日本テレビ音楽祭グランプリ一覧

日本テレビ音楽祭のグランプリ獲得者一覧です。

【日本テレビ音楽祭とは?】
日本テレビ主催の音楽賞。
8月から9月に開催し日本一早い音楽賞を名乗っていた。
開始は1975年、コンテスト形式としては1990年で終了。

紅白最多出場女性歌手『石川さゆり』

石川さゆりプロフィール

生年月日 1958年1月30日
芸能界入り ちびっ子歌謡大会出場からのスカウト
キャッチフレーズ コロムビア・プリンセス
レコードデビュー 1973年3月25日(かくれんぼ)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1977年FNS歌謡祭グランプリ
1977年日本テレビ音楽祭グランプリ
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1977年度音楽賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
43回
代表曲
()内はオリコン最高順位
77年:津軽海峡・冬景色(6位)
77年:能登半島(10位)
86年:天城越え(46位)
91年:ウイスキーが、お好きでしょ(44位)※『SAYURI』名義
他多数
ホームページ
歌手石川さゆりオフィシャルウェブサイトへようこそ。石川さゆりの最新ニュース、日記、作品情報、コンサート、舞台、テレビ出演情報、ファンクラブへの入会案内、オフィシャルグッズの販売はこちらです。
テイチクエンタテインメントによるオフィシャルサイト。生まれ来たのも 独りなら 死んでゆくのも また独り─ シングル「獨(ひと)り酒」2021年8月18日(水)リリース!

※プロフィール紹介のみとなります。


主要音楽祭の受賞者一覧!賞レースに翻弄されたアイドルたち

1970年代後半から1980年代には1年に1回開催される形の音楽賞が多数ありました。
そんな音楽賞における大賞相当の賞および最優秀新人賞相当の賞の受賞者を、この場で一覧化していきたいと思います。
対象とする期間は、当サイトで扱う1970年から90年代アイドルの影響が残る2003年までです。
また、音楽賞ではないですがゴールデン・アローの結果も別途示します。

※2021年2月13日、書き順を変えてより見やすいように修正しました。


70年代アイドル最高の歌唱力?『岩崎宏美』

岩崎宏美プロフィール

生年月日 1958年11月12日
芸能界入り 松田トシや先代水谷八重子に弟子入り後、『スター誕生!』で合格
キャッチフレーズ 天まで響け岩崎宏美
レコードデビュー 1975年4月25日(二重唱(デュエット))
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1975年日本歌謡大賞優秀音楽放送賞(ロマンス)
1975年下期FNS歌謡祭最優秀新人賞(ロマンス)
1975年日本テレビ音楽祭優秀新人賞(ロマンス)
1975年全日本歌謡音楽祭最優秀新人賞(ロマンス)
1975年新宿音楽祭金賞
1975年下期銀座音楽祭グランプリ
1976年ABC歌謡新人グランプリ
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1982年日本歌謡大賞(聖母たちのララバイ)
1982年日本テレビ音楽祭グランプリ(聖母たちのララバイ)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1975年新人賞
1975年音楽新人賞
日本アカデミー賞受賞歴
(最優秀賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2019年まで)
14回
代表曲
()内はオリコン最高順位
75年:二重唱(デュエット)(19位)
75年:ロマンス(1位)
78年:シンデレラ・ハネムーン(13位)
81年:すみれ色の涙(6位)
82年:聖母たちのララバイ(1位)
83年:家路(4位)
他多数
ホームページ
岩崎宏美オフィシャルサイト。最新情報やライブレポートなどご覧いただけます。
テイチクエンタテインメントによるオフィシャルサイト。岩崎宏美45周年記念コンサートのステージを全曲収録!筒美京平作品を始めヒット曲満載のDVD & ブルーレイ!「HIROMI IWASAKI 45th ANNIVERSARY CONCERT 残したい花について」2021年3月24日(水)発売!ドキュメンタリー映像やライ...

※プロフィール紹介のみとなります。


昭和最後の歌姫『中森明菜』

中森明菜プロフィール

生年月日1965年7月13日
芸能界入りスター誕生!
キャッチフレーズちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)
レコードデビュー1982年5月1日(スローモーション)
主要音楽祭受賞歴
(最優秀新人賞)
1982年横浜音楽祭最優秀新人賞
主要音楽祭受賞歴
(大賞)
1984年日本テレビ音楽祭グランプリ(十戒)
1984年全日本歌謡音楽祭ゴールデングランプリ(十戒)
1984年メガロポリス歌謡祭ポップス大賞(サザン・ウインド)
1985年日本レコード大賞(ミ・アモーレ)
1985年FNS歌謡祭グランプリ(ミ・アモーレ)
1986年日本レコード大賞(DESIRE -情熱-)
1986年日本歌謡大賞(Fin)
1986年FNS歌謡祭グランプリ(DESIRE -情熱-)
1986年日本テレビ音楽祭グランプリ(DESIRE -情熱-)
1986年全日本歌謡音楽祭ゴールデングランプリ(Fin)
1986年メガロポリス歌謡祭ポップス大賞(ジプシー・クィーン)
1986年度日本ゴールドディスク大賞ザ・グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
1988年メガロポリス歌謡祭ポップス大賞(TATOO)
ゴールデン・アロー賞
受賞歴
1982度年音楽新人賞
1984年度音楽賞
1986年度音楽賞
主要映画賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
ドラマアカデミー賞受賞歴
(主演賞、助演賞、新人賞)
紅白歌合戦出場回数
(2020年まで)
8回
代表曲
()内はオリコン最高順位
82年:スローモーション(30位)
82年:少女A(5位)
82年:セカンド・ラブ(1位)
83年:1/2の神話(1位)
83年:禁区(1位)
84年:北ウイング(2位)
84年:十戒 (1位)
84年:飾りじゃないのよ涙は(1位)
85年:ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕(1位)
86年:DESIRE -情熱-(1位)
86年:ジプシー・クイーン(1位)
87年:TANGO NOIR(1位)
87年:難破船(1位)
88年:TATTOO(1位)
90年:Dear Friend(1位)
91年:二人静 -「天河伝説殺人事件」より(3位)
他多数
ホームページhttps://nakamoriakina.com/
ユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト。中森明菜の最新ニュース、新曲、ライブ・イベントニュース、視聴・試聴、PV・映像コンテンツをご覧いただけます。