東京パフォーマンスドール一覧

東京パフォーマンスドールメンバー及び東京パフォーマンスドールに関する記事の一覧です。

分散化する90年代アイドル② 『グラビアアイドルの台頭』

1990年代に既存のアイドル定義が崩れ去った最大の原因は“グラビアアイドル”の存在にあります。
1990年以前にもグラビアで活躍するモデルや水着キャンペーンガールなどはいましたが、1990年以降に誕生するグラビアアイドルはこういった人たちと微妙に異なる存在でした。
1980年代までのグラビアモデルや水着キャンペーンガールは足が長くスラッとしたスタイル(俗に言うモデル体型)の人がほとんどなのですが、グラビアアイドルはモデル体型というよりもグラマラスで健康的なスタイルの人がほとんどです。

更に、1980年代までのグラビアモデルや水着キャンペーンガールと1990年代以降のグラビアアイドルには活動的な違いもあります。
水着キャンペーンガールはテレビなどで紹介されることがあっても、水着を着ている女性としてだけの扱いで全く会話をしないか簡単な自己紹介をする程度でしかありませんでした。
一方、グラビアアイドルはバラエティ番組にどんどん出演し、その中でトークはもちろんゲーム、コント、レポーターなど様々な活動を行っていました。
これは1980年代までのアイドル(アイドル歌手)が行っていたことであり、そのため彼女たちのことをグラビアモデルではなく“グラビアアイドル”という名前で呼ぶわけです。
1990年代は歌番組がなくなってきているので、グラビアアイドルのような歌手以外の活動をメインとした新しいアイドル像が誕生するのも当然といえば当然の話と言えるでしょう。

こういった当時の状況について、分かりやすい例がいくつかあります。
例えば1990年に一回終了した女性アイドルを対象とするコンテスト『ミスマガジン』は、『ミスヤングマガジン』としてグラビアアイドルに特化する形で1996年に復活、ヤングマガジンのライバル誌のヤングジャンプも『全国女子高生制服コレクション』として同じようなコンテストを1992年から実施しています。
更に、1992年に始まった『フジテレビビジュアルクイーン』は1995年あるいは1996年以降にグラビアドルに特化したプロジェクトに変化し、同様のシステムとして『日テレジェニック』も1998年から始まります。
以上のことから分かるように、1990年代中盤以降は何かとグラビアアイドルが注目される時代だったのです。

この時代、特に台頭したグラビアアイドル系の芸能事務所が『イエローキャブ』で、雛形あきこ、山田まりあ、小池栄子、佐藤江梨子などの有名グラビアアイドルを次々と世に送り出します。
また、1990年代後半以降には新たな勢力(芸能事務所)として、『アバンギャルド』や『アーティストハウス・ピラミッド』所属のグラビアアイドルも台頭してきました。

当サイトではこのようなグラビアアイドルのことをあまり大きく扱いませんので、この場で一気に紹介させていただきます。

※2021年4月5日、レースクイーン出身者の情報を追加しました。


声優に転身したアイドルたちの一覧

今でこそ声優の養成学校・専門学校は当たり前に存在していますが、1980年代までの声優は実写作品での仕事が減ってしまった俳優や女優が務めることがほとんどで、最初から声優を目指すという人もまずいませんでした。
こういった当時の声優界の状況はアイドルにも影響し、アイドルで芽が出ずに声優に転身する人も出てきます。
そんなアイドルから声優に転身し成功した人を以下にまとめますが、アイドル時代に売れずに声優に転身してから世に知られるようになっているので、“この人はアイドルだったの!?”と驚く人もいるかもしれません。
また、アイドルからアニソン歌手となった人も同様にまとめます。

