レコードデビュー1967年6月23日(恥ずかしすぎて)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1987年度グラフ賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
1987年度日本アカデミー賞新人俳優賞(スケバン刑事)
1987年度毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞(スケバン刑事、他)
1987年度エランドール新人賞※
※エランドール新人賞はテレビドラマでの活躍を含んだ俳優賞
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2021年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
87年:話しかけたかった(1位)
87年:はいからさんが通る(1位)
87年:吐息でネット。(1位)
他多数
ホームページhttp://kdash.jp/kdash/profile/archives/7
https://ja-jp.facebook.com/nannoclub.three/