1982年デビュー一覧

1982年にデビューした女性アイドルの一覧です。

※日本レコード大賞を主とした各音楽賞の選考期間の関係で、同じ年にデビューしていても同期として扱われないケースがあります。

秀樹の妹でヤックンの妻?『石川秀美』

石川秀美プロフィール

生年月日 1966年7月13日
芸能界入り 第2回『HIDEKIの弟妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション』グランプリ
キャッチフレーズ さわやか天使
レコードデビュー 1982年4月21日(妖精時代)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1982年メガロポリス歌謡祭最優秀新人賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
1回
代表曲
()内はオリコン最高順位
82年:ゆれて湘南(29位)
83年:Hey! ミスター・ポリスマン(10位)
84位:ミステリーウーマン(5位)
85位:もっと接近しましょ(4位)
85年:愛の呪文(7位)
他多数
ホームページ

ほんわか少女から梨園の妻へ『三田寛子』

三田寛子のプロフィール

生年月日 1966年1月27日
芸能界入り 雑誌『セブンティーン』への応募
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1982年3月21日(駈けてきた処女)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ https://puntolinea.jp/archives/artist/109

※プロフィール紹介のみとなります。



水着キャンペーンガールの一覧

以前記載した1990年代に一大ブームを起こすグラビアアイドルと密接に関係する存在として、水着キャンペーンガールも忘れてはなりません。
1960年代後半に登場した水着キャンペーンガールは、水着を着た若い女性の代表として1990年代前半まで活躍しますが、1990年代後半以降、徐々にグラビアアイドルに取って代わられていきます。
キャンペーンガールの目的はあくまで該当企業のキャンペーンということで、あまり世間に知られていないモデルが選ばれるケースが多く、稀にアイドルなどの有名芸能人が混じっているくらい感じでした。
そしてこのキャンペーンガールは、グラビアアイドルと違って就任期間中にバラエティー番組に進出して芸能界で活躍する人はほとんどおらず、あくまで該当企業のアピール活動やモデル業に活動の範囲をとどめていましたが、キャンペーンガール卒業後に芸能界で活躍した人は多数存在しています。
特にこの傾向が強まるのが1980年代後半以降で、1990年代はキャンペーンガール出身者が芸能界で大活躍することとなります。


大映ドラマ最多出演女優『伊藤かずえ』

伊藤かずえプロフィール

生年月日 1966年12月7日
芸能界入り 子役出身
キャッチフレーズ
レコードデビュー 1978年7月(ひとりぽっちの村祭り)※神奈かずえとして
1982年4月21日(哀愁プロフィール)※伊藤かずえとして
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ https://www.horipro.co.jp/itokazue/

スチュワーデス物語で大ブレイク『堀ちえみ』

堀ちえみプロフィール

生年月日 1967年2月15日
芸能界入り 第6回『ホリプロスカウトキャラバン』グランプリ
キャッチフレーズ GOOD FRIEND
レコードデビュー 1982年3月21日(潮風の少女/メルシ・ボク)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
1回
代表曲
()内はオリコン最高順位
82年:待ちぼうけ(26位)
83年:さよならの物語(8位)
83年:夏色のダイアリー(6位)
83年:夕暮れ気分(8位)
84年:稲妻パラダイス(5位)
85年:リ・ボ・ン(2位)
他多数
ホームページ https://www.shochikugeino.co.jp/talents/horichiemi