※アイドルや女優業をこなしながら声優をしている人ではなく、ハッキリと声優・アニソン歌手に転身した人のみの記載となります。



おバカ系タレントから大女優になると誰が予想した?『篠原涼子』

篠原涼子プロフィール

生年月日 1973年8月13日
芸能界入り 事務所のオーディション
初出世作 CM『ファミリーマート』(1991年)
CDデビュー 1991年1月21日(恋はシャンソン)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1994年新人賞
1994年音楽新人賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
2003年4~6月助演女優賞(ぼくの魔法使い)
2004年4~6月主演女優賞(光とともに…自閉症児を抱えて)
2004年10~12月助演女優賞(マザー&ラヴァー)
2005年4~6月主演女優賞(anego[アネゴ])
2006年1~3月主演女優賞(アンフェア)
2007年1~3月主演女優賞(ハケンの品格)
2013年4~6月主演女優賞(ラスト・シンデレラ)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
1回
代表曲
()内はオリコン最高順位
94年:恋しさと せつなさと 心強さと(1位)※
95年:もっと もっと…(3位)※
95年:Lady Generation(5位)
95年:ダメ!(20位)
96年:平凡なハッピーじゃ物足りない(19位)
他多数
※『篠原涼子 with t.komuro』名義
ホームページ

時代を先取りしたアイドルグループ『東京パフォーマンスドール』

東京パフォーマンスドールプロフィール

メンバー生年月日下記参照
結成日1990年4月
出世作 CM『メガネスーパー』(1991年)
CDデビュー 1991年7月1日(WAKE ME UP!!)
※アルバム(Cha-DANCE Party Vol.1)は1990年11月21日に発売
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1994年新人賞(篠原涼子)
1994年音楽新人賞(篠原涼子)
1994年音楽新人賞(市井由理)※
2003年放送賞(仲間由紀恵)

※『EAST END×YURI』として

主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
2002年4~6月主演女優賞(仲間由紀恵)
2003年4~6月主演女優賞(仲間由紀恵)
2003年4~6月助演女優賞(篠原涼子)
2003年10~12月主演女優賞(仲間由紀恵)
2004年4~6月主演女優賞(篠原涼子)
2004年10~12月助演女優賞(篠原涼子)
2005年1~3月主演女優賞(仲間由紀恵)
2005年4~6月主演女優賞(篠原涼子)
2006年1~3月主演女優賞(篠原涼子)
2007年1~3月主演女優賞(篠原涼子)
2008年4~6月主演女優賞(仲間由紀恵)
2013年4~6月主演女優賞(篠原涼子)
2014年7~9月助演女優賞(仲間由紀恵)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
【東京パフォーマンスドール】
0回

【篠原涼子】
1回

【市井由理 ※『EAST END×YURI』として】
1回

代表曲
()内はオリコン最高順位
91年:WEEKEND PARADISE(カップリング曲)
92年:放課後はいつもパーティー(87位)
92年:Romanticに背のびして(カップリング曲)※
92年:十代に罪はない(64位)
93年:キスは少年を消費する(34位)
93年:ダイヤモンドは傷つかない(34位)
他多数

※『東京パフォーマンスドール featuring 八木田麻衣』名義

ホームページ
昨年、全く新しいメンバーで約17年ぶりに復活を遂げた東京パフォーマンスドール。その元祖となるTPDが1990~98年にかけて発表してきたアルバム28枚、シングル86タイトル、計約600曲がiTunes、mora、レコチョク他で6月18日より一斉に配信スタートとなる。

※2019年11月8日、フロントメンバーのアルバム&シングル同時発売のランキング情報を追記しました。


東京パフォーマンスドールの方向性を決めた『穴井夕子』

穴井夕子プロフィール

生年月日 1974年6月7日
芸能界入り 東京パフォーマンスドールへの加入
※その前から数々のオーディションで入選している
初出世作 CM『メガネスーパー』(1991年)※
TV番組『東京ラブパラダイス』(1992年)
※東京パフォーマンスドールとして
CDデビュー 1991年3月21日(We should be dancing)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
0回
代表曲
()内はオリコン最高順位
ホームページ穴井夕子/