ボクたちシリーズ主演一覧

ボクたちのドラマシリーズ&ぼくたちの映画シリーズで主演した女性アイドルの一覧です。

分散化する90年代アイドル② 『グラビアアイドルの台頭』

1990年代に既存のアイドル定義が崩れ去った最大の原因は“グラビアアイドル”の存在にあります。
1990年以前にもグラビアで活躍するモデルや水着キャンペーンガールなどはいましたが、1990年以降に誕生するグラビアアイドルはこういった人たちと微妙に異なる存在でした。
1980年代までのグラビアモデルや水着キャンペーンガールは足が長くスラッとしたスタイル(俗に言うモデル体型)の人がほとんどなのですが、グラビアアイドルはモデル体型というよりもグラマラスで健康的なスタイルの人がほとんどです。

更に、1980年代までのグラビアモデルや水着キャンペーンガールと1990年代以降のグラビアアイドルには活動的な違いもあります。
水着キャンペーンガールはテレビなどで紹介されることがあっても、水着を着ている女性としてだけの扱いで全く会話をしないか簡単な自己紹介をする程度でしかありませんでした。
一方、グラビアアイドルはバラエティ番組にどんどん出演し、その中でトークはもちろんゲーム、コント、レポーターなど様々な活動を行っていました。
これは1980年代までのアイドル(アイドル歌手)が行っていたことであり、そのため彼女たちのことをグラビアモデルではなく“グラビアアイドル”という名前で呼ぶわけです。
1990年代は歌番組がなくなってきているので、グラビアアイドルのような歌手以外の活動をメインとした新しいアイドル像が誕生するのも当然といえば当然の話と言えるでしょう。

こういった当時の状況について、分かりやすい例がいくつかあります。
例えば1990年に一回終了した女性アイドルを対象とするコンテスト『ミスマガジン』は、『ミスヤングマガジン』としてグラビアアイドルに特化する形で1996年に復活、ヤングマガジンのライバル誌のヤングジャンプも『全国女子高生制服コレクション』として同じようなコンテストを1992年から実施しています。
更に、1992年に始まった『フジテレビビジュアルクイーン』は1995年あるいは1996年以降にグラビアドルに特化したプロジェクトに変化し、同様のシステムとして『日テレジェニック』も1998年から始まります。
以上のことから分かるように、1990年代中盤以降は何かとグラビアアイドルが注目される時代だったのです。

この時代、特に台頭したグラビアアイドル系の芸能事務所が『イエローキャブ』で、雛形あきこ、山田まりあ、小池栄子、佐藤江梨子などの有名グラビアアイドルを次々と世に送り出します。
また、1990年代後半以降には新たな勢力(芸能事務所)として、『アバンギャルド』や『アーティストハウス・ピラミッド』所属のグラビアアイドルも台頭してきました。

当サイトではこのようなグラビアアイドルのことをあまり大きく扱いませんので、この場で一気に紹介させていただきます。

※2021年4月5日、レースクイーン出身者の情報を追加しました。


元祖バラエティモデル『吉川ひなの』

吉川ひなのプロフィール

生年月日 1979年12月21日
芸能界入り スカウト
初出世作 テレビ番組『学校では教えてくれないこと!!』(1994年11月)
CDデビュー 1997年5月16日(ハート型の涙)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1997年度グラフ賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
1997年日本アカデミー賞新人俳優賞(瀬戸内ムーンライト・セレナーデ、デボラがライバル)
1997年度毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞(瀬戸内ムーンライト・セレナーデ)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ

※プロフィール紹介のみとなります。



平成の歌姫・安室奈美恵を輩出した『SUPER MONKEY’S』

SUPER MONKEY’Sプロフィール

メンバー生年月日下記参照
結成日1991年
出世作 CM『ロッテ シリアルアイス』
CDデビュー 1992年9月16日(恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
【安室奈美恵】
1996年日本レコード大賞(Don’t wanna cry)
1996年日本ゴールドディスク大賞
1997年日本レコード大賞(CAN YOU CELEBRATE?)
2018年日本ゴールドディスク大賞アーティスト・オブ・イヤー
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1995年音楽賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
【安室奈美恵】
10回

【MAX】
5回

※『SUPER MONKEY’S』として森口博子のバックダンサーで1回

代表曲
()内はオリコン最高順位
【SUPER MONKEY’S】
93年:愛してマスカット(67位)
94年:PARADISE TRAIN(137位)
95年:TRY ME 〜私を信じて〜(8位)
他多数

【安室奈美恵】
95年:太陽のSEASON(5位)
95年:Stop the music(4位)
95年:Body Feels EXIT(3位)
95年:Chase the Chance(1位)
96年:Don’t wanna cry(1位)
96年:You’re my sunshine(1位)
96年:SWEET 19 BLUES(2位)
96年:a walk in the park(1位)
97年:CAN YOU CELEBRATE?(1位)
97年:How to be a Girl(1位)
97年:Dreaming I was dreaming(1位)
98年:I HAVE NEVER SEEN(1位)
99年:RESPECT the POWER OF LOVE(2位)
00年:NEVER END(2位)
08年:NEW LOOK(1位)※
他多数
※シングルCD『60s 70s 80s』にある楽曲

【MAX】
95年:Kiss me Kiss me, Baby(63位)
96年:TORA TORA TORA(19位)
96年:Seventies(7位)
96年:GET MY LOVE!(4位)
97年:Give me a Shake(1位)
97年:Love is Dreaming(4位)
98年:閃光-ひかり-のVEIL(5位)
98年:Ride on time(4位)
98年:Grace of my heart(2位)
99年:一緒に・・・(8位)
他多数

ホームページ 【安室奈美恵】

※引退に伴い全てのサイトが閉鎖

【MAX】

MAXのオフィシャルウェブサイト。ニュース、プロフィール、ダイアリーなど。
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

※2020年10月16日、“初ヒット曲『TRY ME 〜私を信じて〜』”の項目を追記しました。


芸能界を自由奔放に駆け抜けた『榎本加奈子』

榎本加奈子プロフィール

生年月日 1980年9月29日
芸能界入り スカウト
初出世作 CM『雪見だいふく(ロッテ)』(1995年)
CDデビュー 2002年6月19日(好きになっちゃった)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ

※プロフィール紹介のみとなります。


三井住友VISAカードのCMに20年間出演『中山エミリ』

中山エミリプロフィール

生年月日 1978年10月8日
芸能界入り スカウト
初出世作 ドラマ『おれはO型・牡羊座』(1994年)
CDデビュー 1996年11月21日(Private Eyes)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ
東京都港区白金台の芸能プロダクション【株式会社ボックスコーポレーション】のオフィシャルサイト。所属タレントの公式プロフィールや最新情報など掲載。

※プロフィール紹介のみとなります。