ゴールデン・アロー賞話題賞一覧

芸能界のあらゆる活動が対象となる『ゴールデン・アロー賞』の話題賞受賞者(その年に特に話題となった人物に与えられる)一覧です。

分散化する90年代アイドル② 『グラビアアイドルの台頭』

1990年代に既存のアイドル定義が崩れ去った最大の原因は“グラビアアイドル”の存在にあります。
1990年以前にもグラビアで活躍するモデルや水着キャンペーンガールなどはいましたが、1990年以降に誕生するグラビアアイドルはこういった人たちと微妙に異なる存在でした。
1980年代までのグラビアモデルや水着キャンペーンガールは足が長くスラッとしたスタイル(俗に言うモデル体型)の人がほとんどなのですが、グラビアアイドルはモデル体型というよりもグラマラスで健康的なスタイルの人がほとんどです。

更に、1980年代までのグラビアモデルや水着キャンペーンガールと1990年代以降のグラビアアイドルには活動的な違いもあります。
水着キャンペーンガールはテレビなどで紹介されることがあっても、水着を着ている女性としてだけの扱いで全く会話をしないか簡単な自己紹介をする程度でしかありませんでした。
一方、グラビアアイドルはバラエティ番組にどんどん出演し、その中でトークはもちろんゲーム、コント、レポーターなど様々な活動を行っていました。
これは1980年代までのアイドル(アイドル歌手)が行っていたことであり、そのため彼女たちのことをグラビアモデルではなく“グラビアアイドル”という名前で呼ぶわけです。
1990年代は歌番組がなくなってきているので、グラビアアイドルのような歌手以外の活動をメインとした新しいアイドル像が誕生するのも当然といえば当然の話と言えるでしょう。

こういった当時の状況について、分かりやすい例がいくつかあります。
例えば1990年に一回終了した女性アイドルを対象とするコンテスト『ミスマガジン』は、『ミスヤングマガジン』としてグラビアアイドルに特化する形で1996年に復活、ヤングマガジンのライバル誌のヤングジャンプも『全国女子高生制服コレクション』として同じようなコンテストを1992年から実施しています。
更に、1992年に始まった『フジテレビビジュアルクイーン』は1995年あるいは1996年以降にグラビアドルに特化したプロジェクトに変化し、同様のシステムとして『日テレジェニック』も1998年から始まります。
以上のことから分かるように、1990年代中盤以降は何かとグラビアアイドルが注目される時代だったのです。

この時代、特に台頭したグラビアアイドル系の芸能事務所が『イエローキャブ』で、雛形あきこ、山田まりあ、小池栄子、佐藤江梨子などの有名グラビアアイドルを次々と世に送り出します。
また、1990年代後半以降には新たな勢力(芸能事務所)として、『アバンギャルド』や『アーティストハウス・ピラミッド』所属のグラビアアイドルも台頭してきました。

当サイトではこのようなグラビアアイドルのことをあまり大きく扱いませんので、この場で一気に紹介させていただきます。

※2021年4月5日、レースクイーン出身者の情報を追加しました。


アイドルの定義とは?アイドルと女優・歌手との境目について

皆さん、アイドルの定義について考えたことはありますか?

アイドルなんて深く考えなくても見れば判断がつくと思う人もいるかもしれませんが、ではアイドルと女優や歌手の違いは何でしょうか?
例えば、浅野ゆう子はアイドル(元アイドル)として扱われるのに、浅野温子はアイドル(元アイドル)として扱われないのは何故でしょう。
浅野温子以外にも、同じ1970年代に芸能界デビューした秋吉久美子、大竹しのぶ、名取裕子、夏目雅子、原田美枝子、紺野美沙子、手塚理美らは、若くて容姿端麗でありアイドルとして扱ってもいいと感じるかもしれませんが、アイドル扱いされることは基本的にありません。

※2020年12月、女優の一覧を追記。
※2021年2月13日、女優の一覧に補足データを追記。



主要音楽祭の受賞者一覧!賞レースに翻弄されたアイドルたち

1970年代後半から1980年代には1年に1回開催される形の音楽賞が多数ありました。
そんな音楽賞における大賞相当の賞および最優秀新人賞相当の賞の受賞者を、この場で一覧化していきたいと思います。
対象とする期間は、当サイトで扱う1970年から90年代アイドルの影響が残る2003年までです。
また、音楽賞ではないですがゴールデン・アローの結果も別途示します。

※2021年2月13日、書き順を変えてより見やすいように修正しました。


日本芸能史上最大のブームを起こした『ピンク・レディー』

ピンク・レディープロフィール

生年月日ミー:1958年3月9日
ケイ:1957年9月2日
芸能界入りスター誕生!
キャッチフレーズ
レコードデビュー1976年8月25日(ペッパー警部)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1978年日本レコード大賞(UFO)
1978年日本歌謡大賞(サウスポー)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1977年話題賞
1978年グラフ賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
4回
代表曲
()内はオリコン最高順位
76年:ペッパー警部(4位)
76年:S・O・S(1位)
77年:カルメン’77(1位)
77年:渚のシンドバッド(1位)
77年:ウォンテッド(指名手配)(1位)
77年:UFO(1位)
78年:サウスポー(1位)
78年:モンスター(1位)
78年:透明人間(1位)
78年:カメレオン・アーミー(1位)
79年:Kiss In The Dark(37位)※
他多数
※アメリカでの楽曲のため順位はビルボードランキング
ホームページ
ビクターエンタテインメント公式サイト。ピンク・レディーのプロフィールページ。アーティストの紹介や経歴などをご覧いただけます。

※2020年12月30日、『阿久悠がピンク・レディーを通じて伝えたかったものとは?』の項目を追記。


80年代アイドルの象徴『松田聖子』

松田聖子プロフィール

生年月日1962年3月10日
芸能界入りミスセブンティーンコンテストからのスカウト
キャッチフレーズ抱きしめたい! ミス・ソニー
レコードデビュー1980年4月1日(裸足の季節)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1980年日本歌謡大賞放送音楽新人賞(青い珊瑚礁)
1980年日本テレビ音楽祭優秀新人賞(青い珊瑚礁)
1980年ABC歌謡新人グランプリ
1980年新宿音楽祭金賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1982年FNS歌謡祭グランプリ(野ばらのエチュード)
1983年全日本歌謡音楽祭ゴールデングランプリ(ガラスの林檎)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1980年音楽新人賞
1983年音楽賞
1985年話題賞 ※神田正輝と2人で受賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
24回
代表曲
()内はオリコン最高順位
80年:青い珊瑚礁(2位)
80年:風は秋色(1位)
81年:チェリーブラッサム(1位)
81年:夏の扉(1位)
81年:白いパラソル(1位)
81年:風立ちぬ(1位)
82年:赤いスイートピー(1位)
82年:渚のバルコニー(1位)
82年:野ばらのエチュード(1位)
83年:秘密の花園(1位)
83年:天国のキッス(1位)
83年:ガラスの林檎(1位)※両A面
83年:SWEET MEMORIES(1位)※両A面
83年:瞳はダイアモンド(1位)
84年:Rock’n Rouge(1位)
85年:天使のウィンク(1位)
87年:Strawberry Time(1位)
88年:抱いて…(アルバム曲)
92年:きっと、また逢える…(4位)
93年:大切なあなた(7位)
96年:あなたに逢いたくて ~Missing You~(1位)
他多数
ホームページ
松田聖子オフィシャルサイト
松田聖子のユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト。松田聖子の最新ニュース、新曲、ライブ・イベントニュース、視聴・試聴、PV・映像コンテンツをご覧いただけます。

※2020年10月13日『もし松田聖子が久留米でなく東久留米に住んでいたら?』の項目を加筆。
※2020年12月30日『もし松田聖子が存在していなければ・・・』の項目を加筆。