90年代のアイドルグループ完全一覧&メンバーまとめ

80年代アイドルは基本的にソロで活動をしていましたが、1990年代に入るとグループ型のアイドルが増え、アイドルグループの全盛期を迎えます。
特に『夕やけニャンニャン』と『おニャン子クラブ』のような、テレビ番組とタイアップされたアイドルグループが次々と誕生していきました。

しかしアイドルグループが次々と誕生したということは、出来ては消えるを短期間で繰り返したということであり、グループ内で芽の出なかったメンバーたちは別のグループに再加入するということが、1990年代のアイドル界では頻繁するのです。
このように、90年代のアイドルグループのメンバーには意外な横の繋がりがあったりして面白いので、90年代のアイドルグループについては、70年・80年代のアイドルグループの記事よりも内容を大幅にボリュームアップしてまとめていきたいと思います。(本当に物凄いボリュームの記事になったので覚悟してお読みください)
また、90年代のアイドルグループの中には後の芸能界で大活躍する人たちも多数存在していて、この人が元アイドルだったのかと驚くケースも多々あるかと思います。

※有名なアイドルグループや個人については個別の記事を書く予定なので、説明が変に簡素なものは別途記事を書くグループもしくはアイドルと思ってください。

記事本文を読む

80年代の主要アイドルグループ一覧&メンバーまとめ

キャンディーズが1978年に、ピンク・レディーが1981年に解散してしまい、この2組の解散ショックからか、1980年代は女性アイドルグループがほとんどヒットしませんでした。
そんな1980年代も半ばとなった1985年に『おニャン子クラブ』という全く新しい形のアイドルグループが登場し、大きな話題をさらったのが1980年代の女性アイドルグループ事情です。(おニャン子クラブのきっかけとなるオールナイターズがその前年に誕生している)
更に1988年デビューのWinkの登場で、キャンディーズやピンク・レディーの流れを組み込んだ正統派なアイドルグループも復活します。

ソロ活動が基本だった1980年代のアイドル界で、世間一般にまで浸透した女性アイドルグループは、おニャン子クラブとWink程度しかいません。
とは言え、1980年代はアイドルブームが真っ盛りの時期で、アイドルグループの数はそれなりに多く存在していました。
しかし有望なアイドルはみんなソロ活動をしていた時代なので、おニャン子クラブとWinkを除き1980年代のアイドルグループに有名な人が在籍したという事実はほとんどありません。
ということで、80年代のアイドルグループは数をそれなりに厳選して紹介したいと思います。(80年代のマイナーアイドルについては、ソロ・グループを問わずいずれ記事にしたいと思っています)

記事本文を読む


70年代のアイドルグループ一覧&メンバーまとめ

キャンディーズが登場して以降の1970年代は、多数の女性アイドルグループが誕生します。
1976年にデビューしたピンク・レディーなどは、もはや説明するまでもないでしょう。
この時代に誕生した女性アイドルグループは、大きく3つに大別することができます。

1つ目はキャンディーズの後を追って誕生した3人組アイドルで、特にキャンディーズが解散発表した後に多く登場しました。

2つ目がピンク・レディーの後を追って誕生した2人組アイドルで、ピンク・レディーの大成功に触発されたのか、ピンク・レディー活動時から続々と登場しています。

3つ目がザ・ピーナッツの引退、またはリンリンランランの成功を見て登場した双子のグループです。

これら以外に、4人以上の構成となるアイドルグループもいましたが、数はあまり多くないですし、そもそも全くと言っていいほど売れていません。
また1970年代の後半には、小学生で結成されたアイドルグループが何組か登場するのですが、年齢的にアイドルという括りに入るかどうか微妙なので、当ブログでは簡単な紹介にとどめます。

記事本文を読む

元祖女性アイドルグループ・キャンディーズ

キャンディーズプロフィール


ゴールデン★アイドル キャンディーズ [ キャンディーズ ]

メンバー生年月日 伊藤蘭(ラン):1955年1月13日
田中好子(スー):1956年4月8日
藤村美樹(ミキ):1956年1月15日
芸能界入り スクールメイツ出身
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1973年9月1日(あなたに夢中)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデンアロー賞
受賞歴
81年演劇新人賞(伊藤蘭)
紅白歌合戦出場回数
(2018年まで)
3回
代表曲
()内はオリコン最高順位
75年:年下の男の子(9位)
75年:ハートのエースが出てこない(11位)
76年:春一番(3位)
77年:やさしい悪魔(4位)
77年:暑中お見舞い申し上げます(5位)
78年:微笑がえし(1位)
他多数
ホームページ http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/candies/
記事本文を読む