コラム一覧

当カテゴリは、アイドル個人のことではなく20世紀におけるアイドル界全体に関する記事の一覧です。

時代ごとのアイドルとアニメ(アニメソング)の関係性

いきなりですが、以下のアニメとその主題歌の一覧をご覧ください。

アニメ名主題歌歌手
みなしごハッチみなしごハッチ島崎由理
あしたのジョーあしたのジョー尾藤イサオ
エースをねらえ!エースをねらえ!大杉久美子
キャンディ♥キャンディキャンディ♥キャンディ堀江美都子
キューティーハニーキューティーハニー前川陽子
科学忍者隊ガッチャマンガッチャマンの歌子門真人
宇宙戦艦ヤマト宇宙戦艦ヤマト佐々木功
デビルマンデビルマンの歌十田敬三
魔女っ子メグちゃん魔女っ子メグちゃん前川陽子

これは1970年代に流行ったアニメとその主題歌の一覧で、多くの人は何となく主題歌が頭に浮かぶのではないでしょうか?
これらアニメの主題歌は、アニメの内容がそのまま歌詞になっていて、そのアニメでしか使えないような楽曲となっています。(曲名もほとんどアニメのタイトル通り)
1970年代のアニメは、ほとんど例外なくこういった主題歌がアニメに採用されていました。
歌唱している人もほとんどがアニメソングを専門的に扱う歌手で、当時はこのような歌手たちが一般的な歌謡曲を歌う歌手よりも低く見られていたのです。

そして1981年、このような考えを大きく変えるアニメが登場します。

記事本文を読む

1980年代の歌番組事情

1970年代から1980年代にかけては歌番組が高い人気を博しており、1980年代以降は『夜のヒットスタジオ』、『ザ・ベストテン』、『ザ・トップテン』という3つ歌番組が“3大音楽番組”として君臨していました。
以上の歌番組はいずれもゴールデンタイムに放送されており、当時は歌番組がほとんどレギュラー放送されなくなった現在とは全く違う番組編成となっていたのです。
特にアイドルブームが訪れた1980年代は、テレビを付ければ常にアイドルが歌を歌っているような状態にまでなり、テレビとアイドルの深い関係性が築かれていきます。

そんな1980年代当時の歌番組事情を、以下で解説していきます。
まずは、当時の歌番組のデータをご覧ください。

記事本文を読む


1980年代にヒット曲を生んだアイドル以外の女性歌手

1970年代は、アイドル歌謡以外にも、歌謡曲、フォークソング、ニューミュージックなどといった多様なジャンルから有望な若い女性歌手が次々と誕生しました。
荒井由実(松任谷由実)、中島みゆき、竹内まりあ、高橋真梨子、テレサ・テン、矢野顕子、尾崎亜美、杏里、山本潤子、大貫妙子、久保田早紀、五輪真弓、八神純子、渡辺真知子、庄野真代、小坂明子、大橋純子、麻生よう子、内藤やす子、桑江知子、欧陽菲菲、研ナオコ、石川優子、松原みき、森田童子、山崎ハコ・・・1970年代の(アイドル以外の)女性歌手は数々のヒット曲を生み出し、その後の日本歌謡界に大きなインパクトを与えた人も多数存在しています。(この他に演歌歌手もいるがここでは言及しない)
しかし松田聖子がデビューした1980年以降、アイドルブームがより一層高まったことで、極一部の人を除きアイドル歌謡以外の分野で活躍する新人女性歌手が駆逐されてしまいます。

記事本文を読む

アイドルブームを支えたドラマ作品群『大映ドラマ』

日本のテレビ界では、1970年代から1980年代にかけて、あるドラマ制作会社に大きな注目が集まりました。
それは映画会社の大映から分社化された大映テレビで、この大映テレビが作るドラマが『大映ドラマ』と呼ばれ大きな話題となったのです。
この大映ドラマの特徴は、

・突拍子もないストーリー展開
・現実を完全に無視した数々の出来事
・過剰すぎる演出
・出演俳優の異常な偏り(役柄も似通う)

などで、今の若者が予備知識なしで観たら、度肝を抜かれること間違いなしです。(;^_^A

特に突拍子もない演出やストーリーで話題になるのが1980年代で、アイドルブームと相まって、この大映ドラマは女性アイドルが主役を務めることが定番となりました。
なぜアイドルが主演をしたかというと、あまりに滅茶苦茶なストーリー展開で本格的な女優が主役を演じたら、芝居が浮きすぎて観ていられないのです。
正直な話、大映ドラマはアイドルが主役を務めるからこそ許せるようなドラマであり、そういった意味ではアイドルドラマであると言えるかもしれません。
そもそもアイドル文化が始まるきっかけとなった『おくさまは18歳』自体も、大映テレビの制作でした。

世間的に『大映ドラマ』と一括ににされるのは、TBSの火曜日20時台で1983年4月19日から9月27日まで放送された『高校聖夫婦』からで、この枠では続いて『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』が放送され大きな人気を博すこととなります。
この枠ではトータル7作の大映ドラマが生まれ、当時は大映ドラマ枠と言われるほどでした。
このような人気にあやかって、フジテレビも1984年10月から水曜日の20時台で大映テレビ制作枠を設けます。

大映ドラマに出演していた代表的なアイドルは、堀ちえみ、伊藤麻衣子、伊藤かずえの3人です。
1983年10月18日から1984年3月27日まで放送された堀ちえみ主演の『スチュワーデス物語』は、最高視聴率26.8%を獲得、同じ枠で続けて(1984年4月17日から9月25日まで)放送された伊藤麻衣子主演の『不良少女と呼ばれて』も最高視聴率27.9%と人気を博します。
そして、伊藤かずえは大映ドラマにもっとも出演したアイドルとして知られています。

大映ドラマのストーリー構成は、2つの種類に大別されると言っていいでしょう。
1つは、堀ちえみがよく出演していた、主人公がいじめにや嫌がらせに耐え抜きながらも最終的に幸せを掴むという少女漫画的なストーリーで、もとを正せばシンデレラから続くような古典的な物語と言えます。
もう1つは、『不良少女と呼ばれて』以降続く不良少女もので、これは当時の時代背景はもちろん、1983年2月15日から3月29日まで放送され、最終回に45.3%という圧倒的な視聴率を獲得したドラマ『積木くずし』の影響があると思われます。(『積木くずし』は大映ドラマではない)

こういった大映ドラマの手法や不良少女を題材としたドラマは他の制作会社にも影響を与え、東映が制作した『スケバン刑事』は大映ドラマの影響を強く受けた作品でした。
更に派生の派生として、ユニオン映画は『セーラー服反逆同盟』を制作するのですが、ここまでくると突拍子すぎて何が何だかわからないレベルにまで達していました。Σ(゚Д゚)
1980年代後半は、このようなあり得ない設定のドラマが競うように作られ、1987年10月21日から1988年4月20日までに放送された大映ドラマ『プロゴルファー祈子』は、始まって5分で『そんなアホな・・・』と言いたくなったことを覚えています。(;^_^A

というわけで、話が長くなりましたが以下に1970年代から1990年代初頭までに放送された大映ドラマをまとめます。

記事本文を読む

おばけ番組『8時だョ!全員集合』とアイドルたち

1969年10月4日から1985年9月28日まで、視聴率30%越えは当たり前というというお化け番組が放送されました。(初期のころに半年間休止期間あり)

それが、伝説的なコント番組『8時だョ!全員集合』です。

そして、この『8時だョ!全員集合』に多数のアイドルが出演していたことはご存知の方も多いことでしょう。
『8時だョ!全員集合』に出演したアイドルは、歌の披露はもちろん番組後半のコーナーである

『少女少女合唱隊』
『陽のあたる坂道』

などに出演することが定番でした。
その他にも、志村けんと桜田淳子の夫婦コントなどはとても有名で、他のドリフターズ出演番組でも披露されたほどです。

ただし、今回書きたいのはそのようなゲスト出演したアイドルのことではなく、『8時だョ!全員集合』にレギュラー出演していたアイドルたちのことなのです。
世間的にあまり知られていませんが、『8時だョ!全員集合』には開始間もなくから女性アイドルグループがレギュラー出演しており、一部のアイドルマニアからはB級アイドルグループの宝庫と言われています。
当記事では、そんな『8時だョ!全員集合』にレギュラー出演したアイドルグループをまとめていきます。

記事本文を読む