1987年度生まれ一覧

1987年4月2日から1988年4月1日に生まれたアイドルの一覧です。

※1987年度生まれは、当サイトの個別記事で扱うもっとも若い人となります。

声優に転身したアイドルたちの一覧

今でこそ声優の養成学校・専門学校は当たり前に存在していますが、1980年代までの声優は実写作品での仕事が減ってしまった俳優や女優が務めることがほとんどで、最初から声優を目指すという人もまずいませんでした。
こういった当時の声優界の状況はアイドルにも影響し、アイドルで芽が出ずに声優に転身する人も出てきます。
そんなアイドルから声優に転身し成功した人を以下にまとめますが、アイドル時代に売れずに声優に転身してから世に知られるようになっているので、“この人はアイドルだったの!?”と驚く人もいるかもしれません。
また、アイドルからアニソン歌手となった人も同様にまとめます。

※アイドルや女優業をこなしながら声優をしている人ではなく、ハッキリと声優・アニソン歌手に転身した人のみの記載となります。


分散化する90年代アイドル③『チャイドルの誕生』

1980年代後半は、1971年から1974年に起こった第二次ベビーブーム影響で子供の数も多かったかともあり、小学校を舞台としたドラマあるいは小学生にスポットライトを当てたドラマが多数作られました。
そのため、人気のある子役は多数のドラマに出演するということが一般的になっていきます。
この時代、小学生子役に注目が集まった作品として著名なものは田村正和主演の学園ドラマ『うちの子にかぎって…』で、小学5年生のことを扱ったドラマでした。(実際に出演している子役が小学5年生なわけではない)
特に『うちの子にかぎって…パート2』(1985年放送)に出演した

川口智子(1973年5月3日生まれ)
西尾真理(1974年4月2日生まれ)
山崎あかね(生年月日不明)

など子役は高い人気を得ることとなります。
また、1989年に放送された田原俊彦主演の学園ドラマ『教師びんびん物語2』(小学6年生が題材)には、後にアイドルとなる

西野妙子(1975年12月30日生まれ)
観月ありさ(1976年12月5日生まれ)

が出演しています。


CMでジャン・レノと共演『鈴木杏』

鈴木杏プロフィール

生年月日 1987年4月27日
芸能界入り 子役出身
初出世作 ドラマ『青い鳥』(1997年)
CM『ローソン』(1999年)
CDデビュー
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
2000年度映画新人賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
2002年度日本アカデミー賞新人俳優賞(リターナー)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
1997年10~12月新人俳優賞(青い鳥)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ
株式会社フォスター/株式会社フォスター・プラスの公式サイト。所属アーティスト情報、会社概要、採用情報・オーディション、お問い合わせ。

※プロフィール紹介のみとなります